説明

ジェイディーエス ユニフェイズ コーポレーションにより出願された特許

1 - 10 / 90






【課題】画像が、形状およびサイズにおいて均一であることができる、磁気的に整列されたプレートレットまたはフレークのアレイの形態であることができ、フレークが、安全デバイスとして有用な、またはビーム・ステアリング適用で有用な光学錯覚画像を形成するような特定の方法で整列された印刷された画像を開示すること。
【解決手段】本発明の一実施形態では、印刷されたアレイが開示されており、磁気的に整列されたプレートレットの複数の同心リングが、フレネル構造、好ましくはフレネル反射器の形態で支持体上に配置される。有利には、磁界は、強度および方向に関して制御されることができるので、一般的なフレネル反射器に別に存在することがある球面収差を補償する磁界の設計を容易にすることができる。本発明の他の実施形態では、じょうご、ドーム、および円錐の光学的錯覚画像が印刷される。 (もっと読む)




【課題】空間的変動性傾斜角を有する液晶層を提供する。
【解決手段】空間的変動性傾斜角を有する液晶層を含む光学要素を作製する方法は、線状光重合可能なポリマー層で基板をコーティングすること、線状光重合可能なポリマー層を、直線偏光した紫外線光で、斜め角度で照射すること、および、照射された線状光重合可能なポリマー層の表面上に液晶材料の層をコーティングすることを含む。液晶材料は、その傾斜角と直線偏光した紫外線光の総投与量との間に予め決められた関係を有する。線状光重合可能なポリマー層は、隣接または周囲領域より大きな面内複屈折率を有する液晶層内に複数の離散領域の形成を誘発するのに十分である直線偏光した紫外線光の少なくとも1つの投与量で照射される。 (もっと読む)




1 - 10 / 90