説明

ジャパンマリンユナイテッド株式会社により出願された特許

51 - 60 / 172


【課題】防熱機能を奏すると共に、支持腕を壁面に固定することなく配管を設置することができる、船舶用防熱パネルと、これを設置した船室とを提供する。
【解決手段】船舶用防熱パネル10は、板状に形成された芯材2と、芯材2の内部に配置された配管1と、芯材2の一方の面に設置された一方側面材3と、芯材2の他方の面に設置された他方側面材4と、一方側面材3と他方側面材4とを連結する端部面材5と、を有している。配管1の両端部は曲げられ、端部11が一方側面材3を貫通して突出している。 (もっと読む)


【課題】ピースと貯蔵タンク内壁との肌付けを確実に行うことができ、作業効率良くピースと貯蔵タンク内壁との肌付け作業を行うことができるピース押圧装置を得る。
【解決手段】ピース20を角部へ押圧するための角部押圧治具110と、ピース20をピース20とコルゲーション11との重合部へ押圧するためのコルゲーション部押圧治具120と、油圧シリンダ141と、油圧シリンダ141を回動自在に支持する支持部とを備え、油圧シリンダ141は、角部押圧位置において角部押圧治具110を介して角部にピース20を押圧し、第1の重合部押圧位置においてコルゲーション部押圧治具120を介して角部と隣接する一方の平面部に形成された重合部にピース20を押圧し、第2の重合部押圧位置においてコルゲーション部押圧治具120を介して角部と隣接する他方の平面部に形成された重合部にピース20を押圧する。 (もっと読む)


【課題】船舶から発生する磁界と船舶の防食電流により発生する電界を同時にシミュレートする感応掃海装置を提供する。
【解決手段】掃海艇10の進行方向に沿って一列に曳航され、船舶の特性に応じて発生する磁界および船舶の防食電流により発生する電界をシミュレーションする5個の掃海具20を備え、この5個の掃海具20からの磁界と同時に電界の電位差を検知したときに作動する高知能型機雷を破壊させる感応掃海装置を備えた。 (もっと読む)


【課題】ピースと貯蔵タンク内壁との肌付けを確実に行うことができ、作業効率良くピースと貯蔵タンク内壁との肌付け作業を行うことができるピース押圧装置を得る。
【解決手段】ピース20を角部へ押圧する角部押圧治具110と、ピース20を、ピース20とコルゲーション11との重合部へ押圧するコルゲーション部押圧治具120と、ピース20を押圧する押圧部140と、押圧部140を着脱自在に支持するストッパ150と、ストッパ150が設けられたフレーム151とを備え、フレーム151には、押圧部140が角部にピース20を押圧する角部押圧位置、押圧部140が角部と隣接する一方の重合部にピース20を押圧する第1の重合部押圧位置、及び押圧部140が角部と隣接する他方の重合部にピース20を押圧する第2の重合部押圧位置にストッパ150を設ける。 (もっと読む)


【課題】火災等の熱を受けて膨張する際、膨張中および膨張後の厚さを均一にして、良好な耐火性を有する耐火被覆構造、およびこれに用いられる伸展性固定手段を提供する。
【解決手段】耐火被覆構造10は、構造物90の表面91に設置される発泡性耐火剤1と、発泡性耐火剤の表面に設置された網状体(メッシュ、ネット、格子等を総称する)2と、構造物90に固定されて発泡性耐火剤1を貫通すると共に、先端に係止部3kが形成された伸展性固定手段3と、網状体2と伸展性固定手段3の係止部3kとを覆う耐火塗料4と、を有している。伸展性固定手段3は、構造物90に螺合したタッピンネジ部3tと、タッピンネジ部3tに下端が固定されたコイル部3cとを有し、コイル部3cの上端に係止部3kが形成されている。そして、係止部3kは網状体2に係止している。 (もっと読む)


【課題】ショックアブソーバである油圧シリンダのシリンダロッドに付着した塩分の結晶等の付着物を洗浄・除去する場合において、シリンダ装置を取り外したり、またいかなる部品も分解することなく、短時間で洗浄すること、大掛かりな装備を必要とせずに簡単な洗浄装置とすること、洗浄後の塩分濃度を低下させること。
【解決手段】シリンダ装置のシリンダロッド101に保護カバー102が取り付けられており、この保護カバー102内のシリンダロッド表面を洗浄する装置であって、前記シリンダ装置のシリンダケース100を把持する2つに分割された分割チャンバー1と、各分割チャンバー1に着脱自在に取り付けられ、前記シリンダケース100と保護カバー102との隙間104から挿入される複数本のノズル管2と、前記分割チャンバー1に水と塩分除去剤の洗浄液との混合液を供給する混合器3とを備える。 (もっと読む)


【課題】電源や制御装置を必要とせず、外圧を利用して、外圧を受ける機器を過大圧力から保護するメカニカル過大圧力保護スイッチを提供する。
【解決手段】本体内2に設けられ、一端部に流体が流入する流入口部3と流入した流体が流出する流出口部4とを有する小径孔部5a及び他端部に流体に連通する開口部5b1を有する大径孔部5bからなる段付孔5と、この段付孔5に摺動可能に挿入され、小径孔部5aに設けられた流入口部3と流出口部4の間に形成された流路を開閉する小径部6a及び大径孔部5bの開口部5b1からの流体の圧力を受ける大径部6bからなる段付プランジャ6と、段付プランジャ6の小径部6aが流入口部3と流出口部4との間を開放する方向に、開口部5b1からの流体の圧力に抗して段付プランジャ6を付勢するバネ7と、を備える。 (もっと読む)


【課題】効率の良いエネルギ回収が可能になるPOD型推進装置、および該POD型推進装置を有する船舶を提供する。
【解決手段】POD型推進装置10は、ポッド本体3の側面にはポッド本体3の軸方向に平行で、ポッド本体3の側面の法線方向に位置するように、略矩形板からなる大型翼5aおよび小型翼5bが固定されている。大型翼5aと小型翼5bとは、プロペラ4の中心(ポッド本体3の中心に同じ)を挟んで互いに対称の位置に(水平に相当する)配置されている。 (もっと読む)


【課題】一対のレールの間に設置された被印字鋼板に印字ヘッドにより正確に印字を行うことができる鋼板印字装置を得ることを目的とする。
【解決手段】所定の位置に配置された被印字鋼板Aに沿って印字ヘッド8が往復移動して被印字鋼板Aに目的の印字を施す鋼板印字装置であって、印字ヘッド8が被印字鋼板Aの表面上を往復移動する毎に、被印字鋼板Aにドット印字データを基に印字ヘッド8により印字するよう制御する印字制御装置31とを備え、印字制御装置31は、印字ヘッド8の移動速度を一定とし、印字ヘッド8のノズルから噴射される塗料のドットの噴射圧力を所定の値とし、印字ヘッド8のノズル10と被印字鋼板Aとの距離に応じて求めた位置ずれ量により予め与えられたオフセット量に基づいて印字を行うように制御する。 (もっと読む)


【課題】比較的小さな文字を印字する場合であっても印字した際に見やすい印字データを作成することを可能にした印字データの作成方法及び印字方法を提供する。
【解決手段】各文字について基準点を持った文字データの文字形状を、所定の間隔で配置されたドット配列に重ねる工程と、前記基準点が前記ドット配列のドットの中心位置にない場合には、前記基準点がドットの中心位置になるように文字形状全体を移動させてドットマップデータを作成する工程とを有する。 (もっと読む)


51 - 60 / 172