説明

バイエル・ヘルスケア・エルエルシーにより出願された特許

51 - 60 / 154


分析対象物の濃度を決定する非侵襲的方法は、ラマンスペクトル情報または蛍光スペクトル情報を使用する。高強度帯の光は皮膚組織の一つの側に適用される。高強度の光は皮膚組織に進入し、そしてラマンシグナルまたは蛍光シグナルを生成する。ラマン-生成物質または蛍光-生成物質は、皮膚組織のその他の側の近傍の位置に配置される。ラマン-生成物質または蛍光-生成物質は、一般に、適用される高強度の光の進入の反対側に配置される。ラマンシグナルまたは蛍光シグナルは、回収され、そして、回収されたラマンシグナルを使用して、分析対象物の濃度が決定される。 (もっと読む)


【解決手段】
検査システムは、センサー容器及び検査装置を含む。センサー容器は、基盤及び蓋を有する。容器はその中に検査センサーを取り込む。容器はそれに取り付けられる較正ラベルを含む。ラベルは、その上に配置される電気接点を含む電気接点は、較正ラベル上で較正情報をコード化する。検査装置は、その上の外部に配置される自動較正機能部を有する。検査装置は、体液サンプル中の被分析物の濃度を決定するように構成される。自動較正機能部は、較正ラベル上の電気接点と通信する較正素子を含む。検査装置は、電気接点と連動して較正素子に応答し、較正ラベル上でコード化された較正情報を決定するように構成される。コード化較正情報が、センサー容器又は較正ラベルを検査装置の中に挿入せずに決定される。 (もっと読む)


【解決手段】
検査システムは、センサー容器及び検査装置を含む。センサー容器は、基盤及び蓋を有する。容器はその中に複数の検査センサーを取り込む。容器は、それに取り付けられる較正ラベルを含む。ラベルは、その上に配置される電気接点を含んでいて、その較正ラベル上で較正情報をコード化する。検査装置は、その上に容器開口部を形成するセンサーを有する。センサー容器の開口部は、その中に配置される自動較正機能部を有する。自動較正機能部は、検査装置の外部にある。自動較正機能部は、較正ラベル上の電気接点と通信するための較正素子を含む。検査装置は、電気接点と連動して較正素子に応答し、較正ラベル上でコード化された較正情報を決定する。センサー容器の一部は、コード化較正情報が決定されている間、測定器の外部に留まっている。 (もっと読む)


【課題】
【解決手段】パッケージング装置が開示されている。パッケージング装置は、流体受け入れ部分を含む分析物試験装置を備えている。パッケージング装置は、分析物試験装置の流体受け入れ部分に蓋をし得るようにされたフィルムを更に備えている。フィルムは、第一の側部と、該第一の側部に対向した第二の側部とを有している。第一の側部は、分析物試験装置と接触し得るようにされている。パッケージング装置は、フィルムの第一の側部の少なくとも一部分上に配置された接着剤を更に含む。パッケージング装置は、フィルムの第一の側部に配置された乾燥剤材料を更に備えており、乾燥剤材料は、分析物試験装置の流体受け入れ部分との間で蒸気が連通し得るようにされている。
(もっと読む)


【課題】
【解決手段】試料中の分析物の濃度を検出する電気化学的試験センサである。電気化学的試験センサは、電流検出器と電気的に連結したカウンタ電極と作用電極とをその表面上に有する、流体試験試料の流路を提供する基部を備えている。電気化学的試験センサは、作用電極の表面上に直接配置された試薬層を含む。試薬層は、分析物と反応し得るようにされた酵素を含む。電気化学的試験センサは、基部と合わさって試料を導入するための開口部を有する毛管空間を形成するのを助け得るようにされた蓋を更に備えている。毛管空間には蓋の三次元的部分が形成される。
(もっと読む)


医薬品製剤の第1成分を格納する再構成デバイスは、レセプタクルと、レセプタクルに固定された第1端、第2端、および中心アパーチャを有する内側ボアを備えるキャップとを含む。デバイスは、さらに、レセプタクルとキャップとの間に位置し、かつ穿孔可能な部分を含むストッパを備える。デバイスはまた、キャップの第2端に固定されたプランジャと、キャップ内に位置するロッキング機構と、作動機構とを含む。作動機構は、デバイスが不注意に起動することを防止することができる。
(もっと読む)


【課題】
【解決手段】流体試料中の分析物質の濃度を試験する試験センサは、試験センサの基部及び蓋により形成されたプレフィル毛管と、感知毛管とを含む。プレフィル毛管は、感知毛管と流体的に連通している。プレフィル毛管は、最初に、流体試料にて充填され、次に、流体試料の一部分は、分析物質の濃度を試験するため毛管作用により感知毛管まで動く。
(もっと読む)


【課題】
【解決手段】流体試標本の被分析物の濃度を検出する電気化学試験センサは、基部と、誘電体層と、試薬層と、蓋とを備えている。基部は、対向電極と、電流検出器と電気的に連通し得るようにされた作用電極とをその表面に有する、試験標本に対する流路を提供する。誘電体層は、貫通する誘電体窓を形成する。試薬層は、被分析物と反応し得るようにされた酵素を含む。蓋は、基部と合わさり且つ、試験標本を導入するための開口部を有する毛管空間を形成するのを助け得るようにされている。対向電極の幅の少なくとも一部分は作用電極の幅よりも大きい。
(もっと読む)


【課題】
【解決手段】試験−センサカートリッジが開示されている。試験−センサカートリッジは、流体試料の被分析物の濃度を決定するのを助け得るようにされた複数の試験センサを備える。試験−センサカートリッジは、複数の試験センサを収容し得るようにされた少なくとも1つのキャビティを形成する複数の壁を更に備えている。試験−センサカートリッジは、カートリッジの表面に形成された少なくとも1つの開口部を更に備えている。少なくとも1つの開口部は、カートリッジが適合可能な第一のセンサ−分与器具の少なくとも1つの突起の各々を受け入れ得るようにされる。少なくとも1つの開口部は、カートリッジが不適合な第二のセンサ−分与器具の少なくとも1つの突起の全てではないにしても少なくとも1つを受け入れ得るようにされている。
(もっと読む)


バイオセンサは、分析対象物のレドックス反応由来の出力シグナルが正常な形状または構造または異常な形状または構造を有するかどうかを決定する異常出力検出システムを有する。異常出力検出システムは、出力シグナルが生体液の精密な解析および/または正確な解析をもたらすことができない形状または構造を有するかどうかを決定する際に、バイオセンサの精密性および正確性を向上させる。バイオセンサは、分析対象物のレドックス反応に応答して、出力シグナルを生成する。バイオセンサは、出力シグナルを正規化し、そして正規化出力シグナルを1またはそれ以上の管理限界と比較する。バイオセンサは、正規化出力シグナルが管理限界内にない場合、エラーシグナルを生成することができる。 (もっと読む)


51 - 60 / 154