説明

ブランシェット・ロックフェラー・ニューロサイエンスィズ・インスティテュートにより出願された特許

1 - 10 / 25


【課題】アルツハイマー病の治療および認知の向上のための方法の提供。
【解決手段】PKCアクチベーターおよびPKCインヒビターの組合せを含む組成物。認知能力の低下する疾患、特にアルツハイマー病に罹患した個体において、α−セクレターゼ活性を調節し;認知能力を改善または向上させ;および/または神経変性を軽減する方法。脳でプロテインキナーゼC(PKC)を活性化すること、および末梢組織においてPKCを阻害することを含む、非アミロイド産生性可溶性APP(sAPP)の生成を増大させるための方法。大環状ラクトン(すなわちブリオスタチンのクラスおよびネリスタチンのクラス)は、組成物で使用される好ましいPKCアクチベーターであり、ビタミンEは、好ましいPKCインヒビターである。 (もっと読む)


【課題】以下の各種方法の提供。記憶損失を有すると確認された被検体において、有効量のPKC活性化因子をタンパク質キナーゼC(PKC)と接触させる工程を含む、記憶及び学習の損失を緩徐化又は逆転する方法の提供。細胞成長、ニューロン成長、樹状突起の成長、樹状突起棘形成、樹状突起棘密度、及びELAVの近位の樹状突起へのトランスロケーション、及びシナプスリモデリングを刺激する方法の提供。長期記憶を固定するのに十分なタンパク質合成を刺激するのに十分な様式で、タンパク質キナーゼC(PKC)活性化因子をPKC活性化因子と接触させる方法の提供。PKCを下方制御するのに十分な様式でタンパク質キナーゼC(PKC)活性化因子をPKC活性化因子と接触させる方法を提供。
【解決手段】大環状ラクトン、ベンゾラクタム及びピロリジノンから選択されるPKC活性化因子を含む医薬組成物。 (もっと読む)


【課題】ヒト皮膚繊維芽細胞における、アミロイド前駆体蛋白質の蛋白質分解、アミロイド蛋白質βの分泌、および/またはtau蛋白質のリン酸化をインビトロで減らすための方法を提供する。
【解決手段】ヒト皮膚繊維芽細胞における、アミロイド前駆体蛋白質の蛋白質分解、アミロイド蛋白質βの分泌、および/またはtau蛋白質のリン酸化をインビトロで減らすための方法であって,細胞を、コントロール細胞のレベルにまでリン酸化の減少に効果的なMAPKリン酸化のインヒビターと接触させることを含み、前記インヒビターがビスインドリルマレイミド-1(BiSM-1)、蛋白質ホスファターゼ1(PP1)、または2−アミノエトキシジフェニルボラートである方法。 (もっと読む)


【課題】認知能力の低下する疾患、特にアルツハイマー病に罹患した個体において、α−セクレターゼ活性を調節し;認知能力を改善または向上させ;および/または神経変性を軽減する方法、および、認知能力を改善または向上させるための方法、および、脳でプロテインキナーゼC(PKC)を活性化すること、および末梢組織においてPKCを阻害することを含む、非アミロイド産生性可溶性APP(sAPP)の生成を増大させるための方法の提供。
【解決手段】PKCアクチベーターおよびPKCインヒビターの組合せを含む組成物。大環状ラクトン(すなわちブリオスタチンのクラスおよびネリスタチンのクラス)は、組成物で使用される好ましいPKCアクチベーターであり、ビタミンEは、好ましいPKCインヒビターである。 (もっと読む)


【課題】治療剤を血液−脳関門(BBB)を渡ってターゲットにデリバーするための高効率の人工低密度リポタンパク質(LDL)キャリアシステムの提供。
【解決手段】3つの脂質エレメント:ホスファチジルコリン、脂肪酸−アシル−コレステロールエステル、および少なくとも一のアポリポタンパク質を含む人工LDL粒子の提供。更に、脳疾患を予防および治療するために薬剤をBBBへ向けBBBを通過させるための人工LDL粒子を含む組成物、方法およびキット。 (もっと読む)


【課題】抗うつ活性の薬剤をスクリーニングする方法を提供する。
【解決手段】抗うつ活性の薬剤をスクリーニングする方法であって、下記工程を具備する方法:a)試験被検者に薬学的に許容される担体中の薬剤を投与すること、及び、対照被検者に前記薬学的に許容される担体を投与すること;b)前記試験被検者及び対照被検者をそれぞれ水のプールに入れ、試験期間の間に水泳した距離及び/又は持続時間を測定すること;及びc)試験被検者の水泳の距離又は持続時間を、対照被検者と比較すること、ここにおいて、対照被検者と比較して増加した試験被検者の水泳の距離又は持続時間が、抗うつ活性を示す。 (もっと読む)


【課題】α−セクレターゼを調節する、および/または、認知能力を改善する、組成物および方法の提供。
【解決手段】PKC活性化因子、特にPKCα、PKCδ、およびPKCεを選択的に活性化する因子を投与する。具体的には、マクロサイクリックラクトン(macrocyclic lactone)、ベンゾラクタム(benzolactam)、ピロリジノン(pyrrolidinone)又はその組み合わせが好ましく用いられる。 (もっと読む)


本発明は、対照対象のPKCイプシロンレベルと比較したヒト患者のPKCイプシロンタンパク質レベルの比の変化を検出することにより、ヒト患者においてアルツハイマー病を診断する方法に関する。本明細書中に開示されているアルツハイマー病に特異的な分子バイオマーカーは、アルツハイマー病の診断およびアルツハイマー病を治療または予防するための化合物を同定するためのスクリーニング法に有用である。本発明はまた、PKCイプシロンタンパク質レベルを上げるための方法であって、1以上のヒト細胞を、無接触のヒト細胞と比較してPKCイプシロンレベルを上げるために効果的な、ある量のPKCアクチベーターと接触させるステップを含む方法を提供する。 (もっと読む)


アルツハイマー病を診断する方法が提供される。少なくとも5つの方法の診断的測定が示される:方法1:集積スコア;方法2:凝集の数あたりの平均凝集面積;方法3:細胞遊走分析;方法4:フラクタル分析;方法5:空隙性分析。ある実施形態において、対象の皮膚のサンプルが、繊維芽細胞のネットワークを提供し、それは撮像され、画像のフラクタル次元が算出される。フラクタル次元は、年齢が一致するコントロール(非アルツハイマー病細胞)データベースに対して比較されて、対照がアルツハイマー病を有するか否かが決定される。繊維芽細胞のネットワークは、マトリックス、例えば、タンパク質中で培養されてよい。 (もっと読む)


本発明は、ベータ−アミロイドペプチドの不在下および存在下で、任意にPKC活性化因子の存在下で、試験対象の末梢細胞において異なるPKCアイソザイムの比を決定することによって得られるPKCアイソザイムインデックスを用いることによる、非AD状態からのADを診断するための方法を提供する。 (もっと読む)


1 - 10 / 25