説明

エーザイ・アール・アンド・ディー・マネジメント株式会社により出願された特許

11 - 20 / 215


【課題】 本発明は、優れたAMPA受容体阻害作用および/またはカイニン酸受容体阻害作用を示す新規化合物を提供する。
【解決手段】 下記式で表わされる化合物もしくはその塩またはそれらの水和物である。
【化1】


〔式中、QはOを示し;X1、X2およびX3は単結合を示し;A1、A2およびA3は同一または相異なってそれぞれ置換基を有していてもよいC3-8シクロアルキル基、C3-8シクロアルケニル基、5乃至14員非芳香族複素環式基、C6-14芳香族炭化水素環式基または5乃至14員芳香族複素環式基を示し;R17およびR18は同一または相異なって水素原子、ハロゲン原子またはC1-6アルキル基を示す。〕 (もっと読む)


【課題】F152の新規アナログを開発する。
【解決手段】本発明は、以下の式(I):


を有する化合物を提供し、そして、それらの合成のための方法および種々の障害(炎症性障害および自己免疫性障害ならびに悪性腫瘍および脈間形成の増大に関する障害に関与する障害を含む)の治療におけるそれらの使用のための方法をさらに提供し、ここで、R〜R11、X、Y、Zであり、そして、nは、本明細書に定義されるものであり、本発明の化合物はまた、外傷(例えば、血管形成術およびステント設置)に供された血管の再狭窄の予防において用途を見出す。 (もっと読む)


【課題】優れた抗真菌作用を有し、物性、特に、水への溶解性および水溶液中での安全性、ならびに体内動態および安全性の面でも優れた抗真菌剤の提供。
【解決手段】下式(I)で表される化合物またはその塩を使用する。


(式中、Rが、水素原子、ハロゲン原子、アミノ基、C1−6アルキル基などを意味し;Rが、水素原子、C1-6アルキル基、アミノ基、またはジC1-6アルキルアミノ基を意味し;Rが、水素原子、ハロゲン原子、またはC1−6アルキル基を意味し;Rが、水素原子、ハロゲン原子、またはC1−6アルキル基を意味する。) (もっと読む)


【課題】アルツハイマー病、ダウン症などの神経変性疾患の治療に有用な化合物の製造のために有用な中間体、およびその工業的に有利な製造法の提供。
【解決手段】下記化学式(I−b)で表される中間体。


下記一般式(II)で表される化合物と下記一般式(III)で表される化合物とをカップリング反応させて、化学式(I−b)をカバーする下記一般式(I)で表される化合物の製造方法。


[式中、Rはフッ素原子またはメトキシ基を示す] (もっと読む)


【課題】ADAM11遺伝子が破壊された非ヒト遺伝子破壊動物の提供。
【解決手段】本発明によれば、ADAM11遺伝子の対立遺伝子の一方または双方が破壊されてなる、非ヒト遺伝子破壊動物が提供される。 (もっと読む)


【課題】免疫アジュバントTLR-4レセプターアゴニストE6020の合成法の提供。
【解決手段】アミノ基を保護したリン酸ウレイド中間体を経由して、下記式のTLR-4レセプターアゴニストE6020を合成することが出来る。該化合物は、細菌性およびウイルス性疾患に対する抗原、例えばワクチンと共投与されたとき、免疫アジュバントとして有用である。
(もっと読む)


【課題】抗痴呆薬を含有した医薬組成物において、徐放性を有し、かつ保存安定性に優れた医薬組成物およびその製造方法、ならびに該医薬組成物における抗痴呆薬の安定化方法を提供すること。
【解決手段】抗痴呆薬および高分子量塩基性物質を含む医薬組成物に、高分子量酸性物質を添加する工程を含む、抗痴呆薬の安定化方法。 (もっと読む)


【課題】スルホンアミド化合物に対する腫瘍組織の感受性を検査する方法の提供。
【解決手段】スルホンアミド化合物またはその類縁体を被検者に投与する前および投与した後の被検者の腫瘍組織におけるKtrans値を測定し、当該投与前後のKtrans値の分布を解析する工程を含む、スルホンアミド化合物に対する前記腫瘍組織の感受性を検査する方法。 (もっと読む)


【課題】長期間にわたって服薬状況を管理することができるカード型包装体及びカレンダー型包装体を提供する。
【解決手段】表面に月毎の日付21が七曜表形式で印字されるとともに日付21の近傍に貫通孔22が形成された第一のシート20と、第一のシート20の貫通孔22が形成された領域に重ねられる領域に貫通孔32が形成された第二のシート30と、第一のシート20に重ねられた第二のシート30を第一のシート20に係止させる係止手段と、を備えるカード型包装体10である。PTPシート100を第一のシート20と第二のシート30の間に挟み込み、第一のシート20の貫通孔22からPTPシート100のポケット110を表面に露出させて日付21とポケット110とを一対一に対応させた状態で、係止手段によって第一のシート20に第二のシート30を係止させてPTPシート100を保持する。 (もっと読む)


【課題】 本発明は、医薬品や食品のような経口投与用組成物等の品質を損なわずに優れた識別性を有する経口投与用組成物を得ることができ、かつ、生産性にも優れたマーキング方法の提供する。
【解決手段】 本発明に係るマーキング方法は、経口投与用組成物へのマーキング方法であって、変色誘起酸化物を経口投与用組成物に分散させる工程と、前記変色誘起酸化物の粒子を凝集させて変色させるように、波長が200nm〜1100nmであり、平均出力が0.1W〜50Wであるレーザー光を、前記経口投与用組成物の表面に走査させる工程とを含む。本発明で用いる変色誘起酸化物は、酸化チタン、黄色三二酸化鉄及び三二酸化鉄からなる群から選択される少なくとも1種である。 (もっと読む)


11 - 20 / 215