説明

バイエル・ヘルスケア・エルエルシーにより出願された特許

121 - 130 / 154


電気化学的試験センサ(12、54)を収容するセンサ繰出し器(20)において使用されるようになされた接点コネクタアセンブリ(100)は、少なくとも4つの電気接点(102)と、ハウジングコネクタ(104)と、ベースコネクタ(106)と、可動機構(108)とを備える。前記ハウジングコネクタは、前記少なくとも4つの電気接点を受けるようになされたハウジング隙間を形成する。前記ベースコネクタは前記ハウジングコネクタに結合され、センサ受け間隙(140a)を形成する。前記ベースコネクタまたは前記ハウジングコネクタは、第1および第2ポジション間で移動する。前記可動機構は、前記ハウジングコネクタまたは前記ベースコネクタに結合される。前記可動機構は、前記ベースコネクタまたは前記ハウジングコネクタを前記第1および前記第2ポジション間で移動させる。前記ハウジングコネクタおよび前記ベースコネクタは、第1ポジションにて、該ハウジングコネクタおよび該ベースコネクタが前記試験センサの1つを保持するような態様で、互いに結合される。前記ハウジングコネクタおよび前記ベースコネクタは、第2ポジションにて、前記試験センサが該ハウジングコネクタおよび該ベースコネクタから取り外されるのを可能とするような態様で、互いに結合される。
(もっと読む)


本発明は,病原体の核酸において興味の対象である変異の存在または非存在を検出する方法に関し,ここで,興味の対象である変異は,病原体の複数の準種を規定する長さ多型に隣接して位置する。 (もっと読む)


測光診断装置のための読み取りヘッドは、測光診断装置内への組み込み用に適応されたハウジング、およびハウジングと効果的に結合する長方形の試料テーブルとを含む。試料テーブルは、試料と反応し、試料の成分の量あるいは特性に従って色彩を変化させるように構成される複数の試験領域を有するタイプの長方形の試薬試料媒体を支持するように構成される。光源は、試料テーブルを照射するために提供される。長方形の視界を有する画像装置はハウジングに連結され、長方形の視界は試料テーブルの少なくとも一部分を含む。走査機構は、試料テーブルに対して視界を移動させるように構成される。
(もっと読む)


本発明は、巨大分子と有機重合体が入っている溶液から巨大分子を濃縮する方法を提供し、この方法は、最初に前記溶液に限外濾過を受けさせることで1番目の保持液を生じさせた後、前記1番目の保持液の導電率を前記有機重合体によって誘発されていくらか起こる蛋白質の沈澱が本質的に防止されるように調製することで2番目の保持液を生じさせそして次に前記2番目の保持液に限外濾過を受けさせることを含んで成る。好適な態様では、導電率を水、適切な希釈剤または緩衝液に対する透析濾過で調整する。本発明は、好適には、未変性または組換え型蛋白質が入っている溶液に濃縮を受けさせることに関する。更に、本発明は、好適には、生成物である蛋白質とPluronic系列のブロック共重合体である有機重合体、より好適にはPluronic F−68ブロック共重合体が入っている細胞培養上澄み液に濃縮を受けさせる方法に関する。 (もっと読む)


本発明は、低レベルのマイクロサテライト不安定性(MSS)を示す腫瘍に対して、高レベルのマイクロサテライト不安定性(MSI−H)を示す結腸直腸腫瘍において過剰発現され、したがって、患者においてMSI−Hを同定するために使用でき、さらに患者の予後に役立ち、疾患の進行/退縮をモニターし、適当な治療計画を同定し、治療の有効性を評価するために使用できる核酸配列に関する。
(もっと読む)


光学光導体検査センサは、光導体、試薬被覆膜、および網目層を備える。試薬被覆膜および網目層は、光導体の出力端部で光導体に取り付けられる。光導体検査センサは、読取りヘッドとともに使用されたときに、生物学的流体試料中の検体のレベルを検査するために使用されるようになされている。光導体検査センサを製作する方法は、複数の光導体を提供すること、試薬被覆膜のストリップを提供すること、および網目層のストリップを提供することを含む。試薬被覆膜および網目層は、超音波溶接によって光導体に取り付けられる。試薬被覆膜および網目層は、接着剤によって光導体に取り付けられてもよい。
(もっと読む)


本願は、組み込み形の可動の突き刺し用部材を有する形式の受容器と共に使用するための改良された注射器(100)を含む。注射器は、末端側端部(114d)と手元側端部(114p)とを有するバレル(114)を備える。バレル(114)の末端側端部(114d)の近くに少なくも1個の指部材(150)が設けられる。指部材(150)はバレル(114)に滑らないように取り付けられ、そして注射器(100)を末端方向に強制するように人の手の1本又は複数本の指によりかなりの力を加えることができるような形状にされる。
(もっと読む)


プロダクトの滴を凍結してペレットを形成し、ペレットを凍結乾燥し、アッセイし、コンテナに入れる、凍結乾燥生成物で充填されたコンテナの製造方法。 (もっと読む)


平行光をテスト領域へ向け、テスト領域から拡散光および鏡面反射光の両方を戻すために光ファイバを採用することによって、反射測光法における改善された性能が得られる。鏡面反射光は、空間フィルタによって光検出器に到達するのを妨げられ、拡散光は、収集され測定される。
(もっと読む)


センサ分与機器は、検査センサがあるセンサパックを取り扱うようになされている。機器は、検査センサの1つを使用して検査を実行するようになされている。機器は取っ手、回路板アセンブリ、カバー機構、および押圧具アセンブリを備える。取っ手は待機位置、検査位置および延長位置をとることができる。回路板アセンブリは、その底面上に複数の接点を含む。カバー機構は複数のフィンガを含む。複数のフィンガのそれぞれは、少なくとも1つの底面接点と接触するようになされている。押圧具アセンブリは複数の傾斜接点を含む。取っ手が延長位置へと移動すると、傾斜接点の少なくとも1つがフィンガの少なくとも1つを移動させ、底面接点の少なくとも1つと接触させる。取っ手が延長位置へと移動すると、機器が電子的にON状態に切り換わる。
(もっと読む)


121 - 130 / 154