説明

日立オムロンターミナルソリューションズ株式会社により出願された特許

31 - 40 / 1,225


【課題】多テナント店で利用され、投入口にシャッタ機能がついてなくても、入金の混入防止を可能にする入金機を提供する。
【解決手段】貨幣を計数する計数部20や貨幣を収納する金庫部30を有する入金機1において、入金操作にて、操作しているのが本人であることを確認するため、入金操作開始時に、カードリーダ部11で読み込んだ非接触ICカードのレジ番号と、計数開始操作/金庫収納動作/ジャム等の装置内の貨幣の除去操作/計数キャンセル操作/確定操作の前に再度カードリーダ部11で読み込んだ非接触ICカードのレジ番号の一致チェックを行い、レジ番号が一致したカードを使用した人のみ操作が継続可能であると判定する入金管理部55を有する。 (もっと読む)


【課題】
反射型センサで印字濃淡チェックする場合、濃度判定文字の印刷実施後、センサ読取範囲に媒体を搬送させる際、例えば媒体を搬送する機構(ギヤ)の経年によるへたりなどで、媒体の送り量が足らなくなると、センサ読取範囲に濃度判定印字箇所が入らなくなるため、インクリボンが薄くなっていない場合でも淡いと誤判断してしまう場合がある。
【解決手段】
印刷媒体を動かして濃度検知し、淡いと判断した場合、濃度に応じた搬送量で媒体の再搬送をし、再読取を実施することで、濃淡判定の誤検知を防ぐ。また、次回測定時に再搬送分を予め媒体搬送に加えることにより、濃度判定のリトライがなくなり、処理時間が多くなることを防ぐ。 (もっと読む)


【課題】振込取引において、振込先金融機関または支店名の頭文字を選択する際に、読みが特殊な金融機関名および支店名の選択が容易な取引処理装置を実現する。
【解決手段】ATMは、読み方の難易度によって定義されるカナ表示優先コードと、支店の地域によって定義される店舗地域コードを有し、金融機関情報を保持する銀行情報ファイルを受信し、ATMの記憶部に保持されるATM地域コードを有する。ATMにおける振込取引時に、利用者の必要に応じて、振込先支店名をフリガナ表示する。ここで表示されるフリガナ表示された支店名の表示順は、支店名フリガナ表示優先コードと、ATMおよび振込先の地域により、表示の有無及び表示優先度が決定する。これにより取引処理装置の設置場所を考慮した支店名のフリガナ表示を行うことで、振込先支店名の選択が容易になる。 (もっと読む)


【課題】
保守・運用における係員の作業効率を向上させることができる紙幣入出金装置を提供することにある。
【解決手段】
受け入れた紙幣又は放出する紙幣を収納するスタッカと、前記スタッカから紙幣を搬送し又は前記スタッカに紙幣を搬送する第一の紙幣搬送路を有するスタッカ搬送路部と、前記スタッカを収納するトレイと、前記スタッカ及び前記トレイが収納される金庫と、前記スタッカ搬送路部を保持する、第一の保持機構及び第二の保持機構とを備えた着脱手段と、を有する下部ユニットと、前記第一の紙幣搬送路と接続する第二の搬送路を有する上部ユニットと、前記第一の保持機構又は前記第二の保持機構の一方による前記スタッカ搬送路部の保持が解除されたことを検知した場合、他方による前記スタッカ搬送路部の保持の解除を制限する制御部と、を備えたことを特徴とする紙幣入出金装置により達成される。 (もっと読む)


【課題】
紙幣自動取扱装置に搭載可能なテープなどを貼った変造紙幣などを高精度に検出できる紙葉類の厚さ検出装置を提供することを目的とする。
【解決手段】
検知ローラと前記基準ローラとを回転支持する筐体と、前記検知ローラと対向する前記筐体の上面に配置されて前記検知ローラの変位を検出する複数の変位検出センサとを備え、前記基準ローラと前記検知ローラとの接触部を搬送する紙葉類の厚さを検出する紙葉類の厚さ検出装置において、前記基準ローラの回転軸と前記検知ローラの回転軸の両端に玉軸受の内輪を固定し、前記基準ローラと前記検知ローラの回転軸の一方の端部に固定された玉軸受けの外輪は前記筐体の取り付け穴に固定するとともに、前記回転軸の他方の端部に取り付けられた玉軸受けの外輪は前記筐体の取り付け穴に挿入したもの。 (もっと読む)


