説明

レツク・フアーマシユーテイカルズ・デー・デーにより出願された特許

41 - 50 / 60


本発明は、規定された粒度分布を有するACE阻害剤ペリンドプリルまたはその塩の安定な医薬組成物に関する。 (もっと読む)


本発明は、純粋なペリンドプリルエルブミンの新規の調製方法に関する。本発明は又、ペリンドプリルエルブミンの結晶形Dの新規の調製方法にも関する。 (もっと読む)


本発明は、結晶形ペリンドプリルの新規製造方法に関する。本発明はまた、ペリンドプリルの新規アルキルアンモニウム塩およびそれらの製造方法にも関する。 (もっと読む)


HPLC面積百分率による測定で99.5%を超す純度、好ましくは99.8%を超す純度、さらに好ましくは99.9%を超す純度を有し、アルカリ金属不純物をなんら含まない、ロスバスタチンカルシウムの純粋な非晶質形態が開示される。ロスバスタチンカルシウムの純粋な非晶質形態の調製方法が開示され、この方法は、ロスバスタチンのC〜Cアルキルエステル、好ましくはロスバスタチンのtert−ブチルエステルの、非プロトン性溶媒を場合により含む水の存在下における、有機窒素塩基、例えばグアニジン、アミジン、アミンおよび水酸化第四級アンモニウムによる加水分解、次にこのようにして得られるロスバスタチン塩の、所望のロスバスタチンカルシウムへのカルシウム源による変換、これを次いで単離することを含む。多くの新規なロスバスタチンのアンモニウム塩、好ましくはロスバスタチンのtert−オクチルアンモニウム塩の、カルシウム源による、所望の市販のロスバスタチンカルシウムへの変換を含む、別の方法が開示される。ロスバスタチンカルシウムは、高脂血症、高コレステロール血症およびアテローム性動脈硬化症の治療に有用なHMG CoAレダクターゼである。 (もっと読む)


実質的に不純物を含まない、純粋な非結晶ロスバスタチンカルシウムの新規調製方法が開示されている。他のカチオンを用いて他のロスバスタチン塩に変換され得る(例えばカルシウムカチオンを用いてロスバスタチンカルシウムを得る)ロスバスタチンの溶液を得るための、ロスバスタチンのCからCのアルキルエステル、好ましくはロスバスタチンメチルまたはロスバスタチンtert−ブチルの、例えば水酸化ナトリウムといった塩基を用いて、非プロトン性溶媒存在下、好ましくはテトラヒドロフランおよびN,N−ジメチルアセトアミド、または非プロトン性溶媒および水との混合物存在下で加水分解することを含む方法。ロスバスタチンアミン塩類も同様に得られる。本発明の別の好ましい態様において、ロスバスタチン遊離酸は、例えばロスバスタチンカルシウム水和物といったロスバスタチン溶媒和物類を含んだ、例えばロスバスタチンカルシウム、ロスバスタチンナトリウム、または様々なロスバスタチンアミン塩類といった様々なロスバスタチン塩類に変換され得る。ロスバスタチンカルシウムは、高脂血症、高コレステロール血症、およびアテローム性動脈硬化症の治療に有用である。 (もっと読む)


本発明は、医薬品工業分野に属し、新規結晶性オメプラゾールナトリウム・エタノール溶媒和物およびその調製方法に関し、この新規結晶性オメプラゾールナトリウム・エタノール溶媒和物は、それを種々の結晶形態、とりわけ残留溶媒量の低い、即ち残留溶媒量が0.5重量%未満である公知のオメプラゾールナトリウム形態Aに変換するための方法における中間化合物として作用する。本発明はまた、共に残留溶媒が著しく低濃度である新規な結晶性オメプラゾールナトリウム形態Eおよび結晶性オメプラゾールナトリウム形態F、ならびにそれらの調製方法にも関する。オメプラゾールナトリウム形態Aならびに新規結晶形オメプラゾールナトリウム形態Eおよび形態Fの両者は、胃腸疾患の治療に有用である。 (もっと読む)


新規のカンデサルタンシレキセチルの組成物は、錠剤化の間の劣化に対して有効成分を適切に安定化させるカラゲナンの20%までを用いて調製される。 (もっと読む)


3,4−ジヒドロ−6−メチル−4−フェニル−2−ベンゾピラン−2−オンからの3−(2−ヒドロキシ−5−メチルフェニル)−N,N−ジイソプロピル−3−フェニルプロピルアミンの新規調製プロセスは、3−(2−ヒドロキシ−5−メチルフェニル)−3−フェニルプロパノールおよびこのスルホン化誘導体などの中間体、ならびにヨウ化ナトリウム存在下でのアミノ化を特徴とする。 (もっと読む)


本発明は、発現後の全細胞性タンパク質に対して、改善された発現レベルで大腸菌にて組み換え型hG−CSFを発現できる、hG−CSFをコードする合成遺伝子に関する。
(もっと読む)


本発明は、生物活性異種タンパク質の生産のための新しい方法に関する。本方法は、既に封入体内に存在する異種タンパク質の正しく折りたたまれた前駆体の蓄積を可能にするように条件を調節することによる生合成の実施を含む。本発明はさらに、特に非変性条件下での、封入体の洗浄及び可溶化を含む。
(もっと読む)


41 - 50 / 60