説明

ファルマシア・アンド・アップジョン・カンパニー・エルエルシーにより出願された特許

111 - 120 / 130


本発明は、阻害性RNAに関連する方法および組成物を提供する。 (もっと読む)


本発明は、骨粗鬆症、骨折、偽関節、偽関節症、歯周疾患、または他の骨代謝障害を伴う対象において、PYK2阻害薬により骨芽細胞機能を刺激する方法に関する。場合により本方法はさらに第2の骨療法薬の投与を含む。本発明は、骨療法薬として有効なPYK2阻害薬を同定する方法であって、被験物質を骨芽細胞様細胞に投与して骨芽細胞機能が刺激されるかを判定することを含む方法にも関する。場合により、この同定方法はさらに、被験物質をPYK2と接触させてPYK2活性が阻害されるかを判定することを含む。 (もっと読む)


本発明は、ウイルス増殖、特にブタ繁殖および呼吸器症候群(PRRS)ウイルスに関して許容性である宿主細胞の生成に関連する方法および組成物を提供する。

(もっと読む)


変数Q、Z、X、R15、R、R及びRは明細書中で定義される式の化合物が開示されている。本願明細書中に開示されている化合物は、ベータ−セクレターゼ酵素の阻害剤であるので、哺乳動物でのアルツハイマー病及びAベータペプチドの沈積を特徴とする他の疾患を治療する際に有用である。
(もっと読む)


本発明は、4−[5−(4−フルオロフェニル)−3−(トリフルオロメチル)−1H−ピラゾール−1−イル]−ベンゼンスルホンアミドの結晶形及びそのような結晶の製造、相互変換及び単離に関する。 (もっと読む)


エポキシ化反応に関する方法が記載される。特に当該方法は、過酸化物活性剤の存在下での基質とペルオキシド化合物との反応による、ステロイド核中にオレフィン性不飽和を有するステロイド基質の9,11‐エポキシ置換基を含む構造への転化を包含する。記載されるエポキシ化方法は、相対的に低い過酸化水素対ステロイド基質比で実行される。いくつかの任意の方法修正が記載される。 (もっと読む)


本発明に係る方法は、感染に対して感受性雄動物を免疫化することによるウシ・ウィルス性下痢ウィルスによる精巣感染の予防方法に関する。
(もっと読む)


本発明は、式(IV)の化合物を製造するための鏡像異性体選択的方法を含む:(a)式(I)の化合物(式中、R1およびmは前記に定めたものである)を酸化剤で光学活性化合物の存在下に不斉エポキシ化して、光学活性エポキシド(式中、R1およびmは前記に定めたものである)を製造し、続いて(b)この光学活性エポキシドとフェノール誘導体を塩基の存在下で反応させ;その際、この方法は光学活性エポキシドを単離せずに実施される。

(もっと読む)


3,6−ジアルキル−2,5−ピペラジンジオンの製造方法が開示されている。 (もっと読む)


本発明は、中枢神経系仲介障害を治療するための方法及び組成物を提供する。より具体的には、本発明は、神経栄養因子調節剤をシクロオキシゲナーゼ−2選択的阻害剤と組み合わせて被験者に投与することを含む、中枢神経系仲介障害を治療するための併用療法剤を提供する。 (もっと読む)


111 - 120 / 130