説明

ディーエスエム アイピー アセッツ ビー.ブイ.により出願された特許

41 - 50 / 873


【課題】抗炎症効果を示す、食物若しくは飲料、又は、食物用若しくは飲料用のサプリメント、又は、医薬組成物の提供。
【解決手段】活性成分として、レスベラトロール又はその誘導体、代謝産物若しくは類似体を含み、さらに、EGCG、ゲニステイン、ビタミンE、多価不飽和脂肪酸、γ−リノレン酸及びビタミンKから選択される少なくとも1種の付加的な成分を含む組成物。 (もっと読む)


【課題】異なった作用機序を有して相乗効果を示す、新規栄養補助食品組成物の提供。
【解決手段】活性成分として、レスベラトロール又はその誘導体、代謝産物若しくは類似体を含み、さらに、EGCG、ゲニステイン、ビタミンE、多価不飽和脂肪酸、γ−リノレン酸及びビタミンKから選択される少なくとも1種の付加的な成分を含む組成物。この組成物は、抗炎症効果を示し、食物若しくは飲料であり得るか、又は、食物用若しくは飲料用のサプリメントであり得るか、又は、医薬組成物であり得る。 (もっと読む)



Notice: Undefined index: from_cache in /mnt/www/gzt_applicant_list.php on line 189


Notice: Undefined index: from_cache in /mnt/www/gzt_applicant_list.php on line 189

【課題】α−トコフェロールおよびそのアルカノエートを触媒の存在下かつ溶媒中で製造する方法を提供する。
【解決手段】


で示される化合物からなる群から選択される化合物のエステルの製造方法であって、触媒としてのインジウム塩の存在下で行われることを特徴とする方法。 (もっと読む)



Notice: Undefined index: from_cache in /mnt/www/gzt_applicant_list.php on line 189

【課題】公知のヨウ化銅/ヨウ化カリウム含有組成物よりも良好な熱老化性能を有するファイバー強化、熱安定化成形組成物が製造でき、微細分散された元素銅を含む組成物を製造する公知の方法のような欠点のない方法を提供すること。
【解決手段】連続相を形成する熱可塑性ポリマー、非金属繊維強化剤、および重量平均粒度が最大で450μmの元素鉄を含む構成成分を溶融混合して、組成物を形成する工程を含む成形組成物の製造方法であって、
組成物が、
a.94.95〜30質量%の熱可塑性ポリマーと、
b.5〜60質量%の非金属繊維強化剤と、
c.0.10〜10質量%の微細分散された元素鉄と、
d.0〜10質量%のキャリアポリマーと、
e.0〜59.90質量%の無機フィラーと、
f.0〜10質量%の少なくとも1つの他の添加剤とからなる、方法。 (もっと読む)


【課題】カロテノイド(例えば、α−カロテン、β−カロテン、リコペン)および/または他の生理活性成分を摂取後にヒトの結腸まで送達するための、かつ、ポリフェノールと蛋白質の反応を受けない液体状の食品組成物を提供する。
【解決手段】組成物全体の乾燥重量ベースで少なくとも25重量%の、エステル化度(DE)が30〜45%であり、ガラクツロン酸単位を70〜90%含むペクチン、ならびに組成物全体の乾燥重量ベースで少なくとも0.2重量%のカロテノイドおよび/または他の活性成分を含み、前記ペクチンが、リンゴペクチン、柑橘類ペクチン、またはそれらの混合物である、食用組成物。前記カロテノイドが前記ペクチンによりカプセル化されている食用組成物。 (もっと読む)


本発明は、組換え細菌発酵と発酵後硫酸化との組合せによるコンドロイチン硫酸の生産を含む、コンドロイチンを生産するための組換えDNA技術の分野に関する。

(もっと読む)


【課題】ビール、ソーセージ、またはチーズ、好ましくはチーズまたはチーズ由来の製品などの発酵食品における風味形成方法を提供する。
【解決手段】カルボキシペプチダーゼを使用する発酵食品における風味形成方法。カルボキシペプチダーゼ活性の少なくとも90%が単一酵素により惹起され、また、エンドプロテアーゼ活性(PU)とカルボキシペプチダーゼ活性(CPG)との比が、0.01未満、好ましくは0.001未満、最も好ましくは0.0005未満であるカルボキシペプチダーゼの使用。 (もっと読む)


41 - 50 / 873