説明

ボード オブ トラスティーズ オブ ザ レランド スタンフォード ジュニア ユニバーシティにより出願された特許

51 - 60 / 69


光活性化型分子のための種々の方法、デバイス、および組成物が提供される。そのような方法の1つは、細胞中でセカンドメッセンジャーを生成するために実施される。キメラ光応答性膜タンパク質(例えばロドプシン)を発現するためのヌクレオチド配列を1または複数の異種受容体サブユニット{例えばアドレナリン受容体(アルファ1、ベータ2)}で改変する。光に応答してセカンドメッセンジャーを産生させるために光応答性膜タンパク質を細胞中で発現させる。 (もっと読む)


人物のデジタル表現を生成するために、さまざまな方法、装置、及び記憶媒体が実装される。そのような1つのコンピュータに実装された方法によれば、人物の立体表現が、その人物の画像に相関づけられる。人物の時間的に異なる2つの視覚画像のそれぞれに共通する、2つの画像間での人物の動きを表す基準点が見出される。その基準点と、人物の立体表現の相関との関数として、立体変形が人物のデジタル表現に対して適用される。粗/立体変形の関数として、精密変形が行われる。行われた変形に応答して、人物の更新されたデジタル表現が生成される。
(もっと読む)


光反応性イオンチャネル分子に関連した方法、システム、およびデバイスを提供する。そのような方法の1つは、光刺激に反応する光活性化型イオンチャネル分子を用いて実施される。該方法は、細胞に光活性化型イオンチャネル分子を設計付与すること、およびイオンチャネル分子に与えられ且つChR2イオンチャネルを活性化する特性を有しない光刺激に反応してイオンチャネル分子を活性化し、イオンに光活性化型イオンチャネル分子を通過させることを含む。 (もっと読む)


本発明は、式(I)のN,N’−ビス(フルオロフェニルアルキル)で置換されたペリレン−3,4:9,10−テトラカルボキシイミドと、その製造と、電荷輸送材料、励起子輸送材料、またはエミッタ材料としてのその使用とに関する。
(もっと読む)


乳ガン幹細胞(BCSC)のマイクロRNAマーカーが本明細書中で提供される。これらのマーカーは、正常な対応する細胞と比較して、BCSC中ではディファレンシャルに発現されるポリヌクレオチドである。これらのマーカーの使用としては、治療的介入のための標的としての使用;薬物開発のための標的としての使用、および乳ガンおよびBCSC細胞集団に関する診断方法または予後診断方法のための使用が挙げられる。BCSCは、正常な乳房上皮細胞と、またはガン幹細胞ではないガン細胞と比較して、特定のmiRNAの発現が低い表現型を持つ。 (もっと読む)


例えば、循環血中の造血細胞、骨髄細胞などの造血細胞、および固形腫瘍細胞を含む細胞の食作用を操作するための方法を提供する。本発明のいくつかの態様において、循環血中の細胞は、特に、食作用からの保護が望ましい移植環境における、造血幹細胞または造血前駆細胞である。他の態様において、循環血中の細胞は、食作用の増大が望ましい白血病細胞、特に、急性骨髄性白血病(AML)である。 (もっと読む)


急性骨髄性白血病幹細胞(AMLSC)のマーカーが同定される。これらのマーカーは、正常な対応細胞と比べて差次的に発現され、診断標的および治療標的として有用である。 (もっと読む)


光ファイバセンサは、光ファイバコイルと、コイルに光学的に結合されたレーザ源とを含む。源からの光は、コイルに沿って第1の方向に伝搬する第1の信号、およびコイルに沿って第1の方向とは反対の第2の方向に伝搬する第2の信号としてコイルに伝送される。第1の信号および第2の信号の光学経路は互いに実質的に相反しており、第1の信号および第2の信号は、コイルを通って伝搬した後で組合され、第3の信号を生成する。レーザ源は周波数変調されるか、またはコイルの長さよりも長いコヒーレンス長を有し得る。
(もっと読む)


本発明は、ハロゲン化フタロシアニン類を、電荷輸送材料及び/又は吸収体材料として用いる使用に関する。 (もっと読む)


様々な方法及び装置が、電池に関連して実現される。そのような一構成によれば、イオンが移動する電池において使用するための装置が提供される。この装置は、基材と、複数の根付けられて成長したナノワイヤとを備えている。根付けられて成長したナノワイヤが、イオンと相互作用すべく基材から延びている。
(もっと読む)


51 - 60 / 69