説明

ウンジンコーウエイ カンパニイ リミテッドにより出願された特許

1 - 10 / 18


【課題】ビデまたは製品使用のための接触を感知してビデまたは家電製品の電気システムを活性化させ、ビデ使用の中断を感知してビデまたは電子製品の電気システムを非活性化させる。
【解決手段】本発明の節電制御装置及びシステムは、電源を供給するためのバッテリー300と、接触有無を感知し、接触が確認されると活性信号を生成するセンシング部110、センシング部110から受信した活性信号を維持するラッチ部120及び電源を伝達する電流経路上に配置されてラッチ部120から受信した活性信号を利用して電流経路を導通させるスイッチ部140を含む節電制御装置100と、節電制御装置100から電源の伝達を受けて、ビデの動作を制御するマイコン200と、を含む。 (もっと読む)


【課題】ビデ又は貯水タンクに供給される水を用いて発電を行う。
【解決手段】自家発電ビデ100は、流入された原水をノズル部150を通じて噴射するビデにおいて、原水が流入される原水流入部110と、原水流入部110に流入された原水により発電を行う発電機120と、発電機120で発生された電気を貯蔵する充電部130と、発電機120を通過した原水をノズル部150に供給するように発電機120とノズル部150の間に備えられるノズル流路部140とを含み、充電部130の電圧が予め設定された充電必要電圧より低いと、ノズル部150を通じて原水が排出されるようにノズル流路部140の流路を開放して発電機120を駆動させる制御部Cをさらに含む。ノズル部150を通じて十分な量の原水を排出して発電を行うことで、充電部130に充電された電圧が十分でないときでも安定的にビデを使用することができる。 (もっと読む)


【課題】流入された原水によって発電及び充電がなされ、安定的な使用が可能である自家発電ビデの制御方法を提供する。
【解決手段】流入された原水によって発電を行う発電機と、上記発電機で発生された電気を貯蔵する充電部と、上記発電機を通過した原水を噴射するノズル部と、上記発電機と上記ノズル部の間に備えられるノズル流路部とを含み、 上記ノズル流路部を流動する原水を通じて発電を行う自家発電ビデの制御方法であって、使用者がビデを使用しようとすることを感知する使用感知段階;及び使用者がビデを使用しようとすることが感知されると、上記充電部に充電された充電部の電圧が予め設定された充電必要電圧より低いか否かを判断し、上記充電部の電圧が上記充電必要電圧より低い場合には上記発電機を通じて発電を行い、上記充電部を充電する電圧チェック段階;を含む自家発電ビデの制御方法。 (もっと読む)



Notice: Undefined index: from_cache in /mnt/www/gzt_applicant_list.php on line 189

【課題】頻繁なノイズの発生を減らして焼損や過熱を防止し、特に高調波の成分及びフリッカーを減少させることができる温水供給装置及び温水供給方法を提供する。
【解決手段】本発明は温水供給装置及び温水供給方法に関するものであって、具体的には本発明の温水供給装置は、第1設定容量を有するように構成されて流入された水をヒーティングする第1ヒーター;前記第1設定容量より大きい第2設定容量を有するように構成されて流入された水をヒーティングする第2ヒーター;及び水のヒーティング設定温度による前記第1ヒーター及び第2ヒーターのヒーター駆動周期を計算して、前記ヒーター駆動周期によって前記第1ヒーター及び第2ヒーターを駆動させる制御部;を含み、前記制御部は位相制御方式を用いて前記第1ヒーターのヒーター駆動周期を計算し、ゼロクロス制御方式を用いて前記第2ヒーターのヒーター駆動周期を計算することを特徴とする。 (もっと読む)


【課題】本発明は、水処理機器の内部の手の届き難い部分まで洗浄することができる水処理機器用洗浄装置及びその洗浄方法に関する。
【解決手段】本発明による水処理機器用洗浄装置は、水処理機器の流路に洗浄水を循環させるために水処理機器の流路に連結される循環部材と、上記循環部材に連結されて上記水処理機器の流路と循環部材に洗浄水を循環させて上記水処理機器の流路を洗浄する循環モジュールとを含むことができる。本発明による水処理機器の洗浄方法は、循環部材に洗浄水を流入させる洗浄水流入操作と、循環モジュールを稼働して水処理機器の流路に洗浄水を循環させて上記水処理機器の流路を洗浄する循環洗浄操作とを含むことができる。 (もっと読む)


【課題】少量の殺菌水により便器の内壁全体を殺菌することができる殺菌水噴射装置、及び殺菌水噴射装置が装着されたビデと便座を提供する。
【解決手段】殺菌噴射装置100は、殺菌水が流入する流入口122と、流入口122を通じて流入する殺菌水に渦流を発生させる円筒状の渦流発生室130と、渦流発生室130の底面の中心に配置され、渦流発生室130で渦流が発生した殺菌水を便器10の内壁に噴射する噴射ホール141とを含む。本発明によると、微細粒子の形態で殺菌水を噴霧するため、少量でも殺菌効果を高めることができ、また、殺菌水の噴射角と噴射速度が大きい1つの噴射装置を用いることによって、構成が簡単で費用の節減になる。 (もっと読む)


【課題】チューブの連結構造が簡単でチューブの連結部が少ない改良された便器用ビデの流路制御装置と流路制御装置を含む便器用ビデを提供する。
【解決手段】便器用ビデの流路制御装置は、二つ以上のチャンバーが区画形成された第1のハウジングと、第1のハウジング内に配置され二つ以上のチャンバーの一つを開放してそのチャンバーに水が流入されるようにする第1の流路調節ユニットと、第1のハウジングの一つのチャンバーに連結され空気圧によって開放されたチャンバーに流入される水に空気を混合させる空気混合部と、空気混合部が連結されたチャンバーと連結された三つ以上の区切られた区画室を含み空気を混合した水が流入されビデノズルと洗浄ノズルに連結される第2のハウジングと、第2のハウジング内に配置され三つ以上の区画室の一部を開放して水が流入されるようにする第2の流路調節ユニットとを含む。
(もっと読む)


【解決手段】水位検知装置は、流体タンクの内部に露出するように配置され、内部に収容空間が形成されたボディーと、上記ボディーの収容空間に収容される静電容量検知部とを含み、上記静電容量検知部は、上側の静電容量値と下側の静電容量値を比較して、出力信号をONまたはOFFする。ボディーの基準面と検知面の静電容量値が同時に変化する変動レファレンスを使用することにより、ボディーに湿気や異物が接触した場合であっても、基準面と検知面が同様に湿気や異物による影響を受け、誤作動の発生が減少する。
(もっと読む)


【解決手段】除湿機能を有する空気清浄機は、内部空間を備える本体ケースと、当該本体ケースの内部に設けられ単一の送風ファンを介して当該本体ケースの両側から外気を流入させる送風部と、当該本体ケースの一側から流入される空気を浄化する空気清浄部と、除湿ローターによって当該本体ケースの他側から流入される空気から水分を除去する除湿部とを含む。前記送風部により前記本体ケースの両側から空気が流入すると、空気清浄機は、前記本体ケースの一側から流入した空気を浄化するとともに、前記本体ケースの他側から流入した空気を除湿する。したがって、除湿と空気清浄とを同時に行うことで発生する風量低下を減少させることができるため、除湿と空気清浄性能が向上する。
(もっと読む)


1 - 10 / 18