説明

レツク・フアーマシユーテイカルズ・デー・デーにより出願された特許

51 - 60 / 60


本発明は、アトルバスタチンカルシウムの酸化分解生成物およびその調製方法に関する。本発明はまた酸化分解生成物の実質的に存在しないアトルバスタチンカルシウムおよびかかるアトルバスタチンカルシウムを含有する医薬組成物に関する。 (もっと読む)


本発明はPVPで安定化されたエリスロポイエチン(EPO)の新規な安定した薬剤組成物を提供する。 (もっと読む)


本発明は、生物学的活性があるタンパク質、好ましくはTNF−αまたはTNF−α類似体を単離および/または精製する方法に関する。本発明の方法は、98%を超える純度を有するタンパク質、好ましくはTNF−αまたはTNF−α類似体の高収率の生成をもたらす。記載する方法は、タンパク質、好ましくはTNF−αまたはTNF−α類似体の工業生産に特に適している。 (もっと読む)


本発明は、ヒトまたは動物の胃腸管の選択された領域への活性物質の制御された送達および/または標的化された送達を可能にする医薬品投薬形態物に関連する。本発明の医薬品投薬形態物は、好ましくは、活性物質N−(2−(2−フタルイミドエトキシ)−アセチル)−L−アラニル−D−グルタミン酸(これはLK423と呼ばれる)を含む。本発明の医薬品投薬形態物を使用することによるヒトおよび/または動物の胃腸管の慢性的炎症性疾患の処置方法が開示される。 (もっと読む)


本発明は、タムスロシン合成の中間体である、光学的に純粋な(R)−5−(2−アミノプロピル)−2−メトキシベンゼンスルホンアミドの新規な調製方法に関する。 (もっと読む)


本発明では、タムスロシン塩酸塩の調製方法、及び実質的に純粋なタムスロシン塩酸塩を提供するための、熱的結晶化による後続の精製方法が開示されている。 (もっと読む)


本発明は、アトルバスタチン塩の調製において有益な医薬品中間体である、非晶質の(4R−シス)−6−[2−[3−フェニル−4−(フェニルカルバモイル)−2−(4−フルオロフェニル)−5−(1−メチルエチル)−ピロール−1−イル]−エチル]−2,2−ジメチル−[1,3]−ジオキサン−4−イル−酢酸−第3ブチルエステルを調製する方法に関する。

(もっと読む)


本発明では、多くて1日に1回投与するために使用する、自由に水に溶解する低用量活性物質を放出制御する新規医薬製剤を開示する。該活性物質は、医薬製剤が曝露する生理学的pH値に依存せずに、少なくとも24時間にわたって血中において適切な治療濃度で維持される。 (もっと読む)


本発明は、活性薬剤と非界面活性スルホベタイン(NDSB)とを含む医薬組成物に関する。 (もっと読む)


本発明は、顆粒球−コロニー刺激因子(G−CSF)の新しい安定な薬剤組成物を提供する。
(もっと読む)


51 - 60 / 60