説明

アイアールエム・リミテッド・ライアビリティ・カンパニーにより出願された特許

31 - 40 / 158


本発明は、式(1)または(2):


を有するトリアジンおよびピリミジン誘導体、および当該化合物を使用する方法に関する。例えば、本発明の化合物は、未分化リンパ腫キナーゼ(ALK)活性、c−ros癌遺伝子(ROS)、インスリン様増殖因子(IGF−1R)および/またはインシュリン受容体(InsR)の阻害またはそれらの組み合わせに応答する状態を、処置、寛解または予防するために用いられ得る。
(もっと読む)


本発明は、新規ピリミジン誘導体およびその医薬組成物、およびかかる化合物の製造方法を提供する。例えば、本発明のピリミジン誘導体は、未分化リンパ腫キナーゼ(ALK)活性、c−ros癌原遺伝子(ROS)、インシュリン様増殖因子(IGF−1R)、および/またはインスリン受容体(InsR)またはそれらの組合せの阻害hに応答する状態の処置、軽減または予防に使用し得る。
(もっと読む)


本発明は、新規のクラスの化合物、当該化合物を含む医薬組成物、および、異常なまたは脱制御されたB細胞活性に関連する疾患または状態を、特に異常なイノシトール 1,4,5−トリホスフェート 3−キナーゼB(ITPKb)の活性を伴う疾患または状態を処置または予防するために、当該化合物を使用する方法を提供する。 (もっと読む)


本発明は、新規化合物群、かかる化合物を含む医薬組成物および異常なまたは脱制御されたキナーゼ活性、特にSyk、ZAP70、KDR、FMS、FLT3、c−Kit、RET、TrkA、TrkB、TrkC、IGR−1R、Alk、c−FMS、またはそれらの組み合わせと関連する疾患または障害の処置または予防のための、かかる化合物の使用方法を提供する。
(もっと読む)


本発明は、新規化合物群、かかる化合物を含む医薬組成物および異常なまたは脱制御されたキナーゼ活性、特にSyk、ZAP70、KDR、FMS、FLT3、c−Kit、RET、TrkA、TrkB、TrkC、IGR−1R、Alk、c−FMS、またはそれらの組合せと関連する疾患または障害の処置または予防のための、かかる化合物の使用方法を提供する。 (もっと読む)


本発明は、ATP競合的BCR−ABL阻害剤、および、式(1):


の化合物であるATP非競合的BCR−ABL阻害剤の組み合わせ剤を提供する。本発明の組み合わせ剤は、BCR−ABLに関連することが知られている癌を処置するために用いられ得る。
(もっと読む)


本発明は、チロシン受容体キナーゼB(TrkB)受容体を特異的に認識し、作動性である改良された抗体または抗原結合分子、およびそれらの使用の方法を提供する。このような分子をコードするポリヌクレオチドおよびベクターならびに該ポリヌクレオチドまたはベクターを有する宿主細胞も本発明において提供される。 (もっと読む)


本発明は、化合物、該化合物を含む医薬組成物、および、GPR119の活性に関連する疾患または状態を処置または予防するための該化合物の使用方法を提供する。 (もっと読む)


本発明は、式(1)


の新規ピリミジン誘導体およびその医薬組成物、ならびにかかる化合物を用いる方法を提供する。例えば本発明のピリミジン誘導体は、インスリン様増殖因子(IGF−1R)または未分化リンパ腫キナーゼ(ALK)の阻害に応答する状態を処置、改善または予防するために使用することができる。
(もっと読む)


本発明は、プロテインキナーゼ阻害剤として有用な式(1)


の化合物およびその医薬組成物、ならびに異常なまたは脱制御されたキナーゼ活性に関連した状態を処置し、改善しまたは予防するためにかかる化合物を使用する方法に関する。ある態様において、本発明は、c−kit、PDGFRα、PDGFRβ、CSF1R、Abl、BCR−Abl、CSK、JNK1、JNK2、p38、p70S6K、TGFβ、SRC、EGFR、trkB、FGFR3、Fes、Lck、Syk、RAF、MKK4、MKK6、SAPK2β、BRK、Fms、KDR、c−rafまたはb−rafキナーゼの異常な活性が関与する疾患または障害を処置し、改善しまたは予防するためにかかる化合物を使用する方法を提供する。
(もっと読む)


31 - 40 / 158