説明

日本トーカンパッケージ株式会社により出願された特許

31 - 40 / 41


【課題】単一の段ボール原紙を筒形に折曲げて組立てられるラップアラウンドケース型の包装箱において、とくに耐圧強度を損なうことなく、しかも梱包される個装ケース60等の内容物を確実に保護し、また開封時には個装ケース60等の内容物を取出し易くする。
【解決手段】段ボール原紙30によって組立てられる包装箱であって、蓋板34の前端側に接合片36を、破断線37を介して連設するとともに、この接合片36と接合される前面側の側板31の上縁側において、横方向に延びる破断線52を形成し、この横方向の破断線52の開封開始位置の縦方向の切込み53を、前面側の側板31と補助フラップ46とのコーナの部分に形成し、コーナの部分の弾発力によって縦方向の切込み53の部分が外側へ飛出すようにし、しかも上記接合片36の下縁が前面側側板31の破断線52よりも下側に位置するようにし、これによって耐圧強度の劣化を防止する。 (もっと読む)


【課題】本発明は、ブランクシートを打ち抜き機で打ち抜く際の材料ロスを低減し、コスト削減に寄与する製箱用シートの製造方法を提供する。
【解決手段】本発明は、段ボール原反を切断して得られたブランクシートを打ち抜き機で打ち抜くことにより、それぞれ短辺側にフラップを備えた天面部、第1の側面部、底面部及び第2の側面部と、糊代部とが折り曲げ可能に一連に連接されてなる製箱用シートの製造方法であって、段ボール原反を切断してブランクシートとする工程と、製箱用シートの打ち抜かれる部分を、天面部の開放される辺、フラップの開放される一方の辺、フラップの開放される他方の辺及び糊代部の開放される辺のうち少なくとも1辺をブランクシートの1辺と共有するように配し、ブランクシートに印刷により形成する工程と、製箱用シートの打ち抜かれる部分の周縁の余白を銜え代として銜えて打ち抜き機に搬送し、当該部分を打ち抜く工程と、を含む。 (もっと読む)


【課題】構造が簡単で耐久性と信頼性に優れ、直径の異なる複数種の容器に対応することができる容器送出し装置を提供する。
【解決手段】容器Vが搬送される搬送路2Aに対して、第1のモータ15によって進退変位するピンホイールベース12上に、第2のモータ43により回転駆動されるピンホイール5が設けられている。前記ピンホイール5は、第3のモータ38によって径方向に伸縮駆動される複数の伸縮ピン4を放射状に有しており、搬送路2A上を搬送される容器Vの直径に応じて、伸縮ピンを伸縮させるとともに、ピンホイールベース12を進退させることにより、伸縮ピン4を搬送路2A上の容器Vに適正位置で係合させる。 (もっと読む)


【課題】本発明は、ブランクシートを打ち抜き機で打ち抜く際の材料ロスを低減するとともに、作業性も良好な製箱用シートの製造方法を提供する。
【解決手段】本発明では、段ボール原反の長さ方向に延びる両脇の不要部分を切断し、段ボール原反の長さ方向に延びる任意の境界で2枚に分断し、かつ、段ボール原反の幅方向に切断して得られたブランクシートを打ち抜き機で打ち抜き、ブランクシート1枚あたり1枚若しくは2枚以上の製箱用シートを製造する。ここで、段ボール原反に、2枚の製箱用シートのそれぞれの天面部が突き合うとともに、2枚の製箱用シートの糊代部が段ボール原反の側辺側を向くように、任意の境界に対して線対称となる位置に2枚の製箱用シートを配置し、かつ、天面部の側辺及び/又は糊代部の側辺が、任意の境界での分断及び/又は不要部分の切断によって形成されるように製箱用シートの打ち抜かれる部分を形成する。板紙原反も同様である。 (もっと読む)


【課題】輸送時におけるイチゴ等の内容物の損傷を防止する。
【解決手段】箱状の容器本体1と、容器本体1内に装填され、且つ、イチゴ5,5…等の内容物を載置収納するための収納凹部4が複数形成されたトレー2と、容器本体1に開閉可能に設けられた箱状の透明カバー6とから成る包装容器8であって、該透明カバー6の下面開口部に伸縮性フィルムシート7が内容物に弾性的に接触するように張設され、伸縮性フィルムシート7による弾性的な接触圧(弾接力)により、イチゴ5,5…等の内容物の動きを抑止できるように構成した。又、透明パック1の底面には、トレー2の位置ずれを規制すべく突起部3,3を設け、イチゴ5,5…等の内容物の動きを拘束する。 (もっと読む)


