説明

ディーエスエム アイピー アセッツ ビー.ブイ.により出願された特許

791 - 800 / 873


本発明は、反応性炭素−炭素不飽和を含有する成分(I)と、XがCでもOでもないXH基を含有する成分(II)と、を含むラジカル硬化用の樹脂組成物に関する。この樹脂組成物は、(a)光開始剤を実質的に含まず;(b.)成分(I)の反応性炭素−炭素不飽和の平均個数が2超であり;(c)成分(II)のXH基の平均個数が2以上であり、XH成分のXH基の少なくとも1種がチオール基であり;(d)その際、(b)および(c)の平均個数の少なくとも一方が2超であり;(e)かつ反応性不飽和の多くとも5mol%が単独重合を起こすことが可能であり;(f)それぞれ、モノエン官能性アルキレンの形態で存在し;しかも(g)XH基と反応性不飽和とのモル比が4:1〜1:4の範囲内であり;ただし、RU成分がトリス−(ノルボルン−5−エン−2−カルボキシ)プロポキシプロパンでない。本発明はまた、そのような樹脂組成物をとくに低温硬化により硬化させる方法に関する。最後に、本発明はまた、シクロペンタジエンとテレケリック炭素−炭素不飽和を含有する樹脂成分とのディールス・アルダー付加物を合成する新しい方法に関する。樹脂組成物は、迅速かつ調整可能なラジカル硬化により、しかもいわゆる酸素阻害の問題をなんら呈することなく、不粘着性表面を有する建設材料を提供しうる。好適な用途は、化学的固着、屋根葺き、床張り、(再)裏打ち、SMC、およびBMCである。 (もっと読む)


反芻動物のルーメン発酵に影響を及ぼし、かつエネルギーおよび窒素源のアベイラビリティを増大させる、スイカズラ、ゲンチアナ・アスクレピデア、キバナリンドウ、クローブバッド、ヒナギク、オリーブ、ヒレハリソウ、ヒメヒレアザミ、シャクヤク、ヤマナラシ、サクランボ、バッコヤナギ、セイタカダイオウ、ハンニチバナ、クマコケモモ、インディアンルバーブ、エゾアカバナ、クナウチア・アルベンシス、レタス(Latuca sativa)およびネトルおよびそれらの抽出物、およびβ−ミルセンから選択される植物材料、植物抽出物、または天然同一成分の使用。
(もっと読む)


本発明は、単離された真菌プロモーターDNA配列、DNA構築物、ベクター、およびポリペプチドをコードするコード配列と作動可能に会合されるこれらのプロモーターを含む真菌宿主細胞に関する。本発明はまた、単離された新規のプロモーターを使用して遺伝子を発現させるおよび/またはポリペプチドを産生させるための方法に関する。本発明はまた、本発明の新規のプロモーターを使用して、転写レベルおよび/または内因性遺伝子の調節を改変するための方法に関する。 (もっと読む)


本発明は、a)メラミン−ホルムアルデヒド樹脂Aを含む層を基材に適用することにより被覆基材を形成する工程と;b)場合により、被覆基材をIR線またはNIR線で処理する工程と;c)場合により、インク、染料溶液、または顔料分散体を被覆基材に適用する工程と;d)場合により、工程b)またはc)から得られた被覆基材にメラミン−ホルムアルデヒド樹脂Bを含む層を適用する工程と;e)被覆基材をプレス中に配置する工程と;f)場合により、プレス中の被覆基材を特定の時間にわたり加熱する工程と;g)プレスの圧力を増大させて、特定の時間にわたり被覆基材を加圧された状態に保持する工程と;を含む基材の被覆方法に関する。本発明はさらに、該方法により取得可能な被覆基材および後成形プロセスにおけるその使用に関する。 (もっと読む)


本発明は、NHR選好を有する糸状菌細胞のゲノムへのポリヌクレオチドの所定の部位に対する標的取込みの効率を増大させるための方法に関し、前記ポリヌクレオチドは、前記所定の部位との相同の領域を有し、取込み経路をHRへ導くステップを含んで成る。本発明は、親細胞に由来する変異体糸状菌にも関し、前記変異体は高い効率のHR経路および/または低い効率のNHR経路および/または同じ条件下の前記親細胞の前記HRおよび/またはNHR効率および/またはNHR/HR比と比べ減少した効率のNHR/HR比を有する。 (もっと読む)


