国立大学法人 長崎大学により出願された特許

1 - 10 / 226


【課題】触媒添加、触媒除去、触媒製造を必要とせず、かつ高選択性、高収率でアセタール化合物を製造する方法を提供する。
【解決手段】カルボニル基を有する有機化合物(以下、「カルボニル化合物」という。)とヒドロキシ基を含む有機化合物(以下、「ヒドロキシ化合物」という。)とを含む混合液(以下、「混合液」という。)からアセタール化合物を製造する方法において、「混合液」を、「ヒドロキシ化合物」の臨界温度未満に保持しながら、超臨界二酸化炭素または亜臨界二酸化炭素と接触させることを特徴とするアセタール化合物の製造方法。 (もっと読む)


【課題】光学活性でない化合物を原料化合物とし、光学活性アジリジン化合物を1工程で合成する方法の提供。
【解決手段】式(1)の化合物を、ルイス酸、不斉配位子、及びスルホニルハライド化合物の存在下で閉環させる、式(3)の化合物の製造方法。


(もっと読む)


【課題】1,3−プロパンジオール誘導体から光学活性α−アルキルセリン誘導体を得る方法を提供する。
【解決手段】下記式(I)
【化1】


(式中、R及びRは、水素原子、炭素数1〜5のアルキル基、炭素数6〜8のアリール基、又はベンジル基であり、Rは、水素原子又はメチル基である。)で示される光学活性オキサゾリン誘導体、銅塩、塩基及び窒素原子とハロゲン原子とが結合した部位を有する酸化剤の存在下、例えば、2−(N−ベンゾイルアミノ)−2−メチル−1,3−プロパンジオールのような1,3−プロパンジオール誘導体とメタノールを反応させて(R)、又は(S)−N−ベンゾイル−α−メチルセリンメチルエステルのような光学活性α−アルキルセリン誘導体を製造する方法である。 (もっと読む)


【課題】生体試料中の14−3−3蛋白γアイソフォーム(14−3−3γ)の測定方法及びその為のキットの提供、並びに、当該測定方法及びキットを用いた、より高感度な、プリオン病(なかでもクロイツフェルト・ヤコブ病)の診断方法の提供。
【解決手段】2種の14−3−3蛋白γアイソフォーム特異抗体を用いたサンドイッチ法(好ましくはELISA)によって実施される、生体試料中の14−3−3蛋白γアイソフォームの測定方法。 (もっと読む)


【課題】回転電気機械の駆動時に発生する振動を効果的に抑制する。
【解決手段】動吸振器50Aは、一端が取り付け部を介してモータ100の外周面、あるいは固定子に直接取り付けられた板ばね54Aと板ばね54Aの他端の上面部に取り付けられた錘56Aとを備える。動吸振器50Bも同様の構成である。一対の動吸振器50A,50Bは、駆動時に発生する電磁力による振動モードにおける腹S1と節P1の間隔に相当する間隔を開けて取り付けられる。振動モードが円周方向(固定子120の周方向)に回転しても、一対の動吸振器50A,50Bのそれぞれが、振動モードを構成する腹と節の間隔だけ円周方向に位相のずれた2つのモード成分を各々制振するため、効果的にモータ100の振動を抑制できる。 (もっと読む)


【課題】細胞への核酸導入を効率良く行なう手段の提供、及び安全且つ簡便な臓器表面への核酸導入を可能とする手段の提供。
【解決手段】本発明は、研磨剤として炭酸カルシウムを含有する、細胞への核酸導入を行なうための核酸導入剤を提供する。当該核酸導入剤は、従来開腹手術が必要とされた腹膜に存在する細胞への核酸導入を、開腹せずに行なうことを可能にする。これにより、腹膜に存在する細胞への核酸導入を必要とする腹膜播種等の疾患に対する安全且つ簡便な予防及び/又は治療手段が提供される。 (もっと読む)


【課題】
回転機械を含む振動体や制振装置に、振動検知センサーを設置したり、制振装置の回転数や位相を制御したりすることなく、振動体の振動を自動的に抑制することのできる制振装置を提供する。
【解決手段】
振動体2に設置して前記振動体2の振動を制振する制振装置1において、前記制振装置1が、回転軸11と、前記回転軸11に固定した質量体12と、前記質量体12に前記回転軸11を中心とする回転運動の動力を付加する起動装置13を有する。 (もっと読む)


【課題】NNS等の自己炎症疾患又は自己免疫疾患と相関するSNPsを同定し、それに基づき、該疾患の素因の有無を検査する方法を確立すること、該SNPsを有する非ヒト哺乳動物を作製すること、及び該哺乳動物の用途を提供すること。
【解決手段】本発明は、被験者の生体試料中の、プロテアソームβ5iサブユニットをコードする遺伝子における、活性型の該β5iサブユニットのアミノ酸配列における129番目のグリシンの他のアミノ酸への置換をもたらす変異を検出する工程を含む、自己炎症疾患又は自己免疫疾患の素因の有無を検査する方法を提供する。また、該変異を有する非ヒト哺乳動物及びその用途を提供する。 (もっと読む)


【課題】線条体におけるプロサイモシンα遺伝子発現不全非ヒト哺乳動物および該動物を用いたハンチントン病等の予防/治療薬のスクリーニング方法の提供。
【解決手段】線条体においてプロサイモシンα遺伝子発現不全非ヒト哺乳動物であって、対応する野生型動物と比較して、
(1)脳虚血処置に対して脆弱である、
(2)運動性が劣る、
(3)加齢によって、上記(1)および(2)の症状を自然発症する、および
(4)ドパミンD2受容体アゴニスト、ドパミン代謝阻害剤、NMDA受容体拮抗剤またはドパミンD1受容体アゴニストによって上記(1)、(2)および(3)の症状が改善する、
ことを特徴とする動物など。 (もっと読む)


【課題】入手及び取扱いが容易な活性化剤により酵素活性が活性化され、かつ配糖体の製造において、目的範囲外の重合度のマルトオリゴ糖を実質的に生成しない新規なα−グルコシダーゼ、当該酵素の生成方法及び製造方法、当該酵素をコードするDNA、当該酵素を生産する微生物、並びにその用途を提供する。
【解決手段】カリウムイオン、ルビジウムイオン、セシウムイオン又はアンモニウムイオンから選ばれる1種又は2種以上のイオン10mmol/Lの存在下において、非存在下に対し、酵素活性が200%以上に活性化され、マルトース、p−ニトロフェニル−α−D−グルコシド、スクロースに作用しグルコースを遊離させるが、イソマルトース、ニゲ
ロース、コージビオース、トレハロース、マルトトリオース、マルトテトラオース、マルトペンタオース、マルトヘキサオース、可溶性澱粉には実質的に作用しない性質を有する、α−グルコシダーゼ。 (もっと読む)


1 - 10 / 226