説明

インヴィスタ テクノロジーズ エスアエルエルにより出願された特許

41 - 50 / 81


水に分散させたポリウレタン粒子を使用して、他の材料で作製された手袋に比べて皮膚に対する化学的および生物学的アレルギー反応の可能性が低減され、耐破壊性および耐引裂性が改善された商品を作製することができる。 (もっと読む)


本発明は、少なくとも1つのそして約5〜約60の英国式綿番手を有する硬質繊維の鞘および複合ポリエステルフィラメントの芯を含むポリエステル複合フィラメント・コアスパン糸を提供する。本発明はさらに、複合ポリエステルフィラメントの目むきが実質的にない布を含む。
(もっと読む)


例えばライクラ(登録商標)のようなエラスタンなど、約2〜約4重量%の伸縮素材入りのナイコ(NYCO)布地を含む伸縮性布地が開示される。本発明の伸縮性布地は、約20〜約50%の布伸長度を示し、動きやすさおよび着心地の良さが望まれる戦闘服での適用に好適である。本伸縮性布地はすべての軍服標準要件を実質的に維持しまたは超え、そしてナイコ布地のそれと類似の破断強度、引裂抵抗、通気性および耐摩耗性のような特性を示す。伸縮性布地の製造、染色および仕上げ方法だけでなく、本伸縮性布地から製造される衣服もまた開示される。 (もっと読む)


接着剤がストレッチ部材を布に折ったへり配置で貼り付けるために使用される、接着剤、ストレッチ部材および基材を含む物品。接着剤は水性ポリウレタン分散液から製造されたテープであることができ、ストレッチ部材はスパンデックス繊維であることができる。
(もっと読む)


連鎖延長剤、硬化剤または架橋剤を加えることを必要としない、安定な水性ポリ(ウレア/ウレタン)ポリマーおよび分散体を製造する。開示されたポリ(ウレア/ウレタン)分散体は、フィルムや手袋のような物品を製造することに使用可能であって、それらの物品は、他の材料から製造した同様の物品に比較して、皮膚に対する化学的、生物学的アレルギー反応の可能性を抑制し、また、改良された破壊抵抗性および引き裂き抵抗性を示す。 (もっと読む)


高速染色性、濃色染色性の開放構造ポリアミド糸を製造する方法であって、高速染色性、濃色染色性の開放構造ポリアミドフィラメントの実質的に全部に対して、水性仕上げ剤を塗布する工程を含む方法と、その糸およびその糸から製造した布。この水性仕上げ剤は、水に溶解させたフルオロ界面活性剤から本質的になり、それを、嵩高加工した連続フィラメント糸に、糸の上でのフッ素が好ましくは150〜600重量ppmの効果的な濃度レベルになるように塗布させる。この水性フルオロ界面活性仕上げ剤は、嵩高加工工程の後で、かつ巻取り工程の前の時点で塗布させる。
(もっと読む)


固相重縮合装置中で合成溶融紡糸ポリアミドフィラメントを製造するための方法が開示される。先行技術の固相重縮合装置と比較して、装置へのパージ(補給)ガスの流量が増加し、装置の全圧は下がる。結果、ポリマーフレークから熱分解による夾雑物を除去することが、ヤーンクオリティの改良と、同時に紡糸口金のふきとり寿命の延長に寄与する。
(もっと読む)


本発明は、裸スパンデックス糸(12)を提供する工程と、硬質糸(14)を提供する工程と、裸スパンデックスを牽伸する工程と、硬質糸および牽伸された裸スパンデックスがあらゆる方向に添え糸編みされた状態で硬質糸および牽伸された裸スパンデックスから布を編む工程と、50%未満の相対湿度を有する空気中で、160℃を超えて幅出機で編布を加熱することなしに裸スパンデックスを硬化させるのに十分な温度および圧力の条件下に十分な期間、編布を連続相水性溶液と接触させる工程とを含む、裸スパンデックスで布(10)を編むための方法を提供する。本発明はさらに、スパンデックスの分子量分析によって示される際の160℃以下の製造プロセス温度にさらされた、そして約14%未満の洗濯収縮を示すあらゆる編み方向にスパンデックスを含有する裸スパンデックス含有編布を提供する。
(もっと読む)


平織、綾織および繻子織構造を含むたて糸伸縮性織布が開示される。布はよこ糸とたて糸とを含む。たて糸の約15重量パーセント〜約55重量パーセントは、約20%〜約80%のヒートセット後の捲縮収縮値を有するポリ(エチレンテレフタレート)とポリ(トリメチレンテレフタレート)とを含むポリエステル複合連続フィラメントである。 (もっと読む)


ジニトリルを、触媒と、第四級水酸化アンモニウム、第四級シアン化アンモニウム、第四級フッ化アンモニウム、および第四級チオシアン化アンモニウム;第四級水酸化ホスホニウム;一酸化炭素;およびシアン化水素からなる群より選択された調節剤との存在下で、水素と接触させ、ジニトリルを接触水素化してアミノカプロニトリルとヘキサメチレンジアミンの両方を製造する方法。 (もっと読む)


41 - 50 / 81