説明

ディーエスエム アイピー アセッツ ビー.ブイ.により出願された特許

841 - 850 / 873


緑茶中に見出されるカテキン、例えば(−)エピガロカテキンガラート、およびペルオキシソーム増殖因子活性化受容体ガンマ(PPARγは糖尿病の治療および予防に有用である)を活性化するリガンドを含む組成物。 (もっと読む)


25−ヒドロキシコレカルシフェロールと、場合によりビタミンDと、を含有するペットフードは、ペット(特に、大型のイヌ)の関節疾患(特に、骨軟骨症、変性関節炎、または関節症)の治療および予防に利用可能である。 (もっと読む)


本発明は、ポリマー組成物の調製方法に関する。この方法は、カルボキシル基を含むポリマーを環状イミノエーテル化合物に接触させる工程を含み、該環状イミノエーテル化合物が、式(I)〔式中、R=式(II)で示されるオキサジン基、n=0、1、2、3、4、または5〕で示されるフェニレンオキサジンであることと、100℃を超える温度で押出機中で該ポリマーを該オキサジンに接触させることと、を特徴とする。
【化1】

(もっと読む)


本発明は、ペプチドまたはポリペプチドのタンパク質加水分解のための方法であって、前記ペプチドまたはポリペプチドは4〜40、好ましくは5〜35アミノ酸残基を含んでなり、前記ペプチドまたはポリペプチドはスブチリシンによって加水分解され得ず、それによって、前記ペプチドまたはポリペプチドは、前記ペプチドまたはポリペプチドを加水分解するための6.5もしくはそれ以下、好ましくは5.5もしくはそれ以下、およびより好ましくは5.0もしくはそれ以下のpHでプロリン特異的エンドプロテアーゼにより加水分解される、方法に関する。 (もっと読む)


本発明は、1種以上の酸化感受性物質を含有する、練り歯磨き、うがい薬またはうがい薬濃縮物の形態の、経口有効薬剤に関する。本発明は、前記薬剤がKarl Fischerによる、7.5重量%以下の水含有量を有することを特徴とする。 (もっと読む)


本発明は、エチレン/アルファ−オレフィンコポリマーと熱可塑性エラストマーとよりなる組成物を含むフィルムに関する。熱可塑性エラストマーは、例えば、スチレン系またはポリオレフィン系の熱可塑性エラストマーである。好ましくは、熱可塑性エラストマーは、ポリオレフィンとゴムとを含むポリオレフィン系熱可塑性エラストマーであり、ゴムは、硬化剤を用いることにより動的加硫される。エチレン/アルファ−オレフィンコポリマーは、約0.88〜約0.91g/cmの密度を有し、エチレン90〜65重量部と3〜8個の炭素原子を有するアルファ−オレフィン10〜35重量部とを含む。フィルムは、エチレン/アルファ−オレフィンコポリマー35〜80重量部と動的加硫熱可塑性エラストマー65〜20重量部とを含む。ここで、該重量部は、100重量部のエチレン/アルファ−オレフィンコポリマー及び熱可塑性エラストマーを基準にする。本発明はさらに、おむつ、包帯、手袋、外科用ドレープ、病院用リネン、おむつ用ウエストバンド、サイドパネル複合材、及びサイドタブにおけるフィルムの使用に関する。 (もっと読む)


本発明は、試験微生物、指示薬、およびイオン化形態での金属を含んでなり、前記金属の原子価が少なくとも2であるとともに、前記金属の濃度が0.001M〜1Mである試験培地を提供する。さらに、金属塩が前記試験培地および/または前記流体サンプルに添加されることを特徴とする抗生物質の存在を判定するための方法が提供される。最後に、流体における抗生物質の判定に適したキットが提供される。 (もっと読む)


Heck型反応を包含する、レスベラトロールおよびピセアタンノールならびにそのエステルの、新規な製造方法を開示する。また、その方法における新規な中間体も開示する。 (もっと読む)


脂質でコーティングすることによって、ホスファターゼによる分解に対してリン酸アスコルビルが安定化される。 (もっと読む)


本発明は、皮膚を美白する、皮膚の色彩差を解消するおよび老人斑(age spot)を処置するための、美容剤または医薬品を製造するための、ビオチン単独での、しかしながら、好ましくは、ビタミンCまたはビオチンの誘導体を伴う使用に関する。 (もっと読む)


841 - 850 / 873