説明

エクスアテック、エル.エル.シー.により出願された特許

1 - 10 / 51


【課題】被覆工程中の下地温度の均一性を向上することによって、下地全体にわたるプラズマ被覆性能の改善された一貫性を提供する。
【解決手段】下地がプラズマ・アーク被覆システムを通って進む際に前記下地を加熱するための装置であって、二次元配列された複数の第1の熱源にして、該第1の熱源配列の前で下地に熱を供給する、複数の第1の熱源と、下地のための所定の温度プロファイルに従って前記下地の表面の局部区域を加熱するために、各第1の熱源の動作を制御する制御装置とを含む、加熱装置。 (もっと読む)


装置を通る移動経路に沿って移動する基板(20)をコーティングする装置および方法。プラズマ源(30)はプラズマジェット(32)を放出し、そこにジェットの上流に配置された吐出オリフィス(144,146)から第1の試薬が注入される。第2の試薬は、ジェットの下流に配置された吐出オリフィス(244,246)からジェット内に注入される。制御装置(166)は、第1の組のパラメータに従って第1の試薬の流れを調整し、第2の組のパラメータに従って第2の試薬の流れを調整するように構成される。その結果、第1および第2の試薬が基板に塗布されて、基板上に少なくとも1つのコーティング層を形成する。
(もっと読む)


UV硬化性インクで印刷された、装飾的マーキング及び/又は不透明な縁取りを有するプラスチックグレージングパネルを製造する経済的な方法を提示する。この経済的な方法は、プラスチックパネルを成形するステップ;A面及びB面を有し、B面はプラスチックパネルと接触している不透明なパターンをインクで印刷するステップ;A面及びB面の両方からこのインクに向けられたUV線を用いて、印刷パターンの形状にインクを硬化させるステップ;インクのB面上及びプラスチックパネル上に耐候層を適用するステップ;耐候層を硬化させるステップ;及び、耐候層上に耐磨耗層を堆積させるステップ;を含む。
(もっと読む)


第1面及び第2面を有する透明なプラスチック基板を含むプラスチック・ウィンドウ。この基板の第1面に、基板よりも薄いプラスチック・フィルムが接着される。少なくとも1つの導電コネクタ部を含む導電性グリッドが、基板とフィルムとの間に封入される。基板の中に延在する少なくとも1つの電気コネクタが、導電コネクタ部と電気的に接触する状態に配置され、その結果、電圧源を導電コネクタ部に接続し、電流を導電性グリッド中に流すことができるようになる。
(もっと読む)


透明プラスチックパネル(14)及び導電性グリッド(12)を含むプラスチックパネルシステム。パネルは基質(24)を含み、基質に重なるようにグリッドがパネル上に設けられる。グリッドには少なくとも1つの導電性装着位置30が付属している。プラスチック部分(34)及び導電性部分(36)を含む電気コネクタ(32)が、プラスチック部分をパネルに超音波溶接することによってパネルに固定される。コネクタをパネルで保持する結果、パネルの導電性部分が導電性グリッドの装着位置と電気的に接触している。自動車の電気系統をパネルシステムのコネクタに取り付けることができる。
(もっと読む)


プラスチックガラスを修復する方法並びにプラスチックから過剰の又は不要のプラスチックを取り除いたことによって生じたエッジにプラズマ付着装置を用いてプラズマコーティングを局所的に適用するための方法が記載されている。
(もっと読む)


比較的均一な厚みを有する耐候性コーティングシステムをプラスティックパネルにフローコーティング、ディップコーティングまたはカーテンコーティングする方法が提供される。さらに詳細には、この方法はコーティングされた部品の頂上部近くで測定された厚みと底部近くで測定された厚みとの差異を最低にするために、後続のコーティング層の適用間において、プラスティックパネルを回転させる工程を包含する。コーティングは予め定められたコーティング角度(ψ)でプラスティックパネルに適用する。
(もっと読む)


本発明は、自動車の屋根、窓、ヘッドランプおよび尾灯用のプラスチック艶出し組合せ材、さらには、住宅および商用の艶出し、航空機の艶出し、およびサングラス用のプラスチック艶出し組合せ材に関するものである。具体的には、高水準の耐候性および耐摩耗性を示すプラスチック艶出し組合せ材を製造する方法を開示する。その方法は、被覆材のモールド内付与と、その後の、モールド成形されたプラスチック部品に耐摩耗層を被着することとの組み合わせである。
(もっと読む)


審美的目的のため及び車両にグレージングパネルを密封するのを向上させるためのカプセルを含むプラスチックグレージングパネルを製造する経済的な方法を提示する。この経済的な方法は、A面及びB面を有するプラスチックパネルを成形するステップ;パネルのB面と接触しており、パネルの周囲を実質的に取り囲んでいる不透明な縁取りをインクで印刷するステップ;不透明な縁取りのインクを硬化させるステップ;印刷した縁取り及びプラスチックパネル上に耐候層を適用するステップ;耐候層を硬化させるステップ;耐候層上に耐磨耗層を堆積させるステップ;軟質ガスケットを備える金型中にプラスチックパネルを配置するステップ;プラスチックパネルの周辺を実質的に取り囲み、プラスチックパネルのA面、B面、及び側面を包み込むカプセルを形成するためにエラストマー性材料を射出するステップ;及び、プラスチックパネルを金型から取り出すステップ;を含む。
(もっと読む)


プラスチック製窓システム10が、透明のプラスチック・パネル14と、該プラスチック・パネル14に設けられた導電性グリッド12とを含んでいる。該導電性グリッド12は少なくとも1バスバー18,19を含んでいる。バスバー18,19には電気端子30が電気接続され、コネクタ50が端子30をバスバー18,19に固定している。コネクタ50は、パネル14から、パネル14に対しバスバー18,19の外側位置に延びる部分を含んでいる。
(もっと読む)


1 - 10 / 51