説明

ディーエスエム アイピー アセッツ ビー.ブイ.により出願された特許

141 - 150 / 873


【課題】被覆層の製造効率が良好で、十分な強度を有するとともに中心導体に対する密着性が良好な電線被覆用樹脂組成物を提供すること。
【解決手段】次の成分(A)、(B)ならびに(D);
(A)脂肪族系ポリオール由来の構造部分を2個以上有するウレタン(メタ)アクリレート、
(B)環状構造及び1個のエチレン性不飽和基を有する化合物、
(D)下記式(4a)で表される化合物
【化1】


(式(4a)中、R8はエチレン性不飽和基を有する1価の有機基であり、R9は水素原子又はエチレン性不飽和基を有していてもよい1価の有機基である)
を含有する電線被覆用放射線硬化性樹脂組成物。 (もっと読む)


【課題】被覆層の製造効率が良好で、十分な強度を有するとともに中心導体に対する密着性が良好な電線被覆用樹脂組成物を提供すること。
【解決手段】次の成分(A)、(B)ならびに(D);
(A)脂肪族系ポリオール由来の構造を有するウレタン(メタ)アクリレート、環式ポリオール由来の構造を有するウレタン(メタ)アクリレートおよびポリオール由来の構造を有しないウレタン(メタ)アクリレートの混合物、
(B)環状構造及び1個のエチレン性不飽和基を有する化合物、
(D)下記式(4a)で表される化合物
【化1】


(式(4a)中、R8はエチレン性不飽和基を有する1価の有機基であり、R9は水素原子又はエチレン性不飽和基を有していてもよい1価の有機基である)
を含有する電線被覆用放射線硬化性樹脂組成物。 (もっと読む)


【課題】被覆層の製造効率が良好で、十分な強度を有するとともに中心導体に対する密着性が良好な電線被覆用樹脂組成物を提供すること。
【解決手段】次の成分(A)、(B)ならびに(D);
(A)脂肪族系ポリオール由来の構造部分を2個以上有するウレタン(メタ)アクリレート、
(B)環状構造及び1個のエチレン性不飽和基を有する化合物、
(D)下記式(4a)で表される化合物
【化1】


(式(4a)中、R8はエチレン性不飽和基を有する1価の有機基であり、R9は水素原子又はエチレン性不飽和基を有していてもよい1価の有機基である)
を含有する電線被覆用放射線硬化性樹脂組成物。 (もっと読む)


【課題】被覆層の製造効率が良好で、十分な強度を有するとともに中心導体に対する密着性が良好な電線被覆用樹脂組成物を提供すること。
【解決手段】次の成分(A)、(B)ならびに(D);
(A)脂肪族系ポリオール由来の構造を有するウレタン(メタ)アクリレート、環式ポリオール由来の構造を有するウレタン(メタ)アクリレートおよびポリオール由来の構造を有しないウレタン(メタ)アクリレートの混合物、
(B)環状構造及び1個のエチレン性不飽和基を有する化合物、
(D)下記式(4a)で表される化合物
【化1】


(式(4a)中、R8はエチレン性不飽和基を有する1価の有機基であり、R9は水素原子又はエチレン性不飽和基を有していてもよい1価の有機基である)
を含有する電線被覆用放射線硬化性樹脂組成物。 (もっと読む)


本発明は、第1の剛体と、第2の剛体と、第1の剛体および第2の剛体に連結され、第1の剛体および第2の剛体の、互いに対する実質的な二次元の回転を可能にする接合部材とを含む、ヒンジに関する。接合部材は、回転によって曲げることができるHPPE繊維を含む。
(もっと読む)


本発明は、少なくとも1枚の織布または不織布を含む圧縮シートであって、その布が高分子繊維を含み、そのシートが、ASTM D790−07に準拠して測定したとき、少なくとも二方向で少なくとも15GPaの曲げ弾性率を有し、かつこれらの方向の1つは、この布に含有される第1の主要量の繊維の配向方向であることを特徴とする圧縮シートに関する。本発明はまた、そのような圧縮シートの製造方法およびそれを含む物品に関する。 (もっと読む)


本発明は、対象組換えポリペプチドの産生方法、前記方法により得られるポリペプチド、組換えポリヌクレオチド、発現ベクター、発現コンストラクトに関し、並びに特定のシグナルペプチドの、及び前記特定のシグナルペプチドをコードするポリヌクレオチドの、対象組換えポリペプチドを産生するための使用に関する。 (もっと読む)


本発明は、吸気管(4)、圧縮機通風管(7)および出口管(5)を備える半径流圧縮機のハウジング(1)に関し、ハウジングは、繊維強化熱可塑性プラスチックポリマー合成物で作製された、少なくとも上部ハウジング部材(3)および下部ハウジング部材(2)を含むハウジング本体部(基本構造)を有し、また、部材(2および3)は、統合化した2段階射出成形工程で、作製され、ともに組み立てられ、互いに固定されている。本発明は、さらに吸気管、圧縮機通風管および出口管を備える半径流圧縮機のためのハウジングを製造する方法に関し、a)繊維強化熱可塑性プラスチックポリマー合成物を融解処理することによりポリマー融液を形成するステップと、b)少なくとも2つのキャビティを有する成形用金型にポリマー融液を射出成型することにより少なくとも上部ハウジング部材および下部ハウジング部材を有する少なくとも2つの部材を形成するステップと、c)少なくとも2つの部材を合わせて組み立てることにより吸気管、圧縮機通風管および出口管を画定するハウジング本体部を形成するステップと、d)組み立てられた少なくとも2つの部材を互いに固定するステップと、を含む。
(もっと読む)


本発明は、配列番号2、4、6、8、10、12もしくは14のいずれか1つに示すアミノ酸配列を含み、エステラーゼ活性を有する単離されたポリペプチドまたはそのホモログであって、前記配列番号に示すような1つ以上のアミノ酸のアミノ酸置換または欠失を含み、大腸菌(E.coli)で発現された突然変異体ポリペプチドの透明化されたライセート中に活性型でかつ可溶性のタンパク質として存在する突然変異体ポリペプチドの画分の濃度が、同じ条件下において大腸菌(E.coli)で発現された1つ以上の欠失または置換を含まないポリペプチドの透明化されたライセート中に活性型でかつ可溶性のタンパク質として存在する突然変異がないポリペプチドの画分の濃度と比べて増加した突然変異体ポリペプチドが得られる、単離されたポリペプチドまたはそのホモログに関する。本発明はまた、本発明によるポリペプチドをコードする核酸、およびポリペプチドの使用に関する。 (もっと読む)


ハードセグメントとソフトセグメントとを含有する熱可塑性エラストマーであって、ソフトセグメントが二量化脂肪酸の残基および二量化脂肪族アミンの残基を含有する熱可塑性エラストマー。 (もっと読む)


141 - 150 / 873