説明

ボード オブ トラスティーズ オブ ザ レランド スタンフォード ジュニア ユニバーシティにより出願された特許

41 - 50 / 69


【課題】個体において抗体特異的プロファイルを決定する方法を提供する。抗原またはエピトープ特異的プロファイルを決定する手段および方法を提供する。
【解決手段】特異的プロファイルは、自己抗原、アレルゲン、移植片抗原などの複数の抗原および/またはエピトープに対する個体の免疫反応を明らかにしている。抗体特異的プロファイルは、抗体を含有する患者試料のアレイへの結合により決定される。このアレイは、抗原およびエピトープを含むことができる。更に、自己免疫疾患、アレルギーおよび移植片拒絶反応を含む免疫関連疾患の、遺伝子によるまたは個体化された診断および治療のいずれかの開発において使用することができる。 (もっと読む)


【課題】例えば、患者の脈管構造内の管である、体管腔にアクセスする、及び/又は体管腔(例えば患者の脈管構造内)に器具を運ぶための装置および方法を提供する。
【解決手段】収縮されている状態から、少なくとも部分的に内部で内腔を規定する拡張した状態にまで膨張できる可撓性を有するシースが提供される。シースは滑らかで比較的薄い壁を有し、それにより、曲がりくねったアナトミーを経由して及び/または比較的狭い通路中に、流体及び/又は器具を運ぶための折り畳み可能/膨張可能であるガイドを提供する。シースは、収縮した状態で、入口サイトから体管腔内に進行させられる。シースが目的とする体管腔に達すると、シースは拡張した状態に膨み、それによりシース内に内腔を規定し、流体および/または器具がシースの内腔を経由して体内に導入される。処理が終了すると、シースは体管腔から除去される。 (もっと読む)


【課題】キャパシタよりもエネルギー密度を大きくし、バッテリーよりも充電/放電を速くし、かつ/またはバッテリーよりも寿命をずっと長くしたエネルギー貯蔵装置を提供する。
【解決手段】本発明は、少なくとも1つの量子閉じ込め系(QCS)を有するソリッドステート・エネルギー貯蔵装置を提供する。ここで、QCS(102)は、量子ドット(QD)、量子井戸またはナノ細線を含み得る。本発明は、少なくとも1つのQCSが組み込まれた少なくとも1つの誘電材料(104)層と、少なくとも1つの誘電材料層の上面に配置された第1導電電極(106)及び下面に配置された第2導電電極(108)とをさらに含み、両電極は、少なくとも1つのQCSに電荷を移動させるように配置されており、両電極間に電圧を与えるように電気回路が配置されたとき、該電圧により、移動した電荷が少なくとも1つのQCSから電気回路へ放電されるようにした。 (もっと読む)


本発明は、生体試料中に存在する自己補体因子C1qおよび自己補体因子C1qに結合する検出可能に標識された抗体、外因性ヒト補体因子C1qおよび外因性ヒト補体因子C1qに結合する検出可能に標識された抗体、検出可能に標識された外因性ヒト補体因子C1q、または自己補体因子C1qおよび外因性ヒト補体因子C1qの組み合わせを含む、補体因子C1qを使用し、生体試料中の補体固定抗体の高感受性かつ特異的検出のための方法を提供する。本発明はまた、本発明の方法における使用のためのキット、システム、およびデバイスも特徴とする。
(もっと読む)


本開示は、アルデヒドデヒドロゲナーゼ(ALDH)酵素活性のモジュレーターとして機能する化合物、ならびに該化合物を含む組成物および配合物を提供する。本開示は、対象化合物、または対象薬剤組成物を投与することを伴う治療方法を提供する。
(もっと読む)


標的細胞を、光を用いて、例えばin vivoまたはin vitroにて刺激することを、種々の方法及び装置を用いて実施する。一例として、光により活性化する分子をコードする核酸配列を含む、光により活性化する分子を送達するためのベクターが挙げられる。この光により活性化する分子は、例えば全トランスレチナールシッフ塩基の近くの位置への改変、すなわち開状態の持続時間を延ばすこと、を含む。他の態様及び実施形態は、イオンチャネルまたはポンプのための、または細胞において(例えば、in vivo環境及びin vitro環境において)電流をコントロールするための、システム、方法、キット、組成物及び分子に向けられる。
(もっと読む)


本発明は、アルデヒドデヒドロゲナーゼ活性のモジュレーターとして機能する化合物、および該化合物を含む薬剤組成物を提供する。本発明は、対象化合物、または対象薬剤組成物を投与することを含む治療方法を提供する。 (もっと読む)


本発明は、GM98(また、MRFとしても公知である)の発現および活性を調節することにより、再有髄化を調節し、希突起膠細胞の分化を促進するための組成物および方法を提供する。本明細書ではまた、神経障害を治療し、生物活性剤をスクリーニングするための組成物および方法も提供される。本発明は、MRFの発現および/または活性を調節する方法および組成物を提供する。本明細書では、MRFにより調節される遺伝子の発現および活性もまた説明される。 (もっと読む)


例えば生体内での標的細胞の光刺激は、種々の方法や装置を使って行われる。このような装置の一つでは、埋設型装置によって標的細胞を刺激する。当該装置は、電力から光を発生させる光源を備える。光伝送素子は、光源からの光を実質的に透過する材料で構成される。上記光伝送素子は、基端部に上記光源を実質的に収容している。上記伝送素子は、上記光源からの光を末端部に伝達する。この伝送素子の形状や大きさにより、患者体内への同素子の埋設が容易になる。固定部が上記光伝送素子に物理的に接続されており、確実に上記装置を患者に固定する。放熱部は、上記近接した光伝送素子および光源からの熱を除去し、その除去熱を上記固定部から放散する。
(もっと読む)


1つの態様および例によれば、生物学的組織中で細胞相互作用を促進する方法により、組織中に存在する複数の細胞型の中の選択された型の幹細胞の制御可能な活性化が実現される。本方法は、選択された型の幹細胞中で微生物オプシンを発現させることで、選択された型の幹細胞を含む組織領域に微生物オプシンを導入する工程を含む種々の工程を含む。次いで、幹細胞の近くに光源を導入し、他の型の細胞の成長および発達から独立した様式で幹細胞の成長および発達を選択的に制御するために、光源を用いて、光源を制御可能に作動させ、光源からの照射パルスを選択された型の幹細胞に向ける。
(もっと読む)


41 - 50 / 69