説明

ボード オブ トラスティーズ オブ ザ レランド スタンフォード ジュニア ユニバーシティにより出願された特許

61 - 69 / 69


シナプスは、ニューロンとニューロンの間、および末梢では、ニューロンとエフェクター細胞、例えば筋肉、との間に生ずる。2ニューロン間の機能的接点は、軸索と細胞体の間、軸索と樹状突起の間、細胞体と細胞体の間、または樹状突起と樹状突起の間に生じ得る。神経伝達を可能にするのがこの機能性接点である。多くの神経および神経疾患が、神経伝達の病的過活動または活動低下によって引き起こされる。本発明は、シナプス形成ならびに軸索および/または樹状突起成長を調節するための方法および組成物を記載するものである。本方法は、トロンボスポンジンおよび/またはカルシウムチャネルのα2δサブユニットを調節する薬剤の使用を含む。 (もっと読む)


【解決手段】選択的に硬化可能な内視鏡装置について説明される。1つの態様において、第1の内腔を有する可撓性の内管と、該内管を収容する可撓性の外管と、多数の重なり合う硬化可能なうろこ状片と、を含む内視鏡医療装置について説明される。各うろこ状片は、内管に結合され、内管と外管との間に位置付けられる。とりわけ注目すべきは、重なり合う片が、互いに対して滑動可能な非硬化状態と、互いに対して滑動可能でない硬化状態との間で作動可能なことである。 (もっと読む)


改善された生物学的アッセイのための電場を用いる方法および機器を開示する。電場はウェルをもつ装置を横切って適用され、これらは反応体を受け取り、これらは電荷を運ぶ。このように、装置は、第1および第2の電極間の制御可能な電源を用い、それは所定の電極に正電荷および負電荷を提供するために制御可能である。電場の制御された使用によって、流体チャネルにおける流体中の荷電種を、電極間の電場によって、ウェル中にか、またはそれから外に方向つける。本方法は、微小流体工学装置でのような、流体の輸送、およびDNAの配列決定、合成またはその他のような種々のアッセイ手順に従う反応種の電場誘導された移動に関与する。
(もっと読む)


ペプチドであり、チロシナーゼの酵素活性を抑制するもの、ならびに皮膚色素沈着の減少におけるそれらの使用のための調剤物および方法、および局所的調剤物における抑制性ペプチドを投与する方法を開示する。ペプチドはシークエンスのRADRADCおよびPLG−OHによって特徴付けられる。また、皮膚処置の方法を提供し、方法はさらにアミノ酸シークエンスSFLLRNによって特徴付けられるペプチドの使用を包含する。
(もっと読む)


ペプチドであり、チロシナーゼの酵素活性を抑制するもの、ならびに皮膚色素沈着の減少におけるそれらの使用のための調剤物および方法、および局所的調剤物における抑制性ペプチドを投与する方法を開示する。開示されるペプチドシークエンスは、KFEKKFEKおよびYRSRKYSSWYを包含する。
(もっと読む)


本発明はN,N’−ビス(1,1−ジヒドロペルフルオロ−C−C−アルキル)ペリレン−3,4:9,10−テトラカルボン酸ジイミドの電荷輸送材料又は励起子輸送材料としての使用に関する。 (もっと読む)


光センサは、少なくとも1つの光結合器と、少なくとも1つの光結合器に光学的に連通する光導波路とを含む。光導波路は、当該少なくとも1つの光結合器から第1の光信号を受取るように構成される。第1の光信号は、光導波路の少なくとも一部分を伝播する間、ある群速度およびある位相速度を有し、群速度は位相速度未満である。第1の光信号と第2の光信号との間の干渉は、回転、歪みまたは温度のような、光センサの少なくとも一部分への摂動によって影響される。
(もっと読む)


フマリルアセト酢酸ヒドラーゼ(Fah)がさらに欠損している免疫不全マウスを用いて、生体内でヒト肝細胞を増大させる方法を、本明細書に記載する。該方法は、該免疫不全およびFah欠損マウスにヒト肝細胞を移植するステップと、該肝細胞を増大させるステップと、増大させた該ヒト肝細胞を採取するステップと、を含む。該方法はまた、二次、または三次、または四次、または追加次のマウスへの、該ヒト肝細胞の連続移植も可能にする。また、Fah、Rag2、およびIl2rg遺伝子において、ホモ接合体欠失または点変異を含む、変異体マウスも提供する。
(もっと読む)


本発明は、概して、コラーゲン組成物および薄膜、ならびにその製造方法および使用方法に関する。いくつかの実施例においては、本発明は、「織物パターン」、「バスケットパターン」コラーゲン組成物および薄膜、ならびに、その製造方法に関する。 (もっと読む)


61 - 69 / 69