説明

国立大学法人九州大学により出願された特許

851 - 860 / 960


【課題】ナイシンを含み、保存安定性に優れた洗浄剤組成物を提供する。ナイシンは酸性域で安定であることを見い出したが、界面活性剤は酸性域での安定性が確保できないものが多く、また、洗浄剤としては、皮膚刺激性が低く、洗浄に用いる濃度に調節された溶液状態でナイシンの保存安定性に優れたものが好ましい。
【解決手段】適切なスクリーニング系により選択した界面活性剤を用いる。本発明は、すなわち、A)抗菌上有効量のナイシン、及びB)ナイシン活性を低減させない成分の一種以上からなる、洗浄上有効量の界面活性剤を含む、洗浄剤組成物を提供する。本発明の洗浄剤組成物に用いられるナイシン活性を低減させない界面活性剤成分としては、例えば、アルキルグリコシドがある。 (もっと読む)



Notice: Undefined index: from_cache in /mnt/www/gzt_applicant_list.php on line 189


Notice: Undefined index: from_cache in /mnt/www/gzt_applicant_list.php on line 189

【課題】くも膜下出血の治療剤またはくも膜下出血の予後改善剤の提供。
【解決手段】 PAR1阻害作用を有する化合物もしくはその薬学的に許容される塩又はそれらの水和物を含有する、くも膜下出血の治療剤またはくも膜下出血の予後改善剤。 (もっと読む)


【課題】
鰻の蒲焼加工で発生する残渣から油脂成分を回収する方法として、前処理に人手をかけず、DHAやEPAなどの不飽和脂肪酸の酸化・変質が少なく、安価で高品質の有用成分を得ることで学習能力増強、記憶力増強、痴呆予防などすぐれた脳機能改善効果を有する機能性油脂として、多機能性食品や医療品などの提供を図る。
【解決手段】
鰻加工残渣の苦だまや腸管のついた肝など内臓のついた中骨をそのまま原料スラリーとして、蛋白質分解酵素にて加水分解させ酵素分解塔の上部に設けた静置部から得られる油脂成分が脳機能改善効果を有する機能性油脂であることをラットへの摂食実験を行い、脳ホスファチジルコリンの脂肪酸組成を調べ、鰻の加工残渣である頭のみや中骨のみと比べて有意に高い値を示すことで鰻の内臓を含む原料が顕著に脳機能改善効果を有する機能性油脂であることを提供する。 (もっと読む)



Notice: Undefined index: from_cache in /mnt/www/gzt_applicant_list.php on line 189

【課題】 担体に固定化したマンガンペルオキシダーゼの作用で得られた3価マンガンを用いて重合反応を行う際に、反応系からマンガンペルオキシダーゼを廃棄せず、安価に目的物を製造し、かつその重合を精密に条件制御して行い、特定の二量体又はポリマーを安定した収率で効率よく得るための製造方法を提供する。
【解決手段】 マンガンペルオキシダーゼを固定化した担体を充填したカラムに、酸化剤と2価マンガンを含む水性溶媒を流し、2価マンガンを3価マンガンに酸化する第一工程と、3価マンガンを含む水性溶媒の反応器への供給量及び3価マンガン濃度を測定し、3価マンガン供給量を測定しながら反応器へ供給する第二工程と、3価マンガン供給量に基づき調整された量の基質を反応器へ供給する第三工程と、反応器中で3価マンガン存在下に基質を重合させて二量体又はポリマーを得る第四工程と、を有することを特徴とする二量体又はポリマーの製造方法。 (もっと読む)



Notice: Undefined index: from_cache in /mnt/www/gzt_applicant_list.php on line 189

【課題】 電池に適用した場合に十分な充放電容量などの特性を発揮し得るLi2MePO4Fを含む活物質を、特にMeの部位にFeやMnを用い場合であっても、容易に製造し得る方法を提供する。
【解決手段】 式:Li2MePO4F(式中、MeはFe、Co、MnおよびNiからなる群より選択される少なくとも1種の遷移金属元素)で表される材料の原料を混合し、得られた混合物を溶融することによって、上記式で表される材料を含む非水電解質用活物質を得る。 (もっと読む)


【課題】カテキン類を利用する血圧調整剤の提供。
【解決手段】エステル型カテキン、特に下記一般式で示され、緑茶又は包種茶から抽出して得られるメチル化カテキンを含有する血圧調整剤。
(もっと読む)


851 - 860 / 960