説明

ディーエスエム アイピー アセッツ ビー.ブイ.により出願された特許

61 - 70 / 873


本発明は、(a)不飽和ポリエステル樹脂および/またはビニルエステル樹脂、(b)反応性希釈剤、および(c)反応性希釈剤に可溶な飽和ポリマーを含み、飽和ポリマーが、イソソルビド構成単位を含み、分子量Mが少なくとも1500ダルトンである樹脂組成物に関する。 (もっと読む)


【課題】血液又は人の体の間質液における時間の実質的な周期に浸漬させられる、ブドウ糖のセンサーにおける又は酸素のセンサーにおける使用に適切な、異なるタイプの単量体の単位からなる高分子量の重合体の有機材料を提供する。
【解決手段】生体適合性のマルチポリマーは、約10重量%から約45重量%の少なくとも一つの堅固なセグメント(1)及び約55重量%から約90重量%の柔軟なセグメント(2、3及び4)を含む骨格を有する。その柔軟なセグメント(2、3及び4)は、三つの群、合計の柔軟なセグメントの重量の5重量%から25重量%の酸素の浸透可能な柔軟なセグメント(2)、合計の柔軟なセグメントの重量の5重量%から25重量%の親水性の柔軟なセグメント(3)、及び合計の柔軟なセグメントの重量の50重量%から90重量%の生物学的に安定な相対的に疎水性の柔軟なセグメント(4)へ、分割される。 (もっと読む)


本発明は、Pdナノ粒子を有するZnO層で被覆された焼結金属繊維(SMF)をベースにした構造化触媒の存在下で、以下に定義した特定化合物を水素と反応させる方法、前記触媒および有機塩基の存在下でのそうした特定化合物と水素との反応、ならびに、この反応によって製造されたビタミン、カロチノイド、香料成分、及び/または食品または飼料成分に関する。 (もっと読む)


本発明は、単離された微生物ならびにその株および変異体、バイオマス、微生物油、組成物、および培養物;微生物油、バイオマス、および変異体を生成する方法;ならびに単離された微生物、バイオマス、および微生物油を使用する方法に向けられる。 (もっと読む)


本発明は、組み換え微細藻類細胞および異種タンパク質の産生におけるその使用、微細藻類細胞外体における異種ポリペプチドの産生の方法、異種ポリペプチドを含む微細藻類細胞外体、ならびにそれらを含む組成物に関する。 (もっと読む)


本発明は、少なくとも1種の感熱性視覚効果開始剤を含む、照射すると固体状に硬化可能な液状放射線硬化性樹脂を形成する方法に関する。液状放射線硬化性樹脂は、硬化させて選択的視覚効果を有する三次元物品にすることが可能である。得られた三次元物品は、優れた色安定性および/または透明度安定性ならびに優れた機械的性質を有する。 (もっと読む)


本発明は、ペクチナーゼ、CYTOLASE PCL5(登録商標)を含有する市販の酵素混合物を使用して、ステビオシドからグリコシド残基を切断してステビオールを生成する方法を対象とする。好ましい方法では、反応は酵母培養物の存在下で実施される。カタツムリ(Helix pomatia)酵素とCYTOLASE PCL5(登録商標)との併用についてもまた、記載される。

(もっと読む)


マイクロ反応システムを使って第三級アルコールとフェノール化合物をカルボン酸またはそれらの酸無水物によりアシル化する方法であり、アシル化は、水を含めたいかなる触媒も存在することなく最長30分間の滞留時間で行われる。 (もっと読む)


【課題】アップジャケット材としての機能に優れ、特に硬くて外傷を受けにくく、液状組成物の保存安定性や隣接被覆層との剥離性に優れた光ファイバ素線の最外層被覆用液状硬化性樹脂組成物を提供する。
【解決手段】次の成分(A1)、(A2)、(B)及び(C):
(A1)芳香族構造又は脂環式構造を有するポリオールに由来する構造を有するウレタン(メタ)アクリレート、及びジイソシアネートと水酸基含有(メタ)アクリレートの反応物であってポリオールに由来する構造を有しないウレタン(メタ)アクリレートから選択される1種以上のウレタン(メタ)アクリレート、
(A2)ポリエステルポリオールに由来する構造を有するウレタン(メタ)アクリレート、(B)ウレタン(メタ)アクリレート以外のエチレン性不飽和基を有する化合物、
(C)数平均分子量3000以上のポリエステルポリオール化合物
を含有する光ファイバ素線の最外層被覆用液状硬化性樹脂組成物。 (もっと読む)


本発明は、新規ベンゾトリアゾールおよびこれらのベンゾトリアゾールを含む新規局所用組成物に関する。さらに、本発明は、この新規ベンゾトリアゾールの、ジベンゾイルメタン誘導体(例えば、ブチルメトキシジベンゾイルメタン)のための光安定剤および可溶化剤としての使用に関する。1つの態様において、本発明は、式(Ia)のベンゾトリアゾールであって、式中、Rは、水素;C1〜30アルキル;C1〜5アルコキシ;C1〜5アルコキシカルボニル;C5〜7シクロアルキル;C6〜10アリールまたはアラルキルであり;Rは、水素;C1〜5アルキル;C1〜5アルコキシまたはハロゲン、好ましくは水素またはClであり;Rは、水素またはC1〜5アルキルであり;Rは、C1〜30アルキルまたはC5〜10シクロアルキルである、新規ベンゾトリアゾールに関する。

(もっと読む)


61 - 70 / 873