説明

レンセラール ポリテクニック インスティチュートにより出願された特許

1 - 10 / 14


【課題】4−ヒドロキシベンゾモルファン置換体の医薬利用の提供。
【解決手段】3位のカルボキサミド又はチオカルボキサミドを含む4−ヒドロキシベンゾモルファンは、オピオイド受容体により仲介される反応を変化させることによる疾患又は病態の治療方法。
【効果】鎮痛薬、下痢止め薬、抗痙攣薬、鎮咳薬、抗コカイン、及び抗薬物治療として有用である。さらに、疾患又は病態が、痛み、痒み、下痢、過敏性腸症候群、胃腸の運動障害、肥満、呼吸障害、痙攣、咳、痛覚過敏及び薬物中毒症状等の改善に有用である。 (もっと読む)


【課題】半導体デバイスをつくるための基板材料として窒化アルミニウム(AlN)を用いる場合に、エピタキシャル成長に適した基板表面を導くためのAlN表面の質を向上させる。
【解決手段】基板表面を下処理する改善された工程が提供され、ここで、基板表面は、化学的機械的研磨(CMP)工程で下処理され、CMP工程は、基板表面に施され、および基板表面は、CMP工程からの如何なる活性原料をも洗浄するために仕上げられる。 (もっと読む)



Notice: Undefined index: from_cache in /mnt/www/gzt_applicant_list.php on line 189

一般構造式(I)で表される8−置換−2,6−メタノ−3−ベンゾアゾシン類は、鎮痛薬、下痢止め薬、鎮痙薬、鎮咳薬及び抗嗜癖薬として有用である。
(もっと読む)


式(A)及び(B)で表される化合物が開示される。本発明の化合物は、治療用オピエートの副作用を改善するのに有用である。
(もっと読む)


式(I)で表される化合物が開示される。これらの化合物において、(1)又は(2)は、複素環式環である。前記化合物は、鎮痛薬、かゆみ止め薬、下痢止め薬、抗痙攣薬、鎮咳薬、食欲抑制薬/抗肥満剤として、並びに痛覚過敏、薬物嗜癖、呼吸抑制、ジスキネジア、痛み(神経障害性の痛みを含む)、過敏性腸症候群及び胃腸運動障害のための治療薬として有用である。
(もっと読む)


ポリエステルナノコンポジット及びその製造方法が提供される。 (もっと読む)


本発明の態様は、ポリマーマトリックス中に埋め込まれた細長い導電性構造体の複合品を含む、エネルギー貯蔵装置、例えばキャパシタおよび蓄電池に関する。イオン種を含む液体が、製品のポリマーマトリックス内部に分散されている。この液体は、ポリマーマトリックス内部の細長い導電性構造体に接触することができる。複合品を、エネルギー貯蔵装置として使用すると、細長い導電性構造体と液体と間の界面における大きな表面積によって、大きなエネルギー貯蔵を得ることができる。本発明の態様は、低温および高温の両方の安定性、高い周期的反復性、および機械的柔軟性を示す複合品を使用してエネルギーを貯蔵することを可能にする。この複合品は、無毒で、生体適合性を有し、環境に優しいものとすることができる。すなわち、この複合品は、自動車、RFID(無線認証)、MEMS(微小電気機械システム)および医療分野などにおける、様々なエネルギー貯蔵装置に有用である。
(もっと読む)


離れたところにある物体を分析する方法であって、ある体積のイオン化された雰囲気ガス(614)を、前記体積内で光ポンプビーム(612)を収束させることによって誘起して、パルス化されたテラヘルツ放射線(615)を標的物体(616)に向けて放出させる工程と、別の体積の雰囲気ガスを、前記別の体積内で光プローブビーム(624)を収束させることによってイオン化して感知用プラズマ(626)を生成する工程とを含む方法である。感知用プラズマ(626)内における、収束光プローブビーム(624)と、パルス化されたテラヘルツ放射線(615)を標的物体に反射させ、または散乱させ、あるいは透過させて生成した入射テラヘルツ波(618)との相互作用によって、放射線(628)が生成される。感知用プラズマ(626)によって放射され、結果として生成される放射線(628)の光学成分を検知することが、入射テラヘルツ波(618)に加えられた標的物体(616)の特徴を検出することを容易にする。 (もっと読む)


【課題】シリコーン系ポリマー及びポリマー組成物、前記シリコーン系ポリマー及びポリマー組成物の製造方法ならびに発光ダイオード(LED)との併用方法を提供する。
【解決手段】前記ポリマーは、(1)特定のSi−H含有シクロシロキサンオリゴマーと(2)式XI:


で表されるビニルシロキサンオリゴマーとを、貴金属ヒドロシリル化触媒の存在下に、反応させる方法により製造される。 (もっと読む)


1 - 10 / 14