ピーアールシー−デソト インターナショナル,インコーポレイティドにより出願された特許

1 - 10 / 29


【課題】少なくとも1種のアミン末端ポリアミドを含有する選択的に剥ぎ取り可能な塗装組成物、選択的に剥ぎ取り可能な中間被覆を含む多層被覆、ならびにこれらの塗装組成物および中間被覆を使用してストリッパーによる隣接被覆の選択的除去を容易にする方法を提供すること。
【解決手段】少なくとも1種のアミン末端ポリアミドを含有する選択的に剥ぎ取り可能な塗装組成物が開示されている。これらの選択的に剥ぎ取り可能な塗装組成物から形成された多層被覆、少なくとも1種のアミン末端ポリアミドを含有する塗装組成物を使用してストリッパーによる隣接被覆の選択的な除去を容易にする方法もまた、開示されている。 (もっと読む)


【課題】ポリチオエーテルポリマー、ならびにこのようなポリマーを含有する硬化性組成物を提供すること。
【解決手段】本発明は、航空宇宙産業用組成物のために認容可能な特性を示し得る硬化性組成物において使用され得、一方で、類似の特性を示す先行技術の組成物と比較して、低下した製造費用および/または塗布費用を潜在的に有する、ポリチオエーテルポリマーを提供する。本発明はまた、このような組成物を用いて基材をコーティングおよびシールするための方法に関する。 (もっと読む)


【課題】表面から塗料および他のコーティングを除去するための、費用対効果が高く、破壊を最小限に抑えた装置および方法を提供すること。
【解決手段】該装置は、該表面に接着するように適合されたマスキング材料およびストリッパを有するテープを備えており、該マスキング材料および該ストリッパを適用することは、単一のステップにおいて行われ得る。表面から物質を除去する装置であり、該装置は、該表面に接着するように適合されたマスキング材料およびストリッパを有するテープを備えており、該マスキング材料および該ストリッパの適用は、単一のステップにおいて行われ得る、装置。 (もっと読む)


【課題】エージングしたコーティングの表面現象および取り込まれた水に基づく貧弱な接着を改善するエージングしたコーティングに対する新規のポリウレタントップコートの提供。
【解決手段】少なくとも1つの硬化可能なポリウレタン、およびコーティング組成物の全固形物重量の1重量パーセント〜10重量パーセントの範囲である少なくとも1つの塩素化ポリオレフィンを含むエージングした表面を再仕上げするためのコーティング組成物。 (もっと読む)


1成分の水分硬化性シーラント組成物およびこれを作製する方法が提供される。上記組成物は、シラン末端化ポリチオエーテル成分および触媒を含む。上記シラン末端化ポリチオエーテル成分および触媒は、硬化を妨げるために水分から隔離される。上記組成物は、周囲温度において硬化に対しておよび水分を実質的に含まない条件下で安定である。上記組成物が基材に適用され、水分に曝される場合、上記組成物は硬化して、シーラントを形成する。シーラント組成物を作製する方法は、メルカプト末端化ポリチオエーテルと、シラン基を有する化合物とを反応させて、シラン末端化ポリチオエーテルを形成する工程を包含する。次いで、上記シラン末端化ポリチオエーテルは、触媒と合わせられ、硬化を妨げるために水分から隔離される。最後に、上記組成物は、基材に適用され、水分に曝され、このことから、上記組成物が硬化して、シーラントを形成することが可能になる。 (もっと読む)


本発明は、基板をコーティングする方法であって:(a)苛性洗浄剤を基板の少なくとも一部に適用すること;(b)ステップ(a)に供した基板の少なくとも一部を水でリンスすること;(c)苛性洗浄した基板の少なくとも一部に酸性洗浄剤を適用すること;(d)ステップ(c)に供した基板の少なくとも一部を水でリンスすること;および(e)ジルコニウムを含む化成処理剤を、酸性洗浄した基板の少なくとも一部に適用することを含み;ステップ(c)および(e)で使用される材料の少なくとも1つは実質的にクロムを含まない方法を対象とする。本発明は、前述の方法によりコーティングされた、アルミニウム基板などの基板をさらに対象とする。 (もっと読む)


【課題】ポリマーブレンドを含有する、形作られた形態の予備形成された組成物を提供すること
【解決手段】 ポリマーブレンドを含有する、形作られた形態の予備形成された組成物であって、a)少なくとも1種のポリスルフィド成分、およびb)少なくとも1種のポリチオエーテル成分を含有するものが提供される。好ましくは、このポリマーブレンド中のa:bの比は、10:90〜90:10である。1つの実施形態ではこのポリマーブレンド中のa:bの比が、50:50である。1つの実施形態ではこのポリマーブレンドのための硬化剤がさらに含有される。1つの実施形態ではこの硬化剤が、酸化剤を含有する。1つの実施形態ではこの硬化剤が、二酸化マンガンを含有する。1つの実施形態ではこの硬化剤が、10℃〜80℃の範囲の温度で反応性である。 (もっと読む)


【課題】異なる化学を有するシーラント処方物を一緒に使用することにしばしば伴う、長期間の適合性の問題を解決すること。
【解決手段】少なくとも1種のポリスルフィド成分および少なくとも1種のポリチオエーテル成分を有するポリマーブレンドが、開示される。このポリマーブレンドは、多数の利点を提供し、これらの利点としては、ポリスルフィド化学またはポリチオエーテル化学のいずれかの単独に基づく処方物と適合する能力が挙げられる。ポリマーブレンドを含有する組成物、特に、航空宇宙産業用途において使用するためのシーラント処方物はまた、多層シーラントアセンブリとして開示され、そしてこの処方物を修復するための方法もまた、開示される。 (もっと読む)


チオエーテル、このようなチオエーテルを調製する方法、ならびにこのようなチオエーテルを含む、コーティング組成物およびシーラント組成物などの硬化性組成物が開示されている。チオエーテルは、(a)α,ωジハロ有機化合物と、(b)金属水硫化物と、(c)金属水酸化物との反応生成物であり得る。さらに他の点において、本発明は、(a)α,ωジハロ有機化合物、(b)金属水硫化物、および(c)金属水酸化物を含む反応物質の反応生成物であるチオエーテルを対象とする。 (もっと読む)


【課題】種々の用途に使われる液状ポリチオエーテルポリマーを提供すること。
【解決手段】常温常圧で液体である、下記式I
R1-[-R2 -S−CH(CH3)−S-]n -R2 −R1
(式中、R1はチオール基、ヒドロキシル基、無置換アミン基、モノアルキル置換アミン基、少なくとも1つのヒドロキシル基、無置換アミン基又はモノアルキル置換アミン基で置換された一価基、又は酸触媒の存在下で非反応性である基であり、
R2は二価基であり、
nは1〜60の整数である。)
を有するポリチオエーテル。 (もっと読む)


1 - 10 / 29