説明

エヌ.ブイ.・ヌートリシアにより出願された特許

31 - 32 / 32


本発明の一側面は、外傷の発生の24時間以内に、(i)可消化水溶性炭水化物と、(ii)肝臓グアノシン−5’−三リン酸(GTP)増加成分及び/又はアンギオテンシン変換酵素(ACE)阻害活性を有するペプチドとを哺乳動物に腸内投与することを含む、外傷を負っている哺乳動物の多臓器機能不全を予防する方法に関する。本発明の別の側面は、−20から200g/Lの溶解された可消化炭水化物と;−1から100g/Lのリボース均等物及び/又は2から2000mg/Lのフラボノイドと組み合わせた、5から5000mg/Lのグアノシン均等物と;又はACE阻害活性を有する0.01から10mMのペプチドと;45から97.95重量%の水とを含有する、水性液体組成物に関する。 (もっと読む)


【課題】慢性創傷の治療方法又は予防方法、並びにそれらに使用するためのグリシン及び/又はロイシンを含む完全栄養組成物
【解決手段】本発明は、慢性創傷の治療及び/又は予防のための方法に関し、該方法は、タンパク質が該組成物の総カロリー含量の10〜40%に相当し;糖が該組成物の総カロリー含量の15〜90%に相当し;タンパク質が1人分当たり0.5〜5グラムのグリシン及び/又は1人分当たり1〜5グラムのロイシンを提供する組成物を、患者に経腸投与することを含む。本発明の他の側面は、慢性創傷の治療又は予防において有利に使用することができる組成物に関する。 (もっと読む)


31 - 32 / 32