説明

ディーエスエム アイピー アセッツ ビー.ブイ.により出願された特許

81 - 90 / 873


【課題】α−トコフェロール(TCP)のアルカノエート、特にα−トコフェリルアセテート(TCPA)などのクロマン誘導体製造方法の提供。
【解決手段】α−トコフェロール(TCP)及びその誘導体とアシル化剤を、少なくとも1.1バールの絶対圧で触媒としてルイス酸またはルイス酸とブレンステッド酸との混合物の存在下に反応する方法。好適な酸混合物は鉄/塩化鉄(II)/塩化水素および塩化亜鉛(II)/塩化水素である。 (もっと読む)


本発明は、一方向性高性能繊維を含んでなる多層材料シートの製造方法に関し、その方法は、繊維を平行に位置決めする工程と、繊維を圧密化して単層を得る工程と、ひとつの単層内の繊維の方向が、隣接する単層内の繊維の方向に対して角度αを成すように少なくとも2つの単層を積重する工程と、少なくとも2つの単層の積層体を、少なくとも2秒間、圧力処理および温度処理を施した後、圧力下で120℃以下の温度まで、冷却することによる固着工程とを備える。本発明は、さらに、本発明に係る方法で獲得可能な多層材料シートに関する。この多層材料シートは、低減された液体吸収量を有する。 (もっと読む)


R−置換芳香族チオエーテルトリアリールスルホニウムテトラキス(ペンタフルオロフェニル)ボレートカチオン系光重合開始剤を含む積層造形用液状放射線硬化樹脂が開示されている。積層造形用液状放射線硬化樹脂の使用方法、および積層造形用液状放射線硬化樹脂から作られた3次元製品もまた開示されている。

(もっと読む)


少なくとも1種のウレタン(メタ)アクリレートオリゴマー、少なくとも1種の反応性希釈剤モノマーおよび少なくとも1種の光開始剤を含む、光ファイバー用の放射線硬化性コーティング組成物が、記載され特許請求される。組成物は、光ファイバーにコーティングされかつ約100nm〜約900nmの波長を有する発光ダイオード(LED)光を照射された場合に光重合して、光ファイバー上に硬化コーティングを生じさせることができ、その硬化コーティングは上面を有し、またその硬化コーティングの上面の反応アクリレート不飽和パーセント(%RAU)が約60%以上である。光ファイバー用のLED硬化性コーティングで光ファイバーを被覆する方法、およびLED光を利用してコーティングが硬化された被覆光ファイバーも、記載され特許請求される。 (もっと読む)


本発明は、ε−カプロラクタム、硫酸アンモニウム、カプロラクタム製造プロセスからの1種または複数種の有機不純物を含む1種または複数種の他の不純物、および任意選択により硫酸アンモニウム以外の塩を含有する水溶液を膜プロセスによって処理し、それによって濃縮水および透過水が得られる方法であって、その方法で使用される膜が、範囲100〜1000g/モルの分画分子量を有する、ポリエーテルスルホン膜、スルホン化ポリエーテルスルホン膜、ポリエステル膜、ポリスルホン膜、芳香族ポリアミド膜、ポリビニルアルコール膜、ポリピペラジン膜、酢酸セルロース膜、酸化チタン膜、酸化ジルコニウム膜および酸化アルミニウム膜の群から選択され:水溶液中のカプロラクタムの60重量%を超える量が、膜を通って透過水側へと通過し、精製カプロラクタム含有透過水ストリームが得られ;有機不純物の少なくとも50重量%が濃縮溶液に保持される、方法に関する。 (もっと読む)


【課題】セリアック病関連エピトープを欠く食物を製造するためのプロリン特異的エンドプロテアーゼの使用法を提供する。
【解決手段】セリアック病関連エピトープを含むコムギまたはオオムギのグルテンをアスペルギルス(Aspergillus)の酵素であるプロリン特異的エンドプロテアーゼで加水分解し、得られたペプチドをセリアック病患者のためのビールおよびパンの製造に用いる。 (もっと読む)


本発明は、少なくともビニルポリマーを含む水性エマルジョンであって、前記ビニルポリマーが、a)式(I)



(式中、RおよびR’は、独立に、アルキルまたはアリール基である)を有するイタコン酸エステルモノマーを45〜99重量%と、b)イオン性または潜在的イオン性不飽和モノマーを0.1〜15重量%と、c)a)およびb)とは異なる不飽和モノマーを0〜54重量%と、モノマーa)、b)、およびc)を重合させた後に続いて添加および重合される追反応用モノマー組成物をモノマーの総重量の0.9〜54.9重量%とを含み、a)+b)+c)および追反応用モノマー組成物の合計が100%であり、かつ水性エマルジョンが、式Iの遊離イタコン酸エステルモノマーを水性エマルジョンの総重量を基準として0.5重量%未満含む、水性エマルジョンに関する。
(もっと読む)


本発明は、新規なポリグリセロールベースのUVフィルタ、及びそのような新規なポリグリセロールベースのUVフィルタを含む局所用組成物に関する。さらに本発明は、ブチルメトキシジベンゾイルメタン又はビス−エチルヘキシルオキシフェノールメトキシフェニルトリアジンの化粧料オイル中の溶解度を増大させるための、そのような新規なポリグリセロールベースのUVフィルタの使用に関する。 (もっと読む)


本発明は、動物に飼料と共に投与される、少なくとも1つのニトロオキシアルカン酸および/またはその誘導体を活性化合物として使用して、反芻動物の消化活動から生じるメタン産生を減少させる、および/または反芻動物の能力を改善する方法に関する。本発明はまた、プレミックス、濃縮物、および完全混合飼料(TMR)などの飼料および飼料添加剤中の、または大丸薬形態の、これら化合物の使用にも関する。 (もっと読む)


本発明は、新規なポリグリセロールベースのUVフィルタ、及びそのような新規なポリグリセロールベースのUVフィルタを含む局所用組成物に関する。さらに本発明は、ブチルメトキシジベンゾイルメタン又はビス−エチルヘキシルオキシフェノールメトキシフェニルトリアジンの化粧料オイル中の溶解度を増大させるための、そのような新規なポリグリセロールベースのUVフィルタの使用に関する。 (もっと読む)


81 - 90 / 873