説明

バイエル・ヘルスケア・エルエルシーにより出願された特許

61 - 70 / 154


バイオセンサは、生体液サンプルが1またはそれ以上の分析対象物の解析のために十分な大きさであるかどうかを決定する、充填量不足検出システムを有する。充填量不足検出システムは、励起シグナルをサンプルに対して印加し、それにより励起シグナルに応答して、出力シグナルを生成する。充填量不足検出システムは、励起シグナルの振幅を切り替える。励起シグナルの異なる振幅への遷移は、サンプルが精密なおよび/または正確な解析のために十分な大きさではない場合に、出力シグナルを変化させる。充填量不足検出システムは、出力シグナルを測定し、そしてそれを1またはそれ以上の充填量不足閾値と比較して、充填量不足条件が存在するかどうかを決定する。
(もっと読む)


本発明はバイオマーカーおよびがんの予想および予後のためのバイオマーカーの使用、およびがん処置の有効性をモニターするためのバイオマーカーの使用に関する。
(もっと読む)


本発明は、細胞でのプログラムされた細胞死が予防若しくは遅延されるような、組換え第VIII因子を発現する細胞中で1種若しくはそれ以上の抗アポトーシスポリペプチドを発現することによる、プログラムされた細胞死を予防若しくは遅延することに関する。本発明はまた、細胞による組換え第VIII因子の産生が増大されるような細胞中で1種若しくはそれ以上の抗アポトーシスポリペプチドを発現することによる、組換え第VIII因子の産生を増大させることにも関する。第VIII因子を産生するのに有用な組換え細胞。
(もっと読む)


【課題】
【解決手段】ランシング装置は、ハウジングと、少なくとも2つの傾斜路と、ランセットホルダと、駆動ばねと、駆動機構とを含む。ハウジングは、第一の端部と、第二の端部と、第一の壁とを含む。第一の端部は、貫通して延びる開孔を有し、また、第一の壁は、貫通して延びる開口部を有している。2つの傾斜路は、ハウジング内に配置されて、傾斜路間に通路を形成する。ランセットホルダは、傾斜路により形成された通路内にて部分的に保持され、且つ、ランセットを保持する。起動機構は、ユーザアクセス可能な構成要素と、板ばねとを含む。ユーザアクセス可能な構成要素の一部分は、開口部を貫通してハウジングの外側に延びる。板ばねは、ユーザアクセス可能な構成要素をハウジングの方向に押したとき、通路を形成する斜経路と、ランセットホルダとに係合し、ランセットホルダは、第二の端部に向かって、撃鉄を起こした位置まで動く。ユーザアクセス可能な構成要素を更に押したとき、ランセットホルダは、第一の端部に向かって、穿刺位置まで動く。
(もっと読む)


本発明は、化合物の新規な組み合わせおよびこれの製造方法、前記組み合わせを投与することを含んで成る病気治療、特に癌治療方法、および疾患、特に癌を治療または予防するための前記製薬学的組成物を製造する方法に関する。 (もっと読む)


バイオセンサー系は、被分析物の酸化/還元反応により生じる出力信号から被分析物濃度を決定する。バイオセンサー系は、1つの温度での出力信号から被分析物濃度を決定するための相関を補正し、他の温度での出力信号から被分析物濃度を決定する。基準温度での、被分析物濃度と出力信号との温度補正相関を用いて、試料温度での出力信号から被分析物濃度を決定することができる。 (もっと読む)


【課題】
【解決手段】センサパッケージ体と共に使用される自動較正回路を形成する方法である。センサパッケージ体は、少なくとも1つの試験センサを含み且つ、計測器又はメータと共に使用し得るようにされる。1つの基板が提供される。触媒インク又は触媒重合系溶液は、基板にて電気的接続部を画成するのを助けるべく基板の少なくとも1つの側部に施される。基板は、基板の電気的接続部を形成するよう触媒インク又は触媒重合系溶液にて無電解めっきする。電気的接続部は、少なくとも1つの試験センサに対する自動較正情報を計測器まで伝える。
(もっと読む)


ベースと、第2の層と、反応層とを備えた電気化学的多層試験センサを形成する方法である。反応領域には酵素が含まれている。試験センサは、計器の中で使用されるようになされており、検体濃度の決定を補助する。複数の電極およびそれらの個々の導電リード線の一部がベースの上に画定される。ベースの上に複数の電極およびそれらの個々の導電リード線の一部が画定されると、第2の層にベースが取り付けられ、それにより、複数の電極が完全に画定される反応ゾーンが画定される。第2の層にベースが取り付けられると、試験センサのベースの上に複数の導電リード線が完全に画定される。
(もっと読む)


【課題】
【解決手段】流体の分析物質の濃度の測定を助けるよう構成された電気化学センサーシステムであって、該システムは、基板と、導電材と、ヒドロゲルあるいは液体とを備える。基板は、それを貫通して多孔性であり、導電材は少なくとも一つの電極を含む。少なくとも一つの電極は基板と結合している。該少なくとも一つの電極は第一の面とこれに対向する第二の面とを有する。ヒドロゲルあるいは液体は、少なくとも一つの電極の第一の面と第二の面とに流体の分析物質を搬送するのを助けるよう構成される。
(もっと読む)


試験センサの上に複数の電極を形成する方法には、基板を提供するステップが含まれている。試験センサは、検体濃度の決定を補助する。基板を貫通する少なくとも1つの開口が形成される。触媒インクまたは触媒重合溶液があるパターンで基板の両面に加えられる。触媒インクまたは触媒重合溶液は、試験センサ上への複数の電極の画定を補助する。触媒インクまたは触媒重合溶液が加えられると、基板が無電解めっきされ、基板の複数の電極が形成される。これらの複数の電極は、検体の濃度の決定を補助する。
(もっと読む)


61 - 70 / 154