説明

ディーエスエム アイピー アセッツ ビー.ブイ.により出願された特許

871 - 873 / 873


本発明は、基材、第1層、および第2層を含む複合材料の調製方法であって、第1化合物を基材上に蒸着させ、それによって第1層を形成する第1蒸着ステップと、およびトリアジン化合物を含む第2化合物を第1層上に蒸着させ、それによって第2層を形成する第2蒸着ステップとを含み、第1および第2蒸着ステップを、第1層が0重量%から10重量%のトリアジン化合物を含むように実施する方法に関する。 (もっと読む)


本発明は、基材および基材上の層を含む複合材料の調製方法であって、トリアジン化合物を含む化合物を1000Pa未満の圧力で基材上に蒸着させ、それによって前記層を形成する蒸着ステップを含み、蒸着ステップ中、基材の温度が−15℃〜+125℃である方法に関する。さらに、本発明は、開示する方法によって得ることができる複合材料に関する。 (もっと読む)


(I)第1および第2の端部を有する外科用ケーブルと、(II)少なくとも第1および第2の固定プレートとを含む骨固定装置であって、前記第1および第2の固定プレートが、それぞれ第1および第2の中央の穴と、前記第1および第2の中央の穴を取り囲むそれぞれ第1および第2のリングとを有しており、各固定プレートの外周部が、そのリングの外縁部を形成しており、そのリングの内縁部が、それが取り囲む穴に隣接しており、第1の固定プレートが、第2のプレートの上に、プレート間に隙間を残して積み重ねられた位置にあり、穴が互いに少なくともいくらか重なり合っており、ケーブル端部を引くことによってケーブルが骨片の周りで張力を受けてこれらの骨片を固定するように、ケーブル端部が、プレート周りおよびプレート間ならびに穴の中を進む連続軌道に従う、骨固定装置。 (もっと読む)


871 - 873 / 873