説明

バイエル・ヘルスケア・エルエルシーにより出願された特許

131 - 140 / 154


センサ分与機器とともに使用するようになされている使い捨てカートリッジは、ハウジング、検査センサ、機械的機構および可動性シールを備える。ハウジングは、自身を通る少なくとも1つの開口を形成する。検査センサはハウジング内に積み重ねられる。検査センサは、少なくとも1つの分析物の検査を補助するようになされている。機械的機構は、検査センサを第1方向に押しやるようになされている。検査センサの1つは、カートリッジから排出されるべく位置決めされる。可動性シールは、実質的に防湿性で、実質的に気密性のカートリッジを提供するように少なくとも1つの開口を密封する閉位置をとるようになされており、可動性シールの1つは、検査センサの1つが自身を通って移動できるようにする開位置をとることができるようになされている。
(もっと読む)


グルコース試験中に、グルコースモニタリング製品を使用してin situヘマトクリット調整を行うための方法および装置、そしてそれらの調整値を使用して血液サンプルのヘマトクリット値を推定し、血液サンプルの異なるヘマトクリットレベルにより引き起こされるアッセイバイアスを低減しまたは除去する方法および装置を提供する。一つの方法は、血液サンプルのグルコース値、Glumを測定する工程;バイオセンサ試薬を使用して血液サンプルの抵抗(Rcell)を測定する工程;バイオセンサ試薬を使用して血漿の抵抗(Rplasma)を測定する工程;関係式RRBC=Rcell-Rplasmaにしたがって血液サンプルの赤血球の計算抵抗値、RRBCを決定する工程;血液サンプルの%ヘマトクリット、%Hctcを計算する工程;グルコース値、Glumを調整して調整グルコース値、Gluadjとするかどうかを決定する工程;そして%ヘマトクリット、%.Hctcおよびグルコース値、Glumまたはグルコース調整値、Gluadjのいずれかを使用して、バイオセンサ試薬のいずれかのバイアスを調整する工程;を含む。
(もっと読む)


液状サンプル中のアナライト濃度を判定するためのシステムおよび方法は、ベース(12)中に形成された曲げ線(14)により分離される第1(16)および第2(18)の部分を有する試験条片(10)を含む。曲げ線(14)は、ベースの長手方向軸を横断し、そのベース(12)は、曲げ線の所で曲がるようになされる。試験条片(10)はさらに、その部分の一方の上に配置された試験エレメント(20)を含む。試験条片は、液状サンプル中のアナライトと反応するようになされた試薬を含む。
(もっと読む)


分析および治療を支援するようにデータ収集コンピュータシステムを使用してデータ管理を実施するための方法および装置が、提供される。シリアルポートが監視されて、測定器の接続が検出される。測定器接続が識別されると、患者データが、測定器からデータ収集コンピュータシステムに自動的にダウンロードされる。次に、患者データ、または患者データから生成された1つまたは複数の選択されたレポートが、印刷される。患者データは、全くユーザ介入が要求されずに、測定器からダウンロードされ、印刷される。生成され、印刷されるべきレポートが、セットアップモードで選択され、格納される。患者データが測定器からダウンロードされた後、測定器との通信は、測定器がオフにされるまで、ケーブルが外されるまで、または測定器が、特定の量の非活動の後、自動的に自らを遮断するまで、継続される。
(もっと読む)


方法および装置は、複数の異なる血糖測定器などの、複数の異なる測定器タイプ向けの患者データダウンロードを実施する。複数の異なる測定器タイプのそれぞれの測定器に接続するようにそれぞれが適合された、複数のシリアルポートが提供される。情報が表示され、ユーザ選択が識別される。特定の測定器タイプを識別するユーザエントリに応答して、その測定器接続のための接続ポート/ケーブル番号が、ユーザによって見られるように表示される。その特定の測定器タイプに関する事前定義された指示が、表示される。データ収集コンピュータシステムが、プロセッサデバイスと、プリンタと、ディスプレイタッチスクリーンとを含む単体の筐体を含む一体型ユニットとして提供される。測定器接続が識別されると、情報が、表示され、患者データが、測定器からダウンロードされて、ダウンロードされた患者データから生成された、選択されたレポートとともに、選択されたフォーマットで印刷される。
(もっと読む)


本発明は、サンプル中の分析物の濃度を決定するシステム、方法、およびデバイスに関する。リニア、サイクリック、または、非サイクリックボルタンメトリースキャン、および/または、準積分、微分、または準微分データ処理の使用は、サンプル中の分析物の濃度を決定するときに、精度の向上を実現することができる。データ処理と組み合わせたヘマトクリット補償は、全血内のグルコース分析に関してヘマトクリットの影響を低減することができる。別の態様では、高速スキャン速度が、ヘマトクリットの影響を低減することができる。
(もっと読む)


診断用検査条片を製造する方法が、一実施例に基づいて開示される。その方法は、複数の点状接着剤13を有する適用シート16を設けること、少なくとも一つの形体15を有する第1基体層14を設けること、第2基体層を設けることの各段階を含む。その方法は、適用シートに配置された複数の点状接着剤のうち少なくとも一つを第1基体層に移すこと、第1基体層を第2基体層と整列させること、移し換えられた点状接着剤を用いて第1基体層および第2基体層を取り付けることの各段階をさらに含む。第1および第2基体層の取付けは、いかなる追加の整列も必要なしに行われる。
(もっと読む)


真空の援助を受ける針刺し装置のための端部キャップは、皮膚表面に押しつけられるように置かれるための皮膚接触表面を有する。皮膚接触表面は、端部キャップの皮膚接触エッジから内側壁に向かって徐々に厚くなるように形状づけられている。皮膚接触エッジにおける皮膚接触表面の径は、内側壁における皮膚接触表面の径よりも大きい。
(もっと読む)


自立型の光学的なハンディ型診断装置は、ユーザの手に嵌る大きさおよび形状にされたポケット版の形状因子を有する本体を備える。本体は一体型の電源および一体型ディスプレイを含む。通路には、試薬試料媒体が割り出された嵌め合いで収容される。試料媒体は、試料内の成分または特性を示す量に応じて色が変化する、複数の離隔した試験領域を有する。本体内部には撮像部が位置付けられ、試料媒体が通路内部に割り出されると、各撮像部は試験領域の一つと重なって画像をキャプチャする。撮像部には、キャプチャした画像を分析するプロセッサが接続される。プロセッサはさらに、分析から診断値を導き出し、それに対応する出力を生成する。ディスプレイは、出力を受信して表示するように構成されている。
(もっと読む)


チオプリンS−メチルトランスフェラーゼ(TPMT)欠損に関連し、患者がチオプリン類(例えば、メルカプトプリン、アザチオプリン、またはチオグアニン)を用いて処置される場合に潜在的に致死性の毒性を引き起こし得る、TPMTのハプロタイプおよび多型が記載される。個々の患者のTPMT遺伝子型をアッセイするための、変異対立遺伝子、ならびに、PCRフラグメント、キットおよび方法が、開示される。さらに、1セットの単一ヌクレオチド多型の遺伝子型を、TPMT表現型についての異なる情報を与えるハプロタイプと組み合わせるアルゴリズムが、開示される。 (もっと読む)


131 - 140 / 154