説明

国立大学法人九州大学により出願された特許

871 - 880 / 960



Notice: Undefined index: from_cache in /mnt/www/gzt_applicant_list.php on line 189

【課題】微生物を用いてビニルアルコール系ポリマーを効率的に分解する方法、特に固体状のビニルアルコール系ポリマーを水への溶解又は浸漬操作を経なくても効率的に分解することができる方法を提供すること。
【解決手段】キカイガラタケ属菌(Gloeophyllum.sp)又は該菌の培養物をビニルアルコール系ポリマーに接触させる工程を含む、該ビニルアルコール系ポリマーの分解方法。 (もっと読む)


【課題】 実用化が容易である蛍光性ガラス、光導波路、光ファイバ、光コヒーレンストモグラフィ装置、及び光ファイバレーザを提供する。
【解決手段】
本発明による蛍光性ガラスは、添加物としてBiを含有する石英系ガラスであり、波長980nm帯の励起光で励起され、蛍光を発生する。あるいは、本発明による蛍光性ガラスは、添加物として少なくとも1種類の遷移金属を含有し、980nm帯吸収スペクトルの半値全幅が10nmを超える。あるいは、本発明による蛍光性ガラスは、添加物として少なくとも1種類の遷移金属を含有する石英系ガラスであり、励起光強度が一定で且つ温度が−5℃以上65℃以下である場合において、蛍光スペクトルのピークにおける強度が−1dB以上1dB以下の範囲内で変動する。 (もっと読む)


【課題】 二次電池用正極材料FePOを入手が容易な一次原料から安全で安価に合成し得る製造方法を提供すること。
【解決手段】 溶液中でリン酸イオンを遊離する化合物(リン酸HPO、五酸化リンPO、リン酸二水素アンモニウムNHPO等)と金属鉄の水溶液を擂潰、撹拌することなく、静置することだけで反応させ、その後、焼成することを特徴とする、二次電池用正極材料FePOの製造方法。 (もっと読む)


【課題】 ニトリロ三酢酸と鉄の錯体を用いたリン酸化ペプチドを検出する方法の提供。
【解決手段】 ニトリロ三酢酸(NTA)と鉄の錯体をリン酸化ペプチドと接触させることを含むペプチドのリン酸化を検出する方法。 (もっと読む)



Notice: Undefined index: from_cache in /mnt/www/gzt_applicant_list.php on line 189

【課題】 天然有機素材を焼成して得られた活性炭から、硫黄分を除去して精製活性炭を製造しうる方法を提供する。
【解決手段】 本発明の製造方法は、天然有機素材を焼成して得られた活性炭を、減圧下に、無機酸の水溶液と接触させることを特徴とする。好ましくは無機酸が塩酸または硝酸である。水溶液における無機酸の濃度は、無機酸のプロトンに換算して0.5モル/L以上である。無機酸の水溶液が、アルコール類などの界面張力低下剤を含む。活性炭を無機酸の水溶液に浸漬し、絶対圧力で0.06MPa以下の圧力下に、0〜100℃で接触させる。天然有機素材を焼成して得られ、硫黄分の含有量が硫黄原子換算の質量百万分率で60ppm以下である活性炭が得られる。 (もっと読む)


【課題】本発明は、ホストコンピュータ側に負荷をかけず低消費電力で、時間応答性がよく、通信の秘匿性に優れ、精度の高い位置測定が行える測位機能付無線制御チップセット、測位機能付無線通信カード、無線端末及び位置測定ネットワークシステムを提供することを目的とする。
【解決手段】本発明の測位機能付無線制御チップセット1aは、MAC制御部71に、すべての受信パケットの送信元MACアドレスを取り出すと共にこれを受信信号強度と対応付けてRSSIテーブルの要素とする位置測定制御手段75aが設けられ、記憶制御部74がこの要素をメモリセクション8内のRSSIテーブルに格納することを特徴とする。測位機能付無線通信カード、無線端末及び位置測定ネットワークシステムは測位機能付無線制御チップセット1aを備えたことを特徴とする。 (もっと読む)


【課題】耐熱性に優れ且つ触媒金属量が少なくてもパティキュレートを低温から着火燃焼させるDPFを提供する。
【解決手段】 フィルタ本体の触媒層7にLaGaO3系のペロブスカイト型複酸化物を含有させ、そのAサイト及びBサイトの少なくとも一方に2A族元素を置換固溶させる。 (もっと読む)


【課題】
過酸化脂質の計測用試薬として有用な化合物の提供。上記化合物を含む過酸化脂質計測用試薬及びそれを用いた過酸化脂質の計測方法の提供。
【解決手段】
分子内にペリレン構造とリン原子含有基とを有する化合物を用いることにより、上記課題を解決することができる。
(もっと読む)


871 - 880 / 960