ユニベルシテ・ルネ・デカルト・パリ 5により出願された特許

1 - 6 / 6


【課題】B Streptococcusの高度に病原性のST-17クローンの迅速、単純かつ特異的な検出を可能とするポリヌクレオチド、前記ポリヌクレオチドによりコードされたポリペプチド、前記ポリペプチドに対する抗体、および前記ポリヌクレオチド、前記ポリペプチドまたは前記抗体を用いて特異的に検出するためのキットおよび方法を提供する。
【解決手段】特定の配列からなるST−17クローンの株の表面タンパク質Gbs2018をコード化しているB群連鎖球菌遺伝子。 (もっと読む)


本発明は、HIVまたは全身性自己免疫疾患に罹患している対象における血栓形成傾向の診断方法であって、前記対象から得られた血液試料において、活性化プロテインC(APC)補因子活性を有する遊離プロテインSのレベルと総プロテインSのレベルとを決定することを含む方法に関する。
(もっと読む)


本発明は、骨移植、エンジニアリングおよび再生を目的とする5000および100000g/molの間の重量平均モル質量のフカン類の使用に関する。 (もっと読む)


本発明は、B Streptococcusの高度に病原性のST-17クローンの迅速, 単純かつ特異的な検出を可能とするポリヌクレオチドに関する。また、本発明は、前記ポリヌクレオチドによりコードされたポリペプチドに、同様に前記ポリペプチドに対する抗体に関する。また、本発明は、B STREPTOCOCCUSの高度に病原性のST-17クローンを本発明のポリヌクレオチド, ポリペプチドまたは抗体を用いて特異的に検出するためのキットおよび方法に関する。 (もっと読む)


本発明は、血管幹細胞が濃縮された細胞集団を取得するための方法に関する。血管幹細胞は、様々な目的に使用することができ、特に末梢の虚血及び心筋梗塞を含む虚血性疾患の治療のための細胞療法に使用することができる。 (もっと読む)


アテローム性動脈硬化症、例えば一次または二次アテローム性動脈硬化症、高血圧、糖尿病または神経変性疾患、例えばアルツハイマー病の予防または処置を目的とする医薬の製造のための、式(I)(式中、Rは−Hを表す)を有する少なくとも1種の化合物またはその薬学的に許容され得る塩と組み合わせた、少なくとも1種のスタチンまたはその薬学的に許容され得る塩の使用に関する。
(もっと読む)


1 - 6 / 6