説明

ノバルティス アーゲーにより出願された特許

81 - 90 / 806


【課題】筋疾患および心臓血管障害に関与する新規なオリゴヌクレオチド治療剤(マイクロRNA)の提供。
【解決手段】新たなmiRNA、mir−208−2を同定した。該miRNAは、500個未満のヌクレオチドの単離核酸分子であって、mir−208−2を含むことを特徴とする単離核酸分子に関する。1つの態様において、例えばpri−miRNAを標的とするために、mir−208−2を含む単離核酸分子は200ヌクレオチド長未満を有する。他の態様において、例えばpre−miRNAを標的とするために、mir−208−2を含む単離核酸分子は80ヌクレオチド長未満を有する。該miRNAは、オリゴヌクレオチド治療剤(アンチセンスオリゴヌクレオチドおよび/または二本鎖オリゴヌクレオチド、例えばdsRNA)および、mir−208−2の調節異常によって惹起される筋疾患および心臓血管障害の処置に使用される。 (もっと読む)


BACE阻害活性を有する、遊離形または塩形の式(I):


[式中、全ての変数は、本明細書で定義された通りである。]
のオキサジン誘導体、その製造方法、その医学的使用およびそれらを含む薬剤を開示している。
(もっと読む)


【課題】(急性および慢性)虚血後腎不全の処置および虚血腎臓の保護のための特異的なAT1−レセプターアンタゴニストを提供する.
【解決手段】下記式


の(S)−N−(1−カルボキシ−2−メチルプロパ−1−イル)−N−ペンタノイル−N−[2'(1H−テトラゾール−5−イル)ビフェニル−4−イル−メチル]アミン(バルサルタン)、またはその塩またはその塩、特に薬学的に許容されるその塩は、(急性および慢性)虚血後腎不全の処置および虚血腎臓の保護のために使用できる。 (もっと読む)


【課題】市販されているものよりも低価格で製造し易いオクトレオチドの徐放性処方物を提供すること。
【解決手段】本願発明の医薬組成物は、線状ポリ(ラクチド−コ−グリコリド)ポリマーの酢酸オクトレオチド微粒子を含み、上記ポリマーは1%未満の割合でシリコーン油またはヘプタンを含有する。 (もっと読む)


【課題】高血圧性血管疾患に対する新規の薬剤を提供すること。
【解決手段】新規のアンギオテンシン受容体遮断剤と中性エンドペプチダーゼ阻害剤との二作用性化合物及び組合せ剤が提供される。より詳細には、(a)アンギオテンシン受容体拮抗剤;(b)中性エンドペプチダーゼ阻害剤(NEPi);及び要すれば(c)薬学的に許容されるカチオンを含む、二作用性化合物、たとえば超分子複合体が提供される。アンギオテンシン受容体拮抗剤とNEPiとの特定的な組合せ剤、結合プロドラッグ又は化合物は、高血圧の処置に使用される。 (もっと読む)


【課題】安定して粘度が減少しており、相対的に等張であり、低混濁度である高濃縮抗体及びタンパク質製剤の提供。
【解決手段】100〜260mg/ml量の高濃縮抗体又はタンパク質に50〜200mM量のアルギニン-HCl、10〜100mM量のヒスチジン及び0.01〜0.1%量のポリソルベートを含んでなり、pH5.5〜7.0の範囲内で、約50cs又はそれ未満の運動学的粘度を持ち、200mOsm/kg〜450mOsm/kg範囲の浸透圧である液体製剤。この製剤は特に皮下投与に適している。 (もっと読む)


【課題】安価で、製造が容易で、再現性の良いフォトバクテリウム感染に対して有効なワクチンを創り出す。
【解決手段】フォトバクテリウム・ダムセラ(Photobacterium damselae)亜種ピシシダ(piscicida)の55kDa細胞外蛋白質の誘導体は、フォトバクテリウム感染に対するワクチンの基盤であり、それによってパスツレラ症から魚を防御する。ウサギ免疫グロブリンが硬骨魚類の補体カスケードを活性化できないと考えられるとき、この防御効果は明白である。 (もっと読む)


【課題】成形品、コンタクトレンズ、角膜移植片又は生物医学的製品に用いるマクロマー又はそれから製造されるポリマーを提供する。
【解決手段】二価の構造要素により中断されないか、又は中断されており、更にポリオールセグメント上に少なくとも1つの重合しうるセグメントを有する、ポリシロキサン−ポリオールマクロマー、及び該マクロマーの少なくとも1つ、及び適切ならば、ビニルコモノマーの重合生成物の少なくとも1つを含むポリマー。 (もっと読む)


本発明は、S.aurens5型または8型莢膜多糖とキャリア分子との結合体を調製するためのプロセスであって、(a)該莢膜多糖を解重合して多糖断片を得る工程と、(b)該断片における少なくとも1個の糖残基にアルデヒド基を導入するため、該断片を酸化して、酸化された糖残基を得る工程と、(c)該酸化された糖残基を、該アルデヒド基を介してキャリア分子とカップリングし、これにより該結合体を得る工程とを含むプロセスを提供する。工程(c)におけるカップリングは、直接的であってもリンカー分子を介してもよい。本発明は、このプロセスによって得られるか、または得ることが可能である結合体も提供する。
(もっと読む)


【課題】プロテインキナーゼ活性の阻害を示す、新規な化合物;その化合物の製造法;その化合物を含む医薬組成物:その化合物または医薬組成物の使用を提供することを目的とする。
【解決手段】本発明は式:


[式中、置換基R、RおよびRは本明細書に記載し、説明する意味を有する]
で示される化合物;この化合物の製法;この化合物を含有する医薬組成物;所望によりこの化合物と他種医薬的活性化合物1種またはそれ以上とを配合してあってもよいプロテインキナーゼ活性の阻害に応答する疾患、特に新生物疾患、殊に白血病を治療するための使用;およびそのような疾患の処置方法;を提供する。 (もっと読む)


81 - 90 / 806