説明

楽プリ株式会社により出願された特許

1 - 6 / 6


【目的】本発明は、鮮明な模様を紐部に施すことができ、しかも、携帯電話、携帯ゲーム機等の画面やメガネ拭きとしても用いることができる紐部を備えたストラップの製造方法の提供。
【解決手段】本発明のストラップの製造方法は、マイクロファイバーを素材とする紐部を成形し、前記紐部の表面に昇華性染料インクを用いた熱転写手段によって模様を施すことを特徴とする。
又、紐部は帯状であり、当該帯状の紐部の表面又は表面と裏面とに熱転写手段によって模様を施すことを特徴とする。
又、熱転写手段は、搬送装置によって平らに伸展させた帯状の紐部と転写紙とを重ねた状態で転写台に平面移動させつつ、加圧加熱ローラ装置によって加圧加熱させることによって前記転写紙に描画された昇華性染料パターンの模様を帯状の紐部に熱転写させる手段であることを特徴とする。 (もっと読む)


【課題】時間的・経済的コストパフォーマンスに優れた熱プレス装置及びそれを用いた昇華転写装置を提供すること。
【解決手段】本発明による昇華転写装置は、加熱部に設けられた導体板をコイルの電磁誘導により発熱させることにより対象物の加熱を行う構成としたものである。コイルに流れる電流を制御することにより、導体の温度を瞬時にコントロールすることができることから、作業毎に予熱を行う必要がなくなり、作業中においても導体板を常に加熱しておく必要がなくない。これにより、熱プレス及び昇華転写の作業効率を向上させることを可能とした。 (もっと読む)


【課題】 拭き取り作業の行いやすい拭き取り具を提供する。
【解決手段】 拭き取り機能を有するシート状物20がクッション材10と共に、ケース部材30内に収容されている。ケース部材30は把持部として機能するため、使用者は、このケース部材30を把持し、シート状物20を拭き取り対象のディスプレイや鏡に当接して前後左右に動かせばよい。従来のようにシート状物を直接手指で押しつけるようなことを行う必要がないため、抵抗も小さく、小さな力で前後左右に動かすことができ、拭き取り作業の作業性の向上に資する。従って、携帯電話や携帯型ゲーム機などの表示画面と比較して大きい15インチ以上のディスプレイやそれに相当する大きさの鏡等の拭き取り作業を行うのに適している。 (もっと読む)


【課題】正規品と識別情報の組み合わせを強固に保持し得る手法と、それを利用してなるトレースシステムを提供すること。
【解決手段】昇華染色技術を利用してスライドファスナー10のファスナーストリンガー20に対して二次元コード(識別情報)40を組み込むこととし、そのスライドファスナー10を正規品(鞄など)に取り付けることにより、正規品の流通経路(移動経路)をトレースシステムにおいてトレース可能とする。昇華染色にて染色した二次元コード40は、色落ち等しないため半永久的に利用可能であり、また、複製・再利用が困難である。 (もっと読む)


【目的】 柔軟性に富み、接着力が強く、凹凸面にも張り付け易く、密着性が良くて耐久性のあるワイピングシートの実現を課題とする。
【構成】 厚みが20μm未満の樹脂フイルム3の片面に、汚れの拭き取り性を有する超極細繊維布1を積層し、他面に微細気泡の吸盤作用によって吸着性を有するポリマーシート3を積層してワイピングシート4としたことを特徴とする。 (もっと読む)


【目的】 特殊な装置、熟練技術、特別な処理を必要とせず、比較的廉価に、任意の画像やデザインを帯状物に彩色、模様付けが可能な帯状物の製造方法の実現を課題とする。
【構成】 染料パターン作成手段40によってデジタル画像デ−タに基づき昇華性染料パターンを転写体上に作成する工程と、この転写体上の昇華性染料パターンを染料パターン転写装置50によって帯状物上に転写する工程を含むことを特徴とする。 (もっと読む)


1 - 6 / 6