有限会社川住製作所により出願された特許

1 - 3 / 3


【課題】傘を確実に支持することができ、支持された傘が後キャリアに荷物を載せることを邪魔することがなく、馬蹄錠が付いている自転車においても容易に取り付けることができる自転車における傘の支持具装置を提供する点にある。
【解決手段】シートポスト2の上部と後輪3の車軸4との間を左右一対の後輪ステーフレーム5にて連結し、これら後輪ステーフレーム5のシートポスト側部位のそれぞれに、後キャリア6の左右一対の前側ステー7を固定するための台座部8を備えてなる自転車において、前記台座部8のうちの少なくとも一方に、該後キャリア6のバックステー9と後輪3のスポーク3Aとの隙間に配置した筒状の傘ホルダーAの長手方向前側をボルトB1にて固定し、前記傘ホルダーAの長手方向後側を後泥除けステー10に固定手段を介して固定した。 (もっと読む)


【課題】 必要最低限の覆う箇所を2箇所に分担して覆うように構成することによって、各カバーの大きさを小さく抑えることができ、カバーにて覆う作業及びカバーを折り畳む作業を迅速に行うことができ、しかも、簡素な構成で実現することができる二輪車用カバーを提供する点にある。
【解決手段】 二輪車の前籠とハンドルとの間に位置させて取り付けられた袋部材8内に、前籠を上方から覆い被せる第1のカバー部材3と、ハンドルから座席部に渡って上方から覆い被せる第2のカバー部材5とをそれぞれ別々に収納可能な2つの収納部6,7を備えさせ、2つのカバー部材3,5のそれぞれの一端を各カバー部材の外面が収納部6,7内面に接触する状態で収納部6,7に連結した。 (もっと読む)


【課題】 長尺物をかごに収容する場合には、伸長姿勢にすることによって、長尺物をかごに良好に収容することができながらも、通常の収容時には自転車のかごの内部空間が小さくなったり、柔らかい収容物がつぶれてしまうことを回避することができる自転車かごカバーを提供する。
【解決手段】 本体カバー部2と、伸長姿勢と収納姿勢とに姿勢変更自在に構成された筒状の補助カバー部3と、前記補助カバー部3の上端開口部に設けられた蓋部4と、前記蓋部4を補助カバー部3に固定及び固定解除自在にするための蓋用ファスナー5と、前記補助カバー部3の中間部が前記本体カバー部2の内部に折り込まれた収納姿勢に姿勢変更された状態において、前記補助カバー部3の中間部を除いた上端側と下端側とを連結固定及び連結解除自在とするための上下方向で2つに分離可能なオープンファスナー6とを備える。 (もっと読む)


1 - 3 / 3