説明

サノフイにより出願された特許

11 - 20 / 433



Notice: Undefined index: from_cache in /mnt/www/gzt_applicant_list.php on line 189


Notice: Undefined index: from_cache in /mnt/www/gzt_applicant_list.php on line 189


Notice: Undefined index: from_cache in /mnt/www/gzt_applicant_list.php on line 189


Notice: Undefined index: from_cache in /mnt/www/gzt_applicant_list.php on line 189


Notice: Undefined index: from_cache in /mnt/www/gzt_applicant_list.php on line 189

2−(シクロヘキシルメチル)−N−{2−[(2S)−1−メチルピロリジン−2−イル]エチル}−1,2,3,4−テトラヒドロイソキノリン−7−スルホンアミド、及びその塩を製造するための工業的に適用可能な方法。 (もっと読む)


本発明は、以下に示される一般式(D)のケトベンゾフラン誘導体およびネニチェスク反応によるキノンイミンとエナミノンとのカップリングを介したその合成方法ならびにその合成中間体に関する。

(もっと読む)


2−(シクロヘキシルメチル)−N−{2−[(2S)−1−メチルピロリジン−2−イル]エチル}−1,2,3,4−テトラヒドロイソキノリン−7−スルホンアミド、及びその塩を製造するための工業的に適用可能な方法。 (もっと読む)


本発明は、式(I)の誘導体、および治療におけるこれらの適用に関する。

(もっと読む)


本発明は、α2β1インテグリンに特異的な抗体及びそれらの使用に関し、ヒト化抗アルファ2(α2)インテグリン抗体及び抗α2インテグリン抗体を用いた処置方法を含む。より具体的には、本発明は、重鎖可変領域、軽鎖可変領域、ヒト軽鎖定常領域及び変異ヒトIgG1重鎖定常領域を含み、変更されたエフェクター機能を示すヒト化抗α2インテグリン抗体に関する。 (もっと読む)


11 - 20 / 433