説明

コンパニ・プラステイツク・オムニウムにより出願された特許

1 - 10 / 11


本発明は、好ましくはライニングの1つの縁に沿って細長い、少なくとも1つのくぼみ(14)を有する車両ボンネット用ライニング(10)であって、くぼみが、その端部から離れて、くぼみの全体長さに沿って同一の形で同時にかつ連続的に再現されない少なくとも1つの特異性(36A、36B、56、68、97)を有する車両ボンネット用ライニング(10)を提供する。
(もっと読む)


本発明は、第1の材料からなるアウタパネル(10)と、第1の材料とは異なる第2の材料からなるライニング(12)とを含む、車両のボンネットの組立方法に関し、前記方法は、樹脂を主成分とする接着剤を、ボンネットが組み立てられるときに接着剤がアウタパネルとライニングとの間に配置されるように、アウタパネルまたはライニングに塗布するステップと、接着剤の少なくとも一部を硬化する硬化ステップとを含み、この硬化ステップが、場合によっては、ボンネットを電気泳動浴に含浸した後で、必要に応じて行われるボンネットの乾燥処理ステップとは別に行われる。
(もっと読む)


本発明は、目に見える外板(13)と、ライニング(12)とを備える自動車のボンネット(10)であって、ボンネット(10)が、外板(13)とライニング(12)とによって画定される複数の中空体(21)を特徴とする補強部を備え、かつ補強部が設けられていない少なくとも1つの領域(22)をボンネットの下方に位置する剛体部品(23)に面して備えるように、ライニング(12)が構成されているボンネット(10)に関する。補強部が、複数の中空体(21)のうちの2つの間を延びてこれらの中空体(21)を接続する少なくとも1つのリブ(28)をさらに備える。
(もっと読む)


本発明は、自動車のウイング(1)に嵌合するためのガラス(5)を備えた光ユニット(6)のハウジング構造体(8)に関し、ウイング(1)およびガラス(5)は、ウイング上に光ユニットのガラス(5)を整列させるための手段(16−20)を含み、ハウジング構造体(8)上に光ユニット(6)を固定するためにウイングおよび手段(21−26)上にハウジング構造体8を固定するための手段(13、14)を含むことを特徴とする。この手段は、整列手段によって付与されたウイング上のガラス(5)の整列を維持する。さらに本発明は、自動車の外側モジュール、ウイング、およびウイング上に光ユニットを組み立てる方法に関する。
(もっと読む)


本発明は、導電性表面を有するフッ素重合体テープを対象とする。より詳細には、本発明は、ポリテトラフルオロエチレン(PTFE)テープ、およびPTFEと気相成長炭素繊維またはカーボンナノチューブまたは両者の組み合わせを混合することにより導電性テープを製造する方法を対象とする。
(もっと読む)


【課題】フードの周囲に車体部品を基準位置に合わすことができ、フェンダーの形状だけを変えることによって、様々なタイプの車両にフレームを再利用できる自動車前部を提供する。
【解決手段】本発明は、少なくとも閉鎖位置をとることができるフードの支持に適した自動車フードフレーム3を含む自動車前部に関し、前記フードフレームが、閉鎖位置でフード2の周辺に沿って延び、周囲の車体部品を基準位置に合わす点6を含む。 (もっと読む)


【課題】エンジンフードにスカットル領域を組み込むことによって、車両の前方領域を軽量化することができる自動車のフードを提供する。
【解決手段】本発明は、外皮2とフードの裏板部材3とを含む自動車のフード1に関し、フードの裏板部材3に結合される後部ケーソン4を含み、前記後部ケーソンは、フードが前記車両に組み付けられると車両のフロントガラス5の基部にくるように構成されていることを特徴とする。 (もっと読む)


本発明は、ポリオレフィンの外側スキン12から成る外観部品およびその膨張係数がスキンの膨張係数より小さい構造部品14を備え、前記2つの部品が、2つの部品の1つの表面に他方の部品の表面に対向して貼り付けられた接着片によって結合される自動車のスライディングルーフに関する。前記接着剤は、破断伸びが20から800%の範囲であり、その破断伸びの一部が純粋な弾性伸びであること、およびヤング率が0.5から300MPaの範囲であることを示している。貼付け片の呼び厚さは、接着後で0.8から3mmの範囲である。
(もっと読む)


本発明は、自動車の前方ボンネットの停止体(24)のための支持体(22)に関する。閉鎖状態にあるとき、前方ボンネットは停止体(24)に押し付けられる。歩行者衝突によって生じる応力に相当する、所定の閾値を上回る概ね垂直の応力をボンネットが被るとき、支持体(22)は座屈する。本発明はまた、前方ボンネット支持体に関する。本発明はさらに、この支持体(22)を設けた自動車の任意の部品(16)に、特に技術的前方表面横材(16)、バンパー補強材(12)、及びバンパースキン(14)に関する。
(もっと読む)


金属クロスバー12と、金属クロスバー12上に成形されるプラスチック製の補強リブ14とを含む、衝撃吸収ビーム10。
(もっと読む)


1 - 10 / 11