説明

日立オムロンターミナルソリューションズ株式会社により出願された特許

91 - 100 / 1,225


【課題】指静脈認証装置において、外乱光の撮像部への入射を遮断するとともに、撮像面上における指の姿勢の調整を行いやすくする技術を提供する。
【解決手段】指静脈認証装置100は、手の指Fを載置するための載置部10と、載置部10に載置された指Fの静脈パターンを撮像する撮像部30と、撮像部30によって撮像された静脈パターンを用いて認証処理を行う制御部40(認証処理部)と、載置部10に載置された指Fを覆って、撮像部30に入射する外光を遮断する外光遮断カバー50と、を備える。外光遮断カバー50は、外光遮断カバー50によって覆われた指Fを外光遮断カバー50の外部から視認するためのスリット52を備える。このスリット52は、指Fの可視角度を60度以下に制限する。 (もっと読む)


【課題】装置の大型化を抑制し、包装硬貨の読取り性能を向上させ、補充時に係員の包装硬貨の汚損選別業務を低減する。
【解決手段】複数本の包装硬貨29を並べて収納可能なトレー27と、トレー27内の包装硬貨29の端面を検知する反射型センサ31と包装硬貨29の並び方向に沿って反射型センサ31を移動させる本数検知駆動モータ32と、本数検知駆動モータ32が反射型センサ31を移動させ、反射型センサ31による包装硬貨29の端面の検知結果に基づき、包装硬貨29の有無を検知する制御部とを有する。また、制御部は、包装硬貨29の有無を検知する感度を高低に変化させることで、包装硬貨29の端面に汚れがあっても本数判定することができ、本数の読取り率を向上することができる。 (もっと読む)


【課題】
新規ロール紙のセット時にロール紙先端に先の尖った分離ガイド等を直接接触させてロール紙先端を自動的に分離する機構において、ロール紙先端が内側にカールしている場合や、ロール紙自体が静電気を帯びている場合に、ロール紙先端がロール紙に張り付き、分離ガイド先端がロール紙先端を引っ掛けることが出来ず、分離失敗となる場合がある。
【解決手段】
分離ガイド接触前にロール紙両端を内側に押さえロール紙先端を剥がすことにより、ロール紙先端と分離ガイド先端が当たるときに、ロール紙とロール紙先端の隙間を大きくしておく。これにより、ロール紙先端が内側にカールしている場合や、ロール紙自体が静電気を帯びている場合等のロール紙先端が張付きやすい条件のロール紙についても、ロール紙先端の分離を行うことができるようになる。 (もっと読む)


【課題】
指が所定の位置に正しくセットされているかを判定し、不適当な場合には利用者本人に通知する。
【解決手段】
指静脈認証システムは、指情報を画像として取り込むセンサと、センサから取り込まれた画像情報を用いて指認証を行う認証手段と、センサから取り込まれた画像情報の画素値が飽和している領域の有無を基に、センサに指が正しくセットされているかを検知する指位置妥当性判定手段を有する。 (もっと読む)


【課題】利用者の視認性、操作性を損なうことなく暗証番号の盗み取りを防止可能な入力キーの盗撮防止構造、および自動取引装置を提供する。
【解決手段】所定の情報を入力するためのキー部を有した装置における、キー部に対する盗撮を防止するための入力キーの盗撮防止構造であって、装置の前面に対して奥行方向に凹形状をなして形成され、前面に開口部を有したカバー部を備え、カバー部の凹形状をなして形成された空間にキー部を有し、装置の前面以外のカバー部を形成する面がキー部を囲むように、キー部が配置されている。 (もっと読む)


【課題】
紙幣取扱装置において紙幣の破れやジャムの発生を防止して搬送信頼性を高めると共に、紙幣の高速搬送を実現する。
【解決手段】
入出金用の紙幣を集積する紙幣入出金口10と、紙幣を判別する紙幣判別部40と、紙幣を一時集積保管する一時収納部20と、紙幣を収納し再分離する紙幣収納部30〜33と、これらの各部へ紙幣を搬送する紙幣搬送路50〜61を有する紙幣取扱装置において、各紙幣搬送路はそれぞれ独立したモータで駆動し、各紙幣搬送路における紙幣の搬送速度を段階的に増速制御する。 (もっと読む)


【課題】センサ間隔をなくしても紙葉類の厚みを正確に検出できる厚み検出装置、および自動取引装置を提供する。
【解決手段】所定の回転軸に沿って回転する基準ローラを、回転軸方向に隙間なく並べた基準ローラ部と、それぞれの基準ローラの回転に従って従動回転し、紙葉類の厚みを検知するための検知ローラを隙間なく並べた検知ローラ部と、基準ローラ部と検知ローラ部との間に紙葉類を搬送させるための搬送部と、検知ローラ部に比べて紙葉類の搬送方向の形状が主走査方向より長い形状をなし、それぞれの検知ローラの上方に設けられた複数の検出用コイルが所定の周波数で発振することにより紙葉類の検出用交流磁界を発生させ、発生させた検出用磁界内のローラ変位量を磁界の変化により検出するセンサ部と、センサ部で検出された磁界の変化から、紙葉類の変位量を算出する算出部と、を備える。 (もっと読む)


【課題】ファンの回転音が目立たないように装置の冷却を行う自動取引装置及びその制御方法を提供する。
【解決手段】取引を行う自動取引装置であって、空気を攪拌するファンと、ファンの回転数を制御する制御部と、取引により生じる取引音を所定値と比較する判別部とを備え、制御部は、判別部による比較の結果、利用者により選択された取引の取引音が所定値よりも大きいと判断された場合に、ファンの回転数を上げるように制御することにより、その他の時間帯にファンの回転数を上げることを抑制し、静寂環境下におけるファンの回転による雑音を周囲の人に意識させないようにする。 (もっと読む)


【課題】引き出された下部ユニットを金庫筐体に収納する際に、その下部ユニットの収納過程で高さ方向を高精度に位置決めしながら収納することを可能とし、これに基づいて下部ユニットの紙葉類の搬送接続性能を高めた紙葉類取扱装置及び現金自動取引装置を提供する。
【解決手段】下部ユニット1cを金庫筐体106の収納位置へと収納する収納過程で、該下部ユニット1cの水平搬送路ユニット1fをその上方の基準高さプレート202aに押し当てて基準高さが自然に得られるように構成し、該下部ユニット1cが収納位置に至った時点で上下方向の搬送接続部を高精度に位置決めする。 (もっと読む)


【課題】善意の利用者の偽券は一定条件下で返却されるため、装置に対して抵抗感を持つことなく、また、悪意の利用者の場合は取引の停止を行うため、将来的に偽券の流通率を下げることができる。
【解決手段】自動取引装置において偽券と判断された紙幣の記番号と当該紙幣の利用者の情報等を含む偽券情報をホストコンピュータに送信する。上記紙幣の記番及び利用者の情報と、ホストコンピュータに記録された偽券の流通状況を記録した偽券管理データベース及び偽券の利用者の情報および当該利用者が悪意の目的を有するか判定する情報を記録したブラックリストデータベースとを比較して、偽券の取扱いの指示電文を現金自動取引装置に送信する。当該指示電文を受信した自動取引装置は、指示電文の内容に応じた処理を行う。 (もっと読む)


91 - 100 / 1,225