大宝化学工業株式会社により出願された特許

1 - 3 / 3


【課題】1液常温架橋タイプの水性被覆組成物として、従来の2液架橋タイプや溶剤系と同等以上の性能を有し、種々の用途、例えばウレタン系防水材、金属、木材、窯業建材、プラスチックなどの用途に使用される被覆組成物として、それぞれの用途に応じた要求を満足し得る被覆組成物を提供する。
【解決手段】水性媒体中に分散された粒子内に、ヒドラジン構造を有する(すなわちヒドラジン残基を有する)ポリウレタンとカルボニル基含有アクリル系ポリマーとを含有させた1液常温架橋ポリマーエマルジョン(A)をベースとし、粒子内に、高Tg成分の部分と、低Tg成分の部分とを併せ持つポリウレタンディスパージョン(B)と、平均粒子径が5〜140nmの範囲内にある超微粒子ナノエマルジョン(C)とを配合し、1液水性タイプとして常温で自己架橋するようにした。 (もっと読む)


【課題】特定の上塗り層の優れた防汚性を維持しつつ、耐曲げ性や耐食性を向上させたプレコート金属板を提供する。
【解決手段】1.2〜4.0μmの十点平均粗さRzを有する金属板と、当該金属板の少なくとも一方の表面に形成した化成皮膜と、当該化成皮膜の上に形成した樹脂皮膜とを備えるプレコート金属板において、前記樹脂皮膜が前記化成皮膜の上に形成した下塗り層と当該下塗り層の上に形成した上塗り層から成り、前記下塗り層が、ポリエステル系樹脂、メラミン系樹脂及びエポキシ系樹脂を含有し、かつ、20〜50MPaの引張強さを有し、前記上塗り層が、アクリル系樹脂と、0.1μm以下の平均粒径を有し乾燥した上塗り層の1〜10重量%のコロイダルシリカと、乾燥した上塗り層の0.1〜5.0重量%のアルコキシル基を有するシリコーン化合物とを含有することを特徴とするプレコート金属板。 (もっと読む)


【課題】 凹凸の間隔が狭い厳しい加工を行うのに適する防汚性プレコートアルミニウム板を提供する。
【解決手段】 アルミニウム板の少なくとも一方の表面に化成皮膜を形成し、その上に下塗り層を形成し、さらに、アクリル系樹脂に0.1μm以下の平均粒径のコロイダルシリカを乾燥塗膜重量の1〜10%、アルコキシ基を有するシリコーン化合物を乾燥塗膜重量の0.1〜5.0%、融点が80℃〜130℃である潤滑剤を乾燥塗膜重量の0.5〜4.0%含有する塗膜層を形成する。
(もっと読む)


1 - 3 / 3