本発明は、細胞培養培地および細胞を含んでなる細胞培養の連続的灌流培養による細胞の培養のための方法に関し、ここで細胞培養培地は細胞培養に添加され、細胞培養は中空繊維を含んでなるフィルタモジュールにわたって循環され、結果として細胞培養よりも低い細胞密度を有する液体の流出が生じ、フィルタモジュール内の流れは交互接線流である。好ましくは、培養培地は、特定の灌流量で添加され、かつ/またはバイオマスが少なくとも1回培養から除去される。この手法は、特に凝集細胞の培養に適している。本発明は、生物学的物質、好ましくは、抗体が細胞によって製造され、生物学的物質がさらに下流処理で精製されうるかかる方法にも関する。 (もっと読む)


本発明は、一般式(I)
【化1】


(式中、R、R、およびRは独立して、水素、OR、C〜Cアルキル、またはC〜Cアルケニルであり、Rは、水素、C〜Cアルキル、またはC〜Cアルケニルであり、−N−(AA)は、アミノ酸またはペプチドのN−末端の上で結合されたアミノ酸またはペプチドの残基を表わし、このペプチドは、2〜6個(すなわち、2、3、4、5、または6個を意味する)のアミノ酸から構成され、このアミノ酸またはペプチドのC−末端は場合により、C〜C16炭化水素部分でエステル化され、nは1〜5の整数である)の新規化合物を提供する。これらの化合物は、化粧品用途に特に有用である。
(もっと読む)


本発明は、紫外線吸収最大λmax≧270nmを有する少なくとも3つの紫外線吸収発色団に共有結合された高分岐ポリマーを含む複合体を提供する。本複合体は、化粧品組成物で有利に使用することができる、効果的で安全な日焼け止めである。 (もっと読む)


本発明は、少なくとも1つのヒストンデアセチラーゼインヒビター(HDACインヒビター)とレチノイドの組合せを含む組成物に関する。該組成物は、詳細には化粧品である。HDACインヒビターとレチノールまたはその誘導体の組合せは、しわの治療に特に有用だが、表皮の肥厚および育毛改善にも有用であった。 (もっと読む)


本発明は、有機金属化合物を含むイオン性触媒と活性化剤と場合により捕捉剤との存在下で少なくとも1種の脂肪族もしくは芳香族のヒドロカルビルC2〜20オレフィンを含むポリマーを調製する方法に関する。本方法は、該有機金属化合物が式(1):〔式中、Mは、第3、4、5、6、もしくは7族またはランタニド系列の金属であり、かつpは、金属Mの価数であり、Aは、中性もしくはアニオン性のスペクテーター配位子を表し、その価数vは、0、1、もしくは2であり、かつqは、スペクテーター配位子Aの数を表す整数であり、Zは、任意選択的な架橋部分であり、nは、平行架橋部分Zの整数であり、Yは、式(2){式中、アミジン含有配位子は、イミン窒素原子を介して金属Mに共有結合され、Subは、第14族原子を含む置換基であり、該第14族原子を介してSubがイミン炭素原子に結合される。Subは、第15〜16族のヘテロ原子を含む置換基であり、該ヘテロ原子を介してSubがイミン炭素原子に結合される}により表されるアミジン含有スペクテーター配位子であり、rは、整数>0であり、Lは、任意選択的な中性ルイス塩基性配位子であり、jは、中性配位子Lの数を表す整数であり、そしてXは、アニオン性配位子である〕で示される化合物であることを特徴とする。本発明はさらに、式(1)で示される有機金属化合物と、この化合物の調製方法と、さらには少なくとも4.000kg/molの重量平均分子量と2.6未満の分子量分布M/Mとを有するUHMWPEと、に関する。
【化1】


【化2】

(もっと読む)


791 - 800 / 873