説明

アーゴ−テック・コーポレーションにより出願された特許

1 - 5 / 5


燃料ポンプ(16)を監視する燃料ポンプ監視システム(10)およびこのシステムを使用する方法を提供する。燃料ポンプ監視システムは、表示装置(22)、情報網(20)、データ通信網(18)、監視装置(12)、および情報サーバ(14)を含む。監視装置は、環境パラメータを収集し、乗物から独立して動作する。一実施形態では、監視装置はGPS技術を使用する。燃料ポンプ情報サーバは、燃料ポンプ情報および関連する情報を加入者に供給する。一実施形態では、監視装置は、イリジウム(R)衛星コンステレーション(28)と通信し、燃料ポンプが実質的に世界中のどこにある時でも、加入者に対して情報が表示される。別の実施形態では、表示装置は、イリジウム(R)衛星コンステレーションと通信し、加入者が実質的に世界中のどこにいる時でも、好ましくはインターネット(36)を介して、加入者に対して情報が表示される。
(もっと読む)


燃料送出装置10は、燃料加圧用可変容積ポンプ20を備える。可変容積ポンプは、燃料の第1所望質量流量のための個別の第1ポンプ押退け容積の設定と、燃料の第2所望質量流量のための個別の第2ポンプ押退け容積の設定とを有する。可変容積ポンプは、第1および第2ポンプ押退け容積の設定の一方のみの状態で稼動する。可変容積ポンプの下流にある調量弁を有する燃料制御器22は、燃料送出を選択的に調整する。
(もっと読む)


本発明は、内部ポンプ・チャンバ200、それへの入口40′、およびそこからの出口42′を備えたハウジング10′を有する歯車ポンプに向けられている。出口は入口から離間されている。1組の回転歯車330、332がチャンバ内に配置される。歯車は、回転中に噛み合う歯を含む。歯車は好ましくは粉末金属構造であり、回転軸を有するシャフト230、232に固定される。1組の一体ベアリング210、212がチャンバ内に配置され、各シャフト320の第1および第2端部の一方を軸受けする。一体ベアリングは、シャフトの第1および第2端部の正確な整列を与え、シャフトを平行に維持する。 (もっと読む)


【課題】
【解決手段】ポンプ組立体用の改良された高性能インデューサは1:1以内の蒸気−液体の比を実現し得るよう1組みの1次ブレード及びスプリッタブレードを有する。圧送した流体の蒸気成分が除去される、ブレード内に流体を供給するのを助けるため、最小の背圧が前縁にて提供される。ハブの直径は、ヘリカルブレードの軸方向距離に亙って増大し、これによりインデューサの入口と出口との間にてブレードの深さが減少する。流体を貯蔵リザーバから除去するときの顕著な改良が実現され、その結果、輸送コストは実質的に節減される。
(もっと読む)


可動資産(16)を追跡する追跡システム(10)及びこのシステムを用いる方法。追跡システムは、監視装置(22)、追跡情報ネットワーク(20)、データ通信ネットワーク(18)、トラッカタグ(12)及び追跡情報サーバ(14)を含む。トラッカタグはGPS技術を用いる。追跡情報サーバは、メッセージングシステムを介してメッセージでトラッカタグへ、プログラムされた命令を与える。トラッカタグはメッセージングシステムからメッセージを取り出す。追跡情報サーバは、追跡情報及び関連情報を加入者へ提供する。一例では、トラッカタグはイリジウム衛星コンステレーション(28)と通信し、追跡情報は、資産が実質的に世界の何れにかにあれば加入者に表示される。別の例では、監視装置はイリジウム衛星コンステレーションと通信し、追跡情報は、加入者が実質的に世界の何れかにいれば、好適にはインターネット(36)を介して加入者に表示される。
(もっと読む)


1 - 5 / 5