説明

サメイション株式会社により出願された特許

1 - 10 / 51


【課題】溶液プロセスに適した金属錯体を含有する発光層を有する発光装置を提供する。
【解決手段】アノード2、カソード5、アノード及びカソードの間に配置される発光層4を含む発光装置であって、発光層は発光化合物を含み、発光化合物は金属錯体及びXを含み、金属錯体は金属(M)及びMに直接配位されるリン原子、並びにリン原子に直接結合されるアリール又はヘテロアリール基Arsを含み、ArsはXで置換されており、Xはアリール又はヘテロアリール基を含むことを特徴とする発光装置。 (もっと読む)


【課題】有機エレクトロルミネッセンス素子の製造に用いたときに、優れた素子特性を示す有機エレクトロルミネッセンス素子を与えることができる高分子化合物を提供する。
【解決手段】下記式(1):


(式中、Arは、アリール基又は1価の複素環基を表す。)
で表される化合物の残基、及び下記式(2):


(式中、Z1〜Z3は、1個が−N=を表し、2個が−C(R’)=を表す。Z4及びZ5は、−C(R’)=を表す。Z6〜Z8は、1個が−N=を表し、2個が−C(R’)=を表す。Z9及びZ10は、−C(R’)=を表す。R’は、水素原子、アルキル基等を表す。)
で表される化合物の残基を有する高分子化合物。 (もっと読む)


【課題】最大発光効率が優れた発光素子の作製に有用な高分子化合物を提供する。
【解決手段】下記式で表される構成単位と、


アリーレン基、2価の芳香族複素環、もしくは下記式の構成単位を含む高分子化合物。
(もっと読む)


【課題】1000cd/m2の輝度における外部量子収率が優れた発光素子の作製に有用な高分子化合物の提供。
【解決手段】下記式(1a)で表される構成単位を含む高分子化合物。


〔式中、A環及びB環は、芳香族炭化水素環を表す。R1は下記式(2)で表される基である。R2はアリール基又は1価の芳香族複素環基を表す。〕
(もっと読む)


【課題】有機エレクトロルミネッセンス素子を与えることができる有機材料を提供する。
【解決手段】下記式(1):


(式中、Arは、アリール基、又は1価の複素環基を表す。)で表される化合物、又は前記化合物の残基を有する化合物と、下記式(2):


(式中、Z1〜Z3は、1個が−N=を表し、2個が−C(R’)=を表す。Z4及びZ5は、−C(R’)=を表す。Z6〜Z8は、1個が−N=を表し、2個が−C(R’)=を表す。Z9及びZ10は、−C(R’)=を表す。R’は、水素原子、アルキル基、アルコキシ基、アリール基、アリールオキシ基等の置換基を表す。)で表される化合物、又は前記化合物の残基を有する化合物とを含有する組成物。 (もっと読む)


【課題】有機エレクトロルミネッセンス素子に用いた場合に、発光開始電圧が低い高分子化合物を提供する。
【解決手段】式(1−0)で表される繰り返し単位を有する高分子化合物。


(1−0)〔式(1−0)中、環A01及び環A02は、同一又は相異なり、置換基を有していてもよい芳香族炭化水素環を表す。X10及びX20は、同一又は相異なり、水素原子又は置換基を表す。ただし、X10及びX20の少なくとも一方は、アリール基で連結されたトリアジン環構造を有する。〕 (もっと読む)


【課題】輝度10%減寿命が長い高分子化合物を提供する。
【解決手段】式(I)で示される繰り返し単位を含む高分子化合物。


〔式中、X1及びX2は、酸素原子、硫黄原子、−N(RN)−又は−C(Rc1)=C(Rc2)−を表し、R1、R2、R3、R4、RN、Rc1及びRc2は、水素原子、ハロゲン原子、アルキル基、アルコキシ基、アルキルチオ基、アリール基、アリールオキシ基、アリールチオ基、アリールアルキル基、アリールアルコキシ基、アリールアルキルチオ基、アリールアルケニル基、アリールアルキニル基、1価の複素環基、複素環チオ基、アミノ基、置換アミノ基、シリル基、置換シリル基、アシル基、アシルオキシ基、イミン残基、アミド基、酸イミド基、カルボキシル基、置換カルボキシル基、シアノ基又はニトロ基を表し、Ar1は2価の複素環基を表す。〕 (もっと読む)


【課題】得られる発光素子の発光効率が優れた発光材料を提供する。
【解決手段】燐光発光性化合物と、双極子モーメントの大きさが1.0Debye以上である繰り返し単位が3個以上連続して結合した構造を有する化合物とを含む組成物であって、該構造に含まれる任意の連続して結合した2個の繰り返し単位からなる2量体構造の合計個数に対して、該2量体構造の双極子モーメントの大きさD2と、該2量体構造を構成する第一の繰り返し単位の双極子モーメントの大きさD1a及び第二の繰り返し単位の双極子モーメントの大きさD1bとが、下記式(A):
1a<D2 かつ D1b<D2 (A)
で表される関係を満たす2量体構造の個数の割合が50%以上である組成物。 (もっと読む)


【課題】エレクトロルミネッセンス素子等の製造に用いた場合、発光効率が優れた素子が得られる高分子化合物等を提供する。
【解決手段】下式で表される金属錯体の残基と、特定の2価の基とを含む高分子化合物。
(もっと読む)


【課題】発光素子等に用いた場合に発光効率が優れた発光材料を提供する。
【解決手段】下記式(1−1)〜(1−4):


[式中、Rは水素原子又は置換基を表す。複数存在するRは、同一であっても異なっていてもよい。]
で表される含窒素化合物からなる群から選ばれる少なくとも2種の含窒素化合物の残基を有する化合物と、燐光発光性化合物とを含む組成物、並びに前記式(1−1)〜(1−4)で表される含窒素化合物からなる群から選ばれる少なくとも2種の含窒素化合物の残基と、燐光発光性化合物の残基とを含む高分子化合物。 (もっと読む)


1 - 10 / 51