説明

ディーエスエム アイピー アセッツ ビー.ブイ.により出願された特許

91 - 100 / 873


本発明は、サッカロミセス・セレヴィシエ(Saccharomyces cerevisiae)などの酵母中における、7−デヒドロコレステロール、25−ヒドロキシ−7−デヒドロコレステロール、および25−ヒドロキシエルゴステロールの生成に関する。それはまた、ラノステロール、ジメチルチモステロール、メチルチモステロール、チモステロール、コレスタ−7,24−ジエノール、またはコレスタ−5,7,24−トリエノールの24位における二重結合の還元;またはエルゴステロール、7−デヒドロコレステロール、コレスタ−8−エノール、およびコレスタ−7−エノールの25位におけるヒドロキシル化を触媒する、様々な酵素にも関する。それはまた、コレステロールC25−ヒドロキシラーゼおよびステロールΔ24−還元酵素をコードする様々な核酸に関し、7−デヒドロコレステロールまたはエルゴステロールを生成してヒドロキシル化するためのそれらの使用にも関する。それはまた、このようにして生成された酵母株に関し、形質転換酵母細胞を培養するステップと、得られたステロールを収集するステップを含んでなる、これらのステロールを生成する方法にも関する。
(もっと読む)


本発明は、(i)チオールと、(ii)少なくとも1つのノルボルネン基を含有し、かつ少なくとも500ダルトンの分子量Mnを有する樹脂と、(iii)メタクリレート含有化合物とを含む、建築用途に適している熱硬化性樹脂組成物であって、少なくとも5重量%、最大で75重量%の量でメタクリレート含有化合物を含み、100重量%がメタクリレート含有化合物と少なくとも1つのノルボルネン基を含有する樹脂との合計である、熱硬化性樹脂組成物に関する。本発明はさらに、成分Aと成分Bからなる二成分樹脂システムに関し、一方の成分(A)は、少なくとも1つのノルボルネン基を含有する樹脂とメタクリレート含有化合物を含み、成分(A)は、少なくとも5重量%、最大で75重量%の量でメタクリレート含有化合物を含有し、100重量%がメタクリレート含有化合物と少なくとも1つのノルボルネン基を含有する樹脂との合計であり;もう一方の成分(B)はチオールと過酸化物を含む。 (もっと読む)


【課題】トコール及びトコフェロールのアシル化物を製造するための新規な方法の提供。
【解決手段】トシルアシレート又はトコフェリルアシレートの製造法は、固体不均質系ブレンステッド酸触媒の存在下に、トコール又はトコフェロールをアシル化剤と反応させることを含み、そして上記の触媒が、二酸化ケイ素、二酸化チタン、又は二酸化ケイ素及び二酸化チタンの両方を含む固体担体物質に担持された無機ブレンステッド酸であるか、あるいは、スルホ基を特徴とする有機官能性ポリシロキサンであり、更に、該固体不均質系ブレンステッド酸触媒は、約10〜約800m/gのBET表面積及び約0.1〜約2.0ml/gの細孔容積を特徴とする。主な市販形態のビタミンEである酢酸(all−rac)−α−トコフェリルは、(all−rac)−α−トコフェロールのアシル化により製造することができる。 (もっと読む)


本発明は、局所用組成物中の、内側無機シリカコーティングと外側シリコーンコーティングとを有する微粉化二重被覆二酸化チタン粒子の耐水性を改善する方法であって、C12〜15アルキルベンゾエートとジポリヒドロキシステアリン酸ポリグリセリル−2との中に前記粒子を含む分散系の形態で前記粒子を局所用組成物中に含めることを特徴とする、方法に関する。さらに、本発明は、前記分散系を含む局所用組成物ならびに日焼け止めとしてのその使用に関する。 (もっと読む)


ポリマー組成物から製造された構成要素であって、構成要素にはEMI遮蔽を得るための導電性材料がめっきされており、ポリマー組成物が、(a)ポリエチレンテレフタレート、(b)ガラス繊維を含有する、構成要素。構成要素は、好ましくはRFフィルタ筐体であり、より好ましくは移動電話の基地局において使用するためのRFフィルタ筐体である。 (もっと読む)


本発明は、残留モノマー含有量が非常に低いアクリル系ポリマービーズおよび特にスタイリング剤としてのヘアケア製剤に関する。 (もっと読む)


【課題】細胞を含んでなる水性液体からの油、または多価不飽和脂肪酸(PUFA)を製造するための方法。
【解決手段】油または多価不飽和脂肪酸(PUFA)を含む発酵ブロスを、真空(または減圧)、攪拌の削減による機械的脱気または脱ガスの適用、またはブロスを遠心力にかけ、粘度を(希釈または加熱によって)削減し、発酵中の酸素または空気の供給の削減、または攪拌速度の削減、pHの低下(COの溶解度の低下)、PTFE毛細管を使用するろ過、ガス置換(窒素またはヘリウムの気泡化によって)、または化学的脱気(脱酸素剤を使用)等の脱気ステップ等、様々な手法によって実行して製造する方法。 (もっと読む)


本発明は、処理されたHPPE糸が元素金属を含んでなることを特徴とする処理されたHPPE糸に関し、元素金属は、HPPE糸の表面に付着する層を形成し、少なくとも部分的にHPPE糸の表面を覆い、元素金属は、スパッタリング、好ましくはプラズマスパッタリングにより、HPPE糸の外面に蒸着される。本発明は、さらに、処理されたHPPE糸を含んでなる物品、処理されたHPPE糸または物品を含んでなるデバイスに関する。本発明は、また、処理されたHPPE糸または処理されたHPPE糸構造体もしくは処理されたHPPE糸構成体を調製する方法と、自動車用途、海上用途、航空宇宙用途、医療用途、護身用途、スポーツ/レクレーション用途、建築用途、衣服用途、瓶詰め用途、機械用途のための、処理されたHPPE糸または処理されたHPPE糸を含んでなる物品もしくはデバイスの使用にも関する。 (もっと読む)


【課題】血中におけるn-3またはn-6 PUFA(多価不飽和脂肪酸)の異常または低いレベルに関連する疾患または状態の予防、防止、改善または治療用処方物の提供。
【解決手段】アラキドン酸(ARA)を含有する食用処方物であって、それらは1日当たり150mg〜1gのARAを送達するのに適合しており、他のPUFA、例えば、ドコサヘキサエン酸(DHA)を含有していてもよい。DHAの用量は1日当たり400〜600mgであり、ARA:DHAの比率は1:5〜5:1である。処方物は、ARA:DHA=1:1〜1:2の比率でARAおよびDHAを含有する医薬組成物、または0.1〜5%のARAを含有する食料品である。かかる処方物は、例えば、妊娠している女性における、あるいは低いARAレベルに関連する疾患または状態を有する人々に対して、インビボARAレベルを上昇させるのに用いることができる。 (もっと読む)


本発明は、少なくとも20個の炭素原子を有する多価不飽和脂肪酸(LC−PUFA)と細胞を含んでなる組成物に関し、組成物は40℃で>24時間の熱誘導時間(T.I.T.)を有する。本発明はまた、組成物を40℃未満の温度で乾燥するステップを含んでなる、細胞およびLC−PUFAを含んでなる組成物を乾燥する方法に関する。 (もっと読む)


91 - 100 / 873