独立行政法人国立病院機構により出願された特許

1 - 10 / 37


【課題】くすぶり型又は慢性型の成人T細胞白血病(ATL)患者における急性転化後の治療方針を決定するための方法及びキットを提供する。
【解決手段】くすぶり型又は慢性型の成人T細胞白血病患者より採取された試料中のCD30と、インターロイキン−2受容体及び/又は乳酸脱水素酵素活性とを測定することを含む、当該患者におけるATLの急性転化後の治療方針を決定するための方法;CD30測定用試薬を含有することを特徴とする、くすぶり型又は慢性型ATL患者における急性転化後の治療方針決定用キット。 (もっと読む)


【課題】くすぶり型又は慢性型の成人T細胞白血病(ATL)患者におけるATLの急性転化を判定するための方法及びキットを提供する。
【解決手段】くすぶり型又は慢性型の成人T細胞白血病患者より採取された試料中のCD30を測定することを含む、当該患者におけるATLの急性転化を判定するための方法;CD30測定用試薬を含有することを特徴とする、くすぶり型又は慢性型ATL患者におけるATLの急性転化判定用キット。 (もっと読む)


【課題】移植後の拒絶反応を抑制する方法の提供。
【解決手段】IL-6阻害剤を有効成分として含有する、細胞傷害性T細胞の誘導抑制剤。IL-6阻害剤がIL-6を認識する抗体。IL-6阻害剤がIL-6受容体を認識する抗体。抗体がモノクローナル抗体である。抗体がヒトIL-6またはヒトIL-6受容体を認識する抗体である。抗体が組換え型抗体。抗体がキメラ抗体、ヒト化抗体またはヒト抗体である。 (もっと読む)


【課題】抗てんかん薬による薬疹リスクを検査する方法を提供する。
【解決手段】第6染色体短腕21.33領域に存在する一塩基多型、例えばHLA−Aアレルの遺伝子型を分析し、該分析結果に基づいて抗てんかん薬による薬疹リスクを検査する。抗てんかん薬がカルバマゼピンであり、HLA−Aアレルの遺伝子型を分析することにより前記一塩基多型が分析され、HLA−A*3101と連鎖不平衡の関係にある一塩基多型を含む10塩基以上の配列、又はその相補配列を分析する方法。 (もっと読む)


【課題】自由に配列や位置決めが可能であり、S/N比の高い生体電気信号を得ることができる電極プローブ、電極プローブ導入用グリッド、および、電極プローブの製造方法を提供する。
【解決手段】電極プローブ100は、ベース部10と、一または複数の電極20と、電極に接続された一または複数の配線30と、ベース部10に付された金属箔と、を備え、電極プローブ製造方法は、一または複数の電極および電極に接続された一または複数の配線を含む回路を基板上に作成する第一の工程と、回路が作成された基板に、金属箔を付す第二の工程と、金属箔が付された基板をレーザ微細加工装置で切り出すことにより、ベース部を形成する第三の工程と、を含む。 (もっと読む)


【課題】下肢筋力や運動機能が低下している運動障害者や高齢者等の利用者を対象に、歩行時や起居動作時の安定性を確保して転倒を防止することができる、動作安定支援装置および動作安定支援方法を提供することを課題とする。
【解決手段】本発明は、利用者の靴底の接地面の圧力を検出する圧力センサ、および、少なくとも一方の靴の側方に安定支持板を展開可能な安定化機構に接続された、少なくとも制御部を備えた動作安定支援装置であって、圧力センサにより検出された圧力に基づいて、重心位置を算出し、算出した重心位置が支持基底面の外側となるか否かを判定することにより、側方転倒の可能性を判定し、側方転倒の可能性が判定された場合に、安定化機構を制御して安定支持板を展開させる制御を行うことを特徴とする。 (もっと読む)


【課題】聴覚障害における主たる症状である難聴を患う患者において、難聴及び難聴に伴う副症状の予防又は治療に有効な医薬を提供する。
【解決手段】下記一般式(1)で表される化合物及び薬理学的に許容されるその塩のうちの少なくとも1種を有効成分として含有する、難聴及び難聴に伴う副症状の予防又は治療のための医薬。


(式中、m、nは、それぞれ独立に、2〜4の整数を表す。) (もっと読む)


【課題】インフルエンザウイルスの失活に有効な相対湿度を保持し、適正な陰圧を保持し、患者を快適に収容することができる感染拡大防止ブースを提供する。
【解決手段】ベッドを覆うクリーンブースを室内に形成するための包囲体と、ブース内の空気を浄化して該ブース外に排出するための送風器と、ベッド上でのブース内の空気流のむらを解消すべく該ベッドに沿った空気循環流を生成するための補助ファンと、ブース内の湿度を調整するための加湿器とを含む感染防止ブース。包囲体により形成されるブース容量は6m〜15mであり、包囲体にはほぼ100cmの空気取り入れ口が形成され、送風器は0.1m/分〜1.28m/分の送風能力を有し、補助ファンによる循環空気風量は、1m/分〜2.5m/分であり、加湿器による加湿水分量は0.4kg/hr以下であり、ブース内の相対湿度が45%RH〜65%RHに保持される。 (もっと読む)


【課題】特定部位に選択的に高効率にウイルスを導入することができる繊維状構造体、および、繊維状構造体製造方法を提供することを目的とする。
【解決手段】本発明の繊維状構造体は、繊維に、ウイルスとの結合親和性を有するヘパリンを結合させたことを特徴とし、本発明の繊維状構造体製造方法は、繊維にヘパリン結合処理を施す第一工程と、上記第一工程にてヘパリンが結合した上記繊維にウイルスを添加する第二工程と、上記第二工程にて上記ウイルスが添加された上記繊維を洗浄することにより、上記ヘパリンを介して上記ウイルスが結合した繊維状構造体を生成する第三工程と、を含むことを特徴とする。 (もっと読む)


【課題】新しい作用機序を有し、副作用が少ない、優れた抗HIV活性を有する化合物を提供すること
【解決手段】一般式


「式中、R、R、R、RおよびRは、同一または異なって、水素原子、ハロゲン原子またはアミノ基などを:RおよびRは、同一または異なって、C1−2アルキル基を;ZおよびZは、同一または異なって、CHまたはNを示す。」で表される化合物またはその塩は、優れた抗HIV活性を有し、抗HIV剤として有用である。 (もっと読む)


1 - 10 / 37