説明

独立行政法人国立高等専門学校機構により出願された特許

101 - 110 / 656


【課題】製造容易、安価、低損失、狭帯域かつ小型であり、通過中心周波数を任意に変化できるチューナブル高周波帯域通過フィルタを提供する。
【解決手段】高周波回路基板上の2つのヘアピン状のマイクロストリップ線路で構成した共振器を、開放端同士が所定の間隔で対向するように配置し、入力側の共振器に電気的に接続された入力線路の接続位置から入力側の共振器の両開放端までの2つの長さと、出力側の共振器に電気的に接続された出力線路との接続位置から出力側の共振器の両開放端までの2つの長さとの関係を相補的にし、入力線路との接続位置から出力線路との接続位置までの2つのマイクロストリップ線路の長さを等しくし、開放端同士を電気結合させ、2つの整合周波数を2つの減衰周波数の間に発生させて帯域通過特性を得て、入出力線路のそれぞれの接続位置に、容量性負荷を設け、その容量値により通過中心周波数の値を制御する。 (もっと読む)


【課題】製造容易で安価でありながらも、入力整合・アイソレーション・電力等分配・分配位相差90°を実現し、また、動作周波数を任意に変化させられ、コグニティブ無線やソフトウェア無線に適用できる高周波帯域等分配回路を提供すること。
【解決手段】誘電体の下面にグランド層が形成された高周波回路基板と、その高周波回路基板の上面に設けられるマイクロストリップ線路と、そのマイクロストリップ線路に電気的に接続され、高周波を入出力する入出力線路と、を備えた高周波帯域等分配回路において、入力線路との接続位置と出力線路との接続位置に、それぞれ動作周波数を制御する容量性負荷を設け、その容量値により動作周波数の値を制御する。マイクロストリップ線路を、高周波の入力線路と出力線路に連なり動作周波数の略波長となる線状の2つの線路と、その2つの線路の間に接続され動作周波数の略波長となる線状の2つの副線路とから構成してもよい。 (もっと読む)


【課題】チップソーを含む回転切削機構により、竹から竹粉を製造するに際し、竹の残りの長さが短くなった場合に、回転切削機構との関係で竹が割れたり、周囲に飛び散ったりすることが防止できるとともに、人手を介さず、連続的に竹の粉体化を行うことができる竹粉製造装置を提供する。
【解決手段】竹ストッカに複数本の竹をストックしておいて、竹を一本ずつ、送りローラ140、150、160の間へと送り込んで、回転切削機構で竹粉を製造するとともに、竹110aの残りの長さが短くなると、例えば送りローラ160を移動させて、竹110aを矢印F方向に落下させることにより、竹が割れたり、周囲に飛び散ったりすることを防止する。 (もっと読む)


【課題】 農業用水路・河川の幹線と接続する支線・分線の水域において、複数の農業従事者等で共同管理を行う場合に、幹線を管理する農業用水管理者と支線を管理する需要者との契約で使用水量が決められるため、たとえば共同管理を行う農業従事者のいずれかが契約した水量を超過してしまうと、すべての取水が止められてしまうという問題があった。
【解決手段】 農業用水路等の水域の水門ゲートに流量監視制御装置を設置して、いずれかの需要エリア系統に生じた使用水量の変動を検知することで、農業用水管理組合等との契約使用水量を超過しないように、各水域の水門ゲートの開度を制御することができる水門ゲート制御システムを提供する。 (もっと読む)


【課題】フッ素酸を使用せずに、高いスケール除去効果が得られる、新規のステンレス鋼溶接部のスケール除去剤とスケールの除去方法を提供する。
【解決手段】3.5〜10質量%の硝酸、10〜20質量%のクエン酸、0.6〜1.7質量%のキトサン、及び3.0〜10質量%の両性界面活性剤を含む水溶液をスケール除去剤とした。スケール除去剤にステンレス鋼溶接部を浸漬し、40〜80℃に加温し、浸漬時間を10〜200分とした。 (もっと読む)


【課題】種々多様なニーズに応えることができる食品用の燻製材等を提供する。
【解決手段】食品用の燻製材は、ピートと粉砕した木片とを混合して混合物を得る第1工程(STEP11)と、第1工程で得られた前記混合物を型枠内に挿入して加圧脱水した脱水物を得る第2工程(STEP12)と、第2工程により得られた脱水物を乾燥する第3工程(STEP13)とにより製造される。 (もっと読む)


【課題】接触式の入力部を用いながら、より効率的な点字入力を可能とする点字式墨字入力方法、点字式墨字入力プログラム及び点字式墨字入力装置を提供する。
【解決手段】本発明に係る点字式墨字入力方法、点字式墨字入力プログラム、及び点字式墨字入力装置50によれば、手指等の指示体が入力パネル面20に接触してから離れるまでを1ストロークとし、1ストロークが終了するまでの間に通過した点字入力領域を認識することで点字入力を行う。これにより、キー等を用いた従来の点字入力よりも、遥かに高速且つ効率的な点字入力を行うことができる。 (もっと読む)


【課題】セラミックスおよび金属などの粉末焼結体の製造に際し、振動を十分かつ効率的に与えることで緻密な焼結体を低い温度で短時間に能率よく製造する。
【解決手段】本発明の粉末焼結体の製造方法は、粉末材料を加熱しつつ加圧して焼結する粉末焼結体の製造方法において、超音波振動子より発した超音波振動の音響エネルギーを、該超音波振動の共振状態を維持しながら、前記粉末材料との接触部が最大振幅になるように型に直接加えつつ前記粉末材料を加熱・加圧することを特徴とする。 (もっと読む)


【課題】ジオポリマー組成物からなるジオポリマー構造体全体の耐久性を向上させる。
【解決手段】ジオポリマー構造体は、ケイ素を含有するフィラーとアルカリ活性剤とを原料とするジオポリマー組成物と、ジオポリマー組成物に接触して設けられ、鉄を含有する補強材と、を備え、ジオポリマー組成物に含有されるケイ素成分と補強材に含有される鉄成分とが化学的に結合することにより、補強材が前記ジオポリマー組成物に固着されている。 (もっと読む)


【課題】製造工程を簡素化することによって、より低コスト且つ高性能な電気二重層キャパシタ用電極の製造方法を提供することを課題とする。
【解決手段】木綿を炭化処理した後に賦活処理を行うことにより得られた活性炭を用いて電気二重層キャパシタ用の電極を製造する電気二重層キャパシタ用電極の製造方法において、シート状の木綿を用い、該シート状の木綿を不活性ガス雰囲気下で炭化処理し、ガス賦活によって賦活処理を行う。 (もっと読む)


101 - 110 / 656