【課題】不正磁気読取装置によって磁気記録媒体に記録された磁気データが盗まれること
のない磁気読取装置を提供する。
【解決手段】磁気カードの挿入または排出を行うカード挿入口付近に異物があるか否かを
検知する異物検知部と、カード挿入口付近に、異物から出される磁界を妨げるための妨害
磁界を発生させる磁界発生部と、異物検知部が異物を検知したか否かを判定し、異物検知
部が異物を検知したと判定した場合に、磁界発生部が発生させている妨害磁界の強度を変
位させる制御部と、を備える。 (もっと読む)


【課題】本発明は、優先利用者以外の利用者(一般利用者)の利便性を損なうことなく、優先利用者を取引処理装置にスムーズに誘導させることにより、取引処理システム全体の効率を向上させる取引処理システムを提供することを目的とする。
【解決手段】制御装置は、発信機から発信された情報を受信した旨の通知を第一の受信機から受けた場合、取引処理装置に対し、利用者の有無の検知を指示する。利用者有の通知を取引処理装置から受けた場合、制御装置は、一般利用者の取引を制限する取引制限モードへの移行を取引処理装置に指示する。その後、利用者無の通知を取引制限モードに移行した取引処理装置から受けた場合、制御装置は、優先利用者の取引を実行するための優先利用者モードへの移行を、取引処理装置に指示する。 (もっと読む)


【課題】
本発明は、外側シャッタと内側シャッタの間に投入紙幣が間違ってセットされた場合でも、外側シャッタを閉じたときに紙幣の姿勢を変えることが可能とし、利用者に投入紙幣の姿勢を修正するために再投入してもらう手間を減らすことを目的とする。
【解決手段】
本発明に係る紙幣取扱装置は、紙幣を収納する紙幣収納部と、内側シャッタと外側シャッタを開閉して紙幣を入金又は出金する入出金口部と、入出金口部と紙幣収納部との間で紙幣を搬送する搬送路と、内側シャッタと外側シャッタを各々独立して開閉動作を制御する開閉制御手段と、外側シャッタと内側シャッタとの間に存在する紙幣の姿勢を修正する紙幣姿勢修正手段と、を有することを特徴とする。 (もっと読む)


【課題】本発明は、紙葉類取扱装置において、内部の識別部を容易に清掃するための技術を提供することを目的とする。
【解決手段】紙葉類取扱装置は、紙葉類を搬送するための第1の搬送機構部と第2の搬送機構部とを有する搬送路と、搬送路上に配置され、搬送路により搬送される紙葉類から情報を取得するためのセンサ部と、第1の搬送機構部による紙葉類の搬送速度と、第2の搬送機構部による紙葉類の搬送速度と、を制御可能な制御部と、を備え、搬送路上において、第1の搬送機構部と、第2の搬送機構部と、センサ部とが、この順に隣接して配置されており、制御部は、第2の搬送機構部の搬送速度を第1の搬送機構部の搬送速度より遅くすることにより、第1の搬送機構部を経由して第2の搬送機構部からセンサ部に向かう紙葉類をセンサ部に接触させる。 (もっと読む)


【課題】
本発明は、障害による動作停止として表面化するまで認識できなかった運用性能状況を把握し、係員等に対して通知することで、障害の未然防止と迅速対応を実現することを目的とする。
【解決手段】
本発明に係る取引装置又は運用性能判定システムは、顧客による操作に基づいて、取引を実行する取引装置であって、取引に関連する入力操作を受け付けるとともに、取引に関連する情報を表示する第1の表示手段と、取引処理を実行中に、前記取引装置が有する所定機能の状態を判定する機能状態判定手段と、機能状態判定手段による判定結果を表示する第2の表示手段と、を備えることを特徴とする。 (もっと読む)


31 - 40 / 1,225