ユニバーシティー オブ アラバマ リサーチ ファウンデーションにより出願された特許

1 - 2 / 2


【課題】亜硝酸塩の投与による、対象の血圧および血流を調整するのに有用な処置の提供。
【解決手段】対象への亜硝酸イオンの投与が血圧の低下および組織への血流の増大を生じることが見出された。この効果は、たとえば低酸素圧領域の組織にとって特に有益である。たとえば亜硝酸塩の投与によって、対象の血圧および血流を調整するのに有用な処置であり、以下のものから選択される状態を処置、予防、または改善するための、薬学的に許容される亜硝酸塩を対象に投与する方法である:(a)虚血-再かん流傷害(たとえば肝臓または心臓または脳の虚血-再かん流傷害)、(b)肺高血圧症(たとえば新生児肺高血圧症)、または(c)脳動脈痙攣。 (もっと読む)


驚くべきことに、対象への亜硝酸イオンの投与が血圧の低下および組織への血流の増大を生じることが見出された。この効果は、たとえば低酸素圧領域の組織にとって特に有益である。この発見により、たとえば亜硝酸塩の投与によって、対象の血圧および血流を調整するのに有用な処置が提供される。本明細書で提供するものは、以下のものから選択される状態を処置、予防、または改善するための、薬学的に許容される亜硝酸塩を対象に投与する方法である:(a) 虚血-再かん流傷害(たとえば肝臓または心臓または脳の虚血-再かん流傷害)、(b) 肺高血圧症(たとえば新生児肺高血圧症)、または (c) 脳動脈痙攣。 (もっと読む)


1 - 2 / 2