説明

アイアールエム・リミテッド・ライアビリティ・カンパニーにより出願された特許

51 - 60 / 158


本発明は、新規化合物群、当該化合物を含む医薬組成物ならびに異常なまたは脱制御されたキナーゼ活性に関連した疾患または障害、特にc−kit、PDGFRαおよびPDGFRβキナーゼの異常な活性化が関与する疾患または障害の処置または予防のための、当該化合物の使用方法を提供する。 (もっと読む)


本発明は、化合物、このような化合物を含む医薬組成物およびGPR119の活性と関連する疾患または障害を処置または予防するためにこのような化合物を使用する方法を提供する。 (もっと読む)


本発明は、Gタンパク質共役受容体120(GPR120)を調節するために有用である式(IA)および(IB)の化合物およびそれらの医薬組成物ならびに異常または脱制御GPR120と関連する状態を処置、改善または予防するためのこのような化合物を使用する方法を提供する。
(もっと読む)


本発明は、Gタンパク質共役受容体20(GPR20)の調節に有用な化合物およびその医薬組成物、および異常なまたは脱制御されたGPR20と関連する状態の処置、軽減または予防のためのこのような化合物の使用方法を提供する。 (もっと読む)


本発明は、チャネル活性化プロテアーゼを調節するために有用である化合物および医薬組成物ならびにプロスタシン、PRSS22、TMPRSS11(例えば、TMPRSS11B、TMPRSS11E)、TMPRSS2、TMPRSS3、TMPRSS4(MTSP−2)、マトリプターゼ(MTSP−1)、CAP2、CAP3、トリプシン、カテプシンAまたは好中球エラスターゼを含む(これらに限定はされない)、チャネル活性化プロテアーゼと関連する状態を処置、改善または予防するためのこのような化合物を使用するための方法を提供する。 (もっと読む)


本発明は、チャネル活性化プロテアーゼを調節するのに有用な化合物および医薬組成物、および、チャネル活性化プロテアーゼに関連する状態を処置する、寛解するまたは予防するための当該化合物の使用方法を提供する。ここで、該チャネル活性化プロテアーゼは、プロスタシン、PRSS22、TMPRSS11(例えばTMPRSS11B、TMPRSS11E)、TMPRSS2、TMPRSS3、TMPRSS4(MTSP−2)、マトリプターゼ(MTSP−1)、CAP2、CAP3、トリプシン、カテプシン Aおよび好中球エラスターゼを含み、これらに限定されない。 (もっと読む)


本発明は、化合物、明細書中の式(I)の化合物を含む医薬組成物、および肥満症、糖尿病および高脂血症のようなGPR119(Gタンパク質共役受容体119)の活性に関連する疾患または障害を処置または予防するために、該化合物を使用する方法を提供する。 (もっと読む)


本発明は、プリン誘導体、このような化合物を含む医薬組成物およびキナーゼ活性と関連する疾患または障害、特にマラリアを処置または予防するためのこのような化合物の使用を提供する。 (もっと読む)


本発明は、チャネル活性化プロテアーゼの調節に有用な化合物および医薬組成物、および、プロスタチン、PRSS22、TMPRSS11(例えば、TMPRSS11B、TMPRSS11E)、TMPRSS2、TMPRSS3、TMPRSS4(MTSP−2)、マトリプターゼ(MTSP−1)、CAP2、CAP3、トリプシン、カテプシンA、または好中球エラスターゼを含むが、これに限定されないチャネル活性化プロテアーゼと関連する状態の処置、軽減または予防におけるそのような化合物の使用方法を提供する。 (もっと読む)


本発明は、化合物、このような化合物を含む医薬組成物およびカンナビノイド受容体1(CB1)の活性と関連する疾患または障害を処置または予防するためにこのような化合物を使用する方法を提供する。 (もっと読む)


51 - 60 / 158