説明

バイエル・ヘルスケア・エルエルシーにより出願された特許

41 - 50 / 154


バイオセンサシステムは、生体液の光学的分析および/または電気化学的分析のための1またはそれ以上の較正された相関式を使用して、分析対象物濃度を測定する。バイオセンサシステムは、測定機器およびセンサストリップを使用して実行することができる。測定機器は、センサストリップのエンコーディングパターン上の回路パターンを感知する。測定機器は、回路パターンに応じて較正情報を測定し、そして較正情報を使用して1またはそれ以上の相関式を較正する。測定機器は、較正された相関式を使用して、分析対象物濃度を測定する。 (もっと読む)


本発明は、すべての多形、水和物、薬学的に許容し得る塩、代謝物、溶媒和物およびそれらの組合せを含むDAST、すなわち下記式Iの4−〔4−(3−(4−クロロ−3−トリフルオロメチルフェニル)ウレイド}−3−フルオロフェノキシ}ピリジン−2−カルボキシル酸メチルアミドで癌を処置する組成物および方法を提供する。
【化1】


キナーゼ阻害剤のような他の治療剤に対して獲得した抵抗性を有する癌を含む、どんな癌も処置することができる。DASTは他の化学療法剤に対して難治性になった癌を処置するために使用することができる。
(もっと読む)


本発明は、KIT阻害剤に対し抵抗性を獲得した癌をDASTの有効量を投与することによって処置する組成物および方法を提供する。 (もっと読む)


本発明は、第VII因子もしくは第VIIa因子ポリペプチドまたはそのポリペプチドバリアントおよび緩衝剤としてヒスチジンを含んでなる安定化組成物に関する。 (もっと読む)


試験センサカートリッジは、流体試料の分析対象物濃度の測定を支援するように適合されている複数の試験センサを含む。カートリッジは、内部にキャビティを形成する複数の壁をさらに含む。キャビティは、複数の試験センサを含むように適合されている。複数の壁のうち少なくとも1つは、少なくとも1つの開口を形成する。カートリッジは、キャビティを取り囲むように適合されているふたをさらに含む。カートリッジは、ふたを1以上の壁にロックするように適合されているロック機構をさらに含む。ロック機構は、分析対象物試験機器の突起を受ける少なくとも1つの開口によって外れるように適合されている。
(もっと読む)


流体試料の分析対象物濃度の測定を支援するように適合されている複数の試験センサを含む、試験センサカートリッジである。試験センサカートリッジは、キャビティを形成するハウジングをさらに含む。キャビティは、複数の試験センサを包含するように適合されている。試験センサカートリッジは、キャビティを取り囲むように適合されているふたをさらに含む。試験センサカートリッジは、ふたを閉位置に維持するように適合されている閉鎖機能部をさらに含む。閉鎖機能部は、ふたが開位置にあるときは変形され、ふたが閉位置にあるときは全体的に解放される。
(もっと読む)


バイオセンサシステムは、Cottrell減衰なしに電気化学的プロセスを使用して生物学的サンプルの分析対象物濃度を測定する。バイオセンサシステムは、過渡減衰を有する出力シグナルを生成し、ここで出力シグナルは時間の平方根に反比例しない。過渡減衰は、-0.5の減衰定数のCottrell減衰よりも大きいかまたはそれよりも小さい。過渡減衰は、比較的短いインキュベーション期間、比較的小さなサンプル容器容量、電極表面とセンサストリップの蓋との間の比較的短い距離、および/または試薬層の平均初期厚に関して比較的短い励起、から生じる可能性がある。バイオセンサシステムは、過渡減衰を有する出力シグナルから分析対象物濃度を測定する。 (もっと読む)


本発明は、電気化学的センサーストリップ、および、試料中の分析対象物濃度を決定する、または濃度決定の性能を改善する方法に関連する。電気化学的センサーストリップは多くとも8μg/mm2のメディエーターを含むことができる。ストリップ、ストリップ試薬層、またはその方法は、20℃で4週間保管された比較ストリップと比べて、50℃で4週間保管した後の±10%より小さい安定性バイアス、20%から60%のヘマトクリットを含む全血試料における±10%より小さいヘマトクリットバイアス、および、大きくとも20 mg/dLである切片対傾き比の、少なくとも1つを有する濃度値の決定を提供することができる。分析対象物の定量的な決定の性能を上昇させる方法もまた、提供される。 (もっと読む)


検査センサ容器(20)は、流体試料中の被検物質濃度を検査するために検査デバイス(10)に解放可能に装着されるように構成されている。検査センサ容器は、ハウジング(22)、容器(32)、ハウジングに形成された開口部(24)を含んでいる。ハウジングは複数のセンサを収容するように構成されている。ハウジングに形成された開口部は、検査でばいすによって検査される流体試料を含む検査センサを受け入れるように構成されている。開口部は検査される検査センサに接触するように構成される少なくとも二つの接触バネ(30a、30b)を含んでいる。
(もっと読む)


分析対象物の濃度を決定する非侵襲的方法は、ラマンスペクトル情報または蛍光スペクトル情報を使用する。高強度帯の光は皮膚組織の一つの側に適用される。高強度の光は皮膚組織に進入し、そしてラマンシグナルまたは蛍光シグナルを生成する。ラマン-生成物質または蛍光-生成物質は、皮膚組織のその他の側の近傍の位置に配置される。ラマン-生成物質または蛍光-生成物質は、一般に、適用される高強度の光の進入の反対側に配置される。ラマンシグナルまたは蛍光シグナルは、回収され、そして、回収されたラマンシグナルを使用して、分析対象物の濃度が決定される。 (もっと読む)


41 - 50 / 154