【課題】パレット上に打抜かれた段ボールを積重ねてその切断端面を掃除機のアタッチメントによって吸引して紙粉を除去する従来の工程を省略することが可能であって、新たな紙粉の除去工程を設けることなくしかも打抜かれた段ボールから紙粉を除去する。
【解決手段】打抜かれた段ボールの抜きズレの検査のための検査台10のケース22の内部を空洞にし、吸引用ブロア30によって吸引除去して内部を負圧にしておき、上面板15の小孔16、17によって段ボール11に付着している紙粉を吸引除去し、フィルタ33によって捕捉して空気から分離する。そのときに上方に配置された除電機37および送風機42によって上方からイオン化された空気を吹きかけ、段ボール11の静電気を中和する。 (もっと読む)


【課題】機能性食品等の液状物質を充填したバッグ状のパウチを包装箱内に効率よく、しかも破袋事故が発生しないように梱包する包装形態を提供する。
【解決手段】パウチ43を横方向に並べて配するようにし、しかもパウチ43の一側端が隣接する他のパウチ43の他側端の上に載るように斜めに配列する。そして最下段のパウチ43上には、4辺にそれぞれ支持板34、36を有する仕切り板32を配し、中段のパウチ43と上段のパウチ43の列の間には、平板状をなす仕切り板40を配する。 (もっと読む)


【課題】被せ箱式構造を廃止し、高さの高い被梱包物であっても容易に梱包することができ、危険を伴う封緘作業を安全なものとし、さらには開梱後の梱包材を嵩張らずに運搬し、保管し、また廃棄することができるようにした梱包装置を提供する。
【解決手段】底トレー1の四方側部に形成された縁枠3の前後の内側に沿って一対の前枠4と後枠5とを立設し、これらの前枠4と後枠5とを外箱6で被うことによって被梱包物を梱包する梱包装置において、前枠4と後枠5との各上辺には敷蓋片7、7が折曲げ自在に形成され、外箱6は前枠4と後枠5との左右両側面を分離した状態で囲う一対の分割外枠8a、8bからなり、各分割外枠は底トレー1の縁枠3の内側に沿って立設される枠面9と各枠面の上辺に折曲げ自在に形成された上蓋片10a、10bとを有してなる。 (もっと読む)


【課題】栓口側にネック部を備えた、例えば、ペットボトル・ガラス瓶等の各種ボトル体の当該ネック部に係合させてボトル体の栓口を覆うように被せられ、内部にコップ等の容器を収納可能とした、ボトル体への容器取付用個装箱を提供する。
【解決手段】本発明に係るボトル体への容器取付用個装箱は、コップ等の容器の飲み口側を底部側に向けて収納可能とし、上側の蓋部を開放して容器を取り出し可能とした箱体であり、該箱体の底部側には、互いに内向傾斜状に折り込まれて箱体内の容器の飲み口側に各先端部が挿入して互いに係合固定され、且つボトル体の栓口側を挿入して当該栓口のネック部分を係止可能とした略台形フラップ状の複数の底部パネルを備えている。 (もっと読む)


【課題】保護性、緩衝性、利便性及び集約性に配慮した薄型テレビディスプレイ枠の集合包装箱であり、包装箱内に収納したディスプレイ枠に損傷や擦り傷が発生せず、ディスプレイ枠の梱包作業を簡単にし、集合包装箱の再利用の可能な通い箱化を図ることができ、さらには樹脂製若しくは発泡製袋の廃棄を削減し、再資源化が図れるようにしたディスプレイ枠の集合包装箱を提供する。
【解決手段】上面が開口した箱形状を成す内枠2の対向せる夫々の上辺に所定間隔をあけて複数の凹溝3a、3b…が形成され、これらの対向せる凹溝ごとに長尺の支持板4の両端近傍に形成された凹部5a、5bを嵌合することにより複数の支持板4、4…を内枠2内の上部に並設するものとし、夫々の支持板4に収納シート6が内枠2の底部から離間した宙吊りの状態で固定され、収納シート6の波形状の各谷間7を収納スペースとして製品12を収納する。 (もっと読む)


31 - 40 / 41