説明

アイアールエム・リミテッド・ライアビリティ・カンパニーにより出願された特許

81 - 90 / 158


本発明は、カンナビノイド受容体1(CB1)の活性に関連する疾患または障害を処置するまたは予防するための式Ia、Ic、IgおよびIkの化合物、該化合物を含む医薬組成物、および該化合物を使用する方法を提供する。 (もっと読む)


本発明では、ヒトTSLP受容体を特異的に認識し、拮抗する抗体、およびTSLPシグナル伝達により媒介される疾病または障害を処置または緩解するためのこれらの抗体の使用方法が開示される。 (もっと読む)


本発明は、TRPA1を選択的に阻害するが、他の熱TRPイオンチャネルファミリーのメンバーを阻害しない化合物を提供する。また、本発明において、有害機械的感覚によって介在される疼痛を処置または緩解するための、TRPA−1特異的阻害剤を用いる方法を提供する。 (もっと読む)


本発明は一群の新規な化合物、この化合物を含む医薬組成物および異常または脱制御されたキナーゼ活性に関連する疾患または疾病、特にAbl、Bcr−Abl、Bmx、b−RAF、c−RAF、c−SRC、KDR、CSK、FGFR3、JAK2、Lck、Met、PKCα、SAPK2α、Tie2、TrkBおよびP70S6Kキナーゼの異常な活性化が関与する疾病または疾患を処置または予防するためのこの化合物の使用法を提供する。これらの化合物は式示の構造(式I)を持つが:式中、R1は−NRおよび−NRC(O)Rから選択され;ここにRは水素およびC1−6−アルキルから選択され;Rは水素、C1−6−アルキル、−NR10、C6−10−アリール−C0−4−アルキル、C1−10−ヘテロアリール−C0−4−アルキル、C3−12−シクロアルキル−C0−4−アルキルおよびC3−8−ヘテロシクロアルキル−C0−4−アルキルから選択され;ここにRのアリール、ヘテロアリール、シクロアルキルまたはヘテロシクロアルキルはいずれも要すればC1−6−アルキル、C1−6−アルコキシ、−QNR10およびC3−8ヘテロシクロアルキル−C0−4−アルキルから独立に選択される残基1個〜3個で置換されていてよく;ここにQは結合およびC1−4−アルキレンから選択され;Rは水素およびC1−6−アルキルから選択され;RおよびR10は水素およびC1−6−アルキルから独立に選択され;Rは水素およびC1−6−アルキルから選択され;Rは水素およびC1−6−アルキルから選択され;Rは水素、ハロ、C1−6アルキル、C1−6−アルコキシ、ハロ置換−C1−6−アルキルおよびハロ置換−C1−6−アルコキシから選択され;Rは−C(O)NHR11および−NHC(O)R11から選択され;ここにR11はC6−10−アリールおよびC1−10−ヘテロアリールから選択され;ここにR11のアリールまたはヘテロアリールはいずれも要すればハロ、C1−6−アルキル、C1−6−アルコキシ、ハロ置換−C1−6−アルキル、ハロ置換−C1−6−アルコキシ、ジ−C1−4−アルキル−アミノ−C1−6−アルコキシ、ジ−C1−4−アルキル−アミノ−C1−6−アルキル(C1−4−アルキル)アミノ、C1−10−ヘテロアリール−C0−4−アルキル、C3−8−ヘテロシクロアルキル−C0−4−アルキルおよびC3−8−ヘテロシクロアルキル−オキシから独立に選択される残基1個〜3個で置換されていてよく;ここにR11のヘテロアリールまたはヘテロシクロアルキル置換基はさらに要すればC1−6−アルキルおよびヒドロキシ−C1−6−アルキルから独立に選択される基1個〜2個で置換されていてよく;XおよびYはNおよびCHから独立に選択され;およびその医薬的に許容される塩、水和物、溶媒和物および異性体。
【化1】

(もっと読む)


本発明は、化合物、そのような化合物を含む医薬組成物および肝臓X受容体(LXR)の活性と関連する疾患または障害の処置または予防のためにそのような化合物を使用する方法を提供する。 (もっと読む)


本発明は、化合物、当該化合物を含む医薬組成物およびペルオキシソーム増殖因子活性化受容体(PPAR)ファミリーの活性に関連する疾患または障害の処置または予防のための当該化合物の使用法を提供する。 (もっと読む)


本発明は、化合物、このような化合物を含む医薬組成物およびペルオキシソーム増殖剤活性化受容体(PPAR)ファミリーの活性が関連する疾患または障害の処置または予防におけるこのような化合物の使用方法を提供する。 (もっと読む)


本発明は、化合物、このような化合物を含む医薬組成物およびペルオキシソーム増殖剤活性化受容体(PPAR)ファミリーの活性が関連する疾患または障害の処置または予防におけるこのような化合物の使用方法を提供する。
【化1】

(もっと読む)


本発明は、新規HIV相互作用性宿主因子を提供する。本発明はまた、HIV相互作用性宿主因子の使用によるHIV感染を阻害する化合物に関するスクリーニング方法を提供する。本方法では、まず、本明細書で開示したHIV相互作用性宿主因子のモジュレーターについて試験化合物をスクリーニングにかけ、次いでHIV感染の阻止能力について同定された調節性化合物をさらにスクリーニングにかける。さらに本発明は、HIV感染に関連した疾患および状態を処置する方法および医薬組成物を提供する。 (もっと読む)


本発明は、式
【化1】


で示される化合物(I)、このような化合物を含む医薬組成物、およびペルオキシソーム増殖因子活性化受容体(PPAR)ファミリーの活性、特にPPARδと関連する疾患または障害を処置または予防するためのこのような化合物を使用するための方法を提供する。
(もっと読む)


81 - 90 